katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuくんの日記

みどりにかるびとリピーターさん親子教室

2018-12-17 00:26:58 | モザイク教室
今日はみどりにかるびの親子にリピーターさん親子のダブル親子の相席教室。そんなリピーターさん親子は目地をして完成の最終日なのね。って事で、まずは2人で目地をして貰ったのね・・・これが今日張り終わりだったら難しいけれど、先日終わっているから乱暴にしても剥がれないのね。

何しろ目地って言うのは、ただ塗れば良いってもんじゃないのね。塗るって言うより押し込むって感じに入れるもので、しかもぺきぺきってタイルは通称半磁器って言うような素材で水分の吸収率が高いから、切り口の側面から水分が奪われるのね。だからすぐに目地がガビガビになるのね。

それでは下地に到着せずに上っ面で目地が止まってしまうから、一見入っているようでも、塗れたスポンジで拭いていると、ポッコリ穴が開いてしまうのね。だから、そのガビガビになる前に手際良く押し込まないとならず、モタモタしていると乾くし、乱暴には出来ないし・・・。

こんな理由から体験の人には目地がさせられないのね。張ったばかりでは、無理すれば剥がれてしまうから・・・しかも剥がれたタイルは、水を吸収してしまうと、今度は乾かなくなってしまい、今度は固まらなくなってしまうから、いつまでもグズグス動いてしまって仕上がらなくなるのね。

そんな中、2人はせっせと目地入れをするも、まるで運動でもしているように息切れしちゃうほど忙しく・・・・はい、ここ。はいここ・・・ってもはや特訓のように・・・・はい、さっさと・・・撫でても入らないぃぃ・・・・押し込む、押し込むぅぅ。ってな感じ。

そんなやり取りをしつつ、スポンジで荒拭きをして、仕上げ拭きをして、更に乾いてすすけた所を乾いたウエスでもうひと拭きして完成ぃぃぃ。まぁとても素晴らしい仕上がりになって・・・そんな中、ポツンとお母さんが、何か終わっちゃった・・・・って。これなのね。この一言が素晴らしい。

作品を見なくても、仕上げた作品を簡単に出来た嬉しいぃぃって表現では無く、何か終わっちゃった・・・って表現は、名残惜しいとか、手放すのかぁ・・・とか、情緒がそこにある。そんな気持ちの作品をプレゼントする訳で・・・1作目の大作でしかも親子で作り、しかもこの原画を描いた子へ

プレゼント・・・そんな情緒のある作品に関われた事、教えられた事、それが賃金だけでは無い気持ちになり、良いモノが結果として出来た事に繋がった・・・と思うし、こちらも目的は達成させられた事と引き換えにこれでお別れなのね・・・って気持ちは一緒なのね。

ただ、今日はここまでで1時間・・・・実は小物を作って帰るって事になっているんで、流れ作業なのね・・・さっ次々。って事で、こうなったのね


お母さんは絵馬、娘さんはトナカイに雪だるま・・・お母さんは今まで見て来たから、今までの人のサンプルを見せると、お花を入れたい・・・って言ってたから、こうなる事は大体想像出来たけれど、何しろ上絵のセットの袋を購入しての作品だったから、まだ余っていたタイルでの制作・・・

こんなに金のタイルが入っているとは思わなかったのね・・・今まで見た事の無い豪華な絵馬になったのね・・・しかも上手いし。お見事。ただビックリしたのは娘さん・・・ちょっと細かいパーツが繰り返されるから、かるびに俺が仕上げている時に見ていてやって・・・と頼んだものの・・

何にも教わらずに黙々やって・・・終わったぁ・・・って。えっ?そんな訳・・・本当だ終わっている・・・正直、途中見ている余裕が無いから、へこたれちゃうかな?・・・と思いきや、予定よりも早く終わってしまって・・・そんな中、おかわりぃぃって事になり、じゃこんなにのは?

って事になって・・・2つになったのね。ただそっちもサラッと・・・あぁこんなに上手くなってたんだなぁ・・・って感心しちゃったのね。何しろ果てしなくわんこそばみたいな大きな作品は、やってもやっても終わりが見えない。だから飽きちゃう事もある。しかし今日は最終日・・・

色んな事がいつもと違う・・・あぁ1人でここまで出来るようになったんだなぁ・・・って教える俺も感慨深いものになったのね。しかも、今度いつ来る?って聞かれてもね・・・俺はまたね・・・としか答えられないし・・・・そんなこんなでお疲れ様でした・・・だったのね。



って中、こっちの親子は、またね・・・があって、こっとはもっと果てしなくて・・・まだまだ悩みは大きいのね。しかも大人だから、茶化す事も出来て・・・そろそろバックに花火も欲しいし、出来れば今建設中の2つ目のお城を足場くらい作った方が良いんじゃない?・・・って言うと・・・

かるびは、もう勘弁・・・って。あはははは。かなりへこたれてて、そんな事したら、先生だけじゃなくて、私も死んじゃう歳になっちゃう・・・って。あはははは。随分と果てしない話だなっ・・・・。まぁとは言え、そこまで遠い話じゃ無さそうには見えるけど・・・・。
コメント

また行徳駅前公園のフリマとフレスポ稲毛に・・・

2018-12-16 01:13:08 | モザイク作家
今日はお教室が無く、そんな訳でまた前回やった行徳駅前公園でのフリマに参加したのね・・・何しろ月に一回は野外活動的なものに・・・って事にしたので、空いているのなら・・・って事で、一応かぐやに相談すると、寒さも厳しいし、きっと出展者も過酷であろうから、1人って覚悟で・・・

出展しましょう・・・って賛成と思いきや、キウイはそんな過酷な状況で年末に掛けて風邪でも引いたらお教室もあるんだから・・・と反対意見あり・・・となったが、何しろ月に最低1回は・・・って事と、過酷であるからの参加なのね・・・何しろラクから始めるよりも過酷な方が厳しさに

慣れるから、今後がラクに慣れそうだし・・・そんな事も込みで、1人で行く事にしたのね。まぁ当然ながら3組・・・そんな中の支度も前回やった場所なんで、特に何も無くすんなり・・・。そんなこんなでしばらく経つとキウイが差し入れしてくれて、更に旦那さんも顔を出してくれて・・・。

って中、チラホラ人と話す機会にも恵まれて、名刺も何枚か渡せたりして・・・今日はこんなもんかなぁ・・・って思っていると、昨日キウイがSNS発信してくれた事で、キウイの友達で10年前くらいかな?・・・昔、公民館のサークルにいた2人が来てくれて・・・。

そんなお陰で厳しいはずだったけれど、何とか4時間逃げ切って・・・そこでおしまいにしたのね。それが数日前に以前お世話になった仙台の保育園のお母さんが販売やらワークショップなんかの企画会社をやってて、ひょんな事からフレスポ稲毛で開催する事になったらしく連絡が来て・・・。

そんな訳で顔を出したって話。ちなみにフレスポはびれっじさんの紹介で何度か伺っている場所なんで、迷う事無し。


結構賑やかにやっていて・・・何年振りかなぁ?・・・ただ話をすると、保育園に通っていた女の子は19歳になった・・・って言うんだからビックリ。ただいつだったかな?・・・その後、こっちに遊びに来た時に会ったんだけど・・・それにしてもしばらく振りだったのね。

にしても、随分としっかり運営していて感心するやら、ビックリするやらで、その行動力には頭が下がるのね。仙台からかぁ・・・まっ、俺は俺の出来る事を拾って行くしか無いんだけれどね・・・ってそんな中、さくらとすれ違いになったらしく、そんな訳で用事が済んでから合流。

アトリエに戻って片付けを手伝って貰っちゃったのね・・・まぁ今日もまたみんなに助けられちゃったのね・・・。
コメント

キウイとお母さんの相席教室

2018-12-14 23:43:18 | モザイク教室
今日はキウイ教室とお母さんの相席教室。キウイは相変わらず大きな木の向こうの木に苦戦中・・・張っては壊し・・・って感じで、中々厳しい状況ではあるけれど、納得した感じになりつつ・・・って感じで、とは言えこれが趣味と言われても・・・普通では無理だろうね。

やはりこれだけの事をするには、それ相応の覚悟が無いと、ついついこれで良いや・・になりがち。ただそれが普通であって、こだわればキリが無いのね・・・モノ作りって言うのは。つまりここまでこだわれば、終わりなんか見えないし、逆に今日の分だけが進めば良いだけで、剥がせば進まない

そんな繰り返しって見ている方も大変なのね・・・アドバイスだって責任重大。かと思うと、お母さんはお楽しみ作品。


大体30cmくらいの大きさで、どんな感じ?に仕上げますか?の問いに、ポップとか可愛いの・・・って事なんで、リップルって不揃いのタイルを勧めたのね。それで色を決めるに当たって全体を青っぽく・・・って事で、立ち上がりから始めると、やはり2色で・・・となり市松模様にしたのね。

ちなみに市松とは2色を使って交互に入れるのね。では早速やって貰うと、大体想像が付くんだけれど、お母さんの性格からしてどうするか?って言うと、同じ大きさを選んで張ろうとするはずなのね・・・でもそれでは折角不揃いが特徴なのに、寸法を揃えてしまっては1cmタイルと同じ・・・。

そこで不規則を活かして、色は市松のままで長さが不規則でも構わないルーズさは欲しい・・・ってアドバイスをして、その後、縁取りになったんだけれど、ここも不規則を活かしてデコボコに・・・。ただホップとか可愛いって表現とはちょっと違った紺の選択・・・。

じゃここからどう変えて行くか?・・・になるんだけれど、折角デコボコなんだ・・・って所を意識して、更にポップだ可愛いだって表現に合うのは何か?・・・を考えるのね。その色をデコボコ部分に入れるイメージ・・・そしてその色はランダムに選択するような予定調和にならぬように・・・

要するにきちんとする所と、抜く所を作る事で、全てきちんとしない事なんだけれど、お母さんにはそれが一番難しいのね。お母さんはきちんとしてしまうのね・・・そこをきちんとずらす・・・きちんと外す・・・きちんとズッコケる・・・こんな意識を持つ事がスタートなのね。

そうね、ここからいつものお母さんとは違う展開が見られるはずなんだけれど、もし上手く行くと高洲のサークルの時に、良いなぁ・・・なんて声が聞けると思うのね・・・しかもいつもと違ってお気軽簡単で上手く行くと時間張り終わるはずなのね。それは楽しいでしょ?・・・ねっ。

そんな中、大家さんから声が掛かって、棟梁の額縁・・・


一応一通りこんな感じ・・・・と伝えると、組み立ててくれたのね。そんなお教室の後は、明日急きょまたフリマに参加する事になり、積み込みやら支度やら・・・。
コメント

ノアさんの依頼作品と棟梁の額縁と・・・

2018-12-13 22:12:06 | モザイク作家
今日はお教室がキャンセルになったんで、昨日に引き続きノアさんの依頼作品。それが、結構今回シュールに試している事があって・・・


例えばスカートが文字を通過した時にクラッシュの目地を揃えてスカートのラインを揃えて見たり、赤いテープが文字を通過した時にピンクにしたり、ドラゴンの尻尾と文字を被せたり、女の人の手と文字を被せたり・・・上手く行くと色んな効果があると思うんだけれど・・・。

まぁそんな事やったりしても、割と今の所は順調だと思うのね。そんな中、夕方棟梁の額縁を大家さんの都合で組み立てる事になったんだけれど・・


そんなに簡単に組み立てられるはずも無く・・・単に4本で四角に・・・って言うのなら頼まなくても何とか出来るかな?・・・と思うが、何本も合体みたいな状況と更に厚みもマチマチとなると、もはや直角なんかにはならないだろうし・・・。そんな訳で、明日に持ち越しになったのね・・・

そんな後、親子で制作のリピーターさんのペンキ塗り。
コメント

ノアさんの依頼作品とデイ・サービスの絵馬の下地

2018-12-13 03:33:43 | モザイク作家
今日は来週のデイ・サービスで使う絵馬10枚とノアさんの依頼作品・・・


何かウトウトして寝ちゃったようで、流石にこの時間では、報告だけ・・・
コメント