勝地(かつち)ブログ

ご意見は下記に
✉ tsunehisa605@gmail.com
📞 090 - 8532 - 3755

vol.789 思ったこと

2018年11月10日 21時57分46秒 | Weblog
今日も「勝地ブログ」にアクセスいただき、ありがとうございます。


今日二人の人との立ち話から思ったこと。

首長であろうが議員であろうが、政治家として考えの主張の後ろ盾となっている本質は、大衆迎合がほとんどだろう。
個人で考え抜かれたすえの熟度の高い自由な意見がほとんど見受けられないということは、そういうことだろう。

大衆迎合が悪いという決めつけでは無い。それがマシな意見なのか、そうで無い意見なのか、という点。拝聴してて、溜飲を下げるとよくいわれるがそうでも無い意見が多過ぎる。

それは、議会の一般質問によく現れるのでは。

本当に心底から質問議員が発している言葉か、このまちを心底これからどうしていきたいのか、自分のこととして町のこととして考えて心の底から出てくる意見か、提案か。伺うほどに、日々、成長が感じられるか。

少なくとも、声を発する機会も無く静かに耳そばだてるしかない我々は、我々よりは少し賢い指導者の舵取りの元で暮らしたいと誰もが願っていると思う。表現はキツイかもしれないが、そうあって欲しい。


*文章瑕疵後刻修正
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« vol.788 任期に制限 | トップ | vol.790 感動市 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事