勝地(かつち)ブログ

ご意見は下記に
✉ tsunehisa605@gmail.com
📞 090 - 8532 - 3755

vol.804 師走

2018年12月01日 19時06分17秒 | Weblog
今日も「勝地ブログ」にアクセスいただき、ありがとうございます。


朝イチに、昨日から連絡もらってた、くくり罠に掛かっているイノシシ🐗の狩猟に。
遠くから見た姿形は小さくても、実際はそれよりも大きいというのが経験です。止め刺しを銃でやりました、暴れてワイヤーが切れるリスクを予想してのことです。

それから自治協に帰り、英語で遊ぼう講座の受け入れ準備。今日は、7名の子たちが来てくれました。にぎやかで、良い。

事務室で、「自治協だより」と「ふるさとの詩」の編集作業。土曜なので誰も来ず、お陰で目処がついてヤレヤレです。

明日は、檀那寺の境内大掃除。年末かー、早いなー。

新年を迎える準備がこれからです。
今朝も6時には、大百度(おおひゃくど)といって、地元神社に氏子家庭それぞれが餅を持ち寄り、互いに渡しあったり、氏子総代が餅まきをして祝います。
その由来は確かではないのですが、百という数えから逆算するとお盆の15日、先を見ると3月の彼岸という目どころが浮かび上がります。
新嘗祭という性格もあるのでしょう、五穀豊穣に感謝するという食の部分です。
富めるものも、餓えるものも、この厳しい冬に向かって生き延びる食糧となる保存食の餅を、富め飢えの差無く、対等に手にすることが出来る行事であり、飢餓が多かった時の経験からの村人の助けあう仕草、だと。神社行事に組み込めば、遠慮は要らないですね。春を迎える彼岸までの百日間元気に暮らそうという、そう解釈する人がおられ、同感です。
そんな百姓の智慧を、繋いでいくのが、我らの役目です。

よくよくじっと見つめると、奥が深い。

師走です。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« vol.803 洗濯物 | トップ | vol.805 柚子 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事