katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuくんの日記

日本鑑賞魚フェアとさくら教室

2018-04-13 22:55:53 | イベント
今日の朝は先日話した日本観賞魚フェアでのびれっじさんのブースでの展示販売の為の設置。駐車場が8時半に空くのだけれど、会場に入れるのは9時。何しろ混んでしまって入れないのは嫌なので、7時40分頃到着すると、もう1台待ってて・・・やっぱり侮れなかったのね。

そんな中、9時になったんで中に入って・・・作品待ちにはなるが、ワイヤーやらフックやら準備していると、びれっじさん到着。ただちょっとワックスとか塗ったりとか、手を加えたい事があって、一旦アトリエに戻って出直し・・・。そんなこんなで何とか午前中で設置終了。

そんな中、さくらから連絡があって・・・そんなこんなで午後からさくら教室。それじゃ帰る前にもう1枚。


何年か来なかったら、水槽で横見だったものが、洗面器で上見になっていたのね・・・・。チラッと見せて貰ったが、しびれちゃうのがいっぱいいたのね。こんなにいっぱいの金魚を見ると、また飼いたいな・・・と思うが、今の環境と状況では無理なのね・・・。

さてそれではさくら教室。って特に変わった事は無く、ある意味午前中の日本観賞魚フェアの事・・・確かに体力的には普段動かない俺には、脚立の上がり降りは中々きついし、落とさないように・・・って緊張感だったり、金魚の上を手を伸ばして引っ掛けるってのは、気を使った分、疲れただろうね。

でも、それよりも本当は気分の問題で、一度は無かった話・・・それをびれっじさんが自前のブースでって事になったのね。昔は、企画会社から展示の話が来た時、1か月を切った状態で、えっ?今から・・・と思った事もあった。それはたまたま作品があったから良かっただけで、本当はもっと事前に知って

いれば、作品をちゃんと準備出来たのに・・・と思ったりした。それは、折角の展示だから・・・と思う気持ちから。ってこれは自分の中の話。ではそうした展示の結果は?と言うと、それを見たって方が何人かお教室に来てくれたり、江戸川区のイベントだったり、何も無かった所から、金魚がらみの話を

頂いたのね。では今回は?って言うと、びれっじさんから数日前に聞いた話。以前よりももっと厳しいはずなのだけれど、もう既に作ってある作品を飾るだけなのだから、その為に作るとかって話じゃないのね。つまり以前よりも準備が整っているのね。だからお教室を避けて現地に行ける時間さえ作れば、

何の問題も無く、準備って言うのが大事・・・って言う事が良く判る。もっと言えば、今では考え方も変わって、例えば抜き打ちテストと同じで、最初から言ってくれれば準備したのに・・・は完全なる言い訳であって、きちんと積み上げてあれば、気分の問題だけで、慌てる必要は無いのね。

つまり以前の自分は単なる言い訳であり、そう考えると、この短い時間の中、対応出来たのは準備した作品を持っていたから。以前よりも進歩していると思ったりする。おっと話を戻して、比較対象の続き。要するに展示のみと展示販売の違い。そもそも作品は新しい訳じゃないのね。

つまり一緒と言っても良いのね。ならば、以前の時の方が新鮮であって、魚だったら鮮度は相当落ちていると思うのね。ただ魚じゃないから鮮度だけが大事な訳じゃないのね。だって魚にレトロとかアンティークって無いのだから。まっ、食べるものと飾るモノの違いはあるけれどね。

でも鮮度は落ちている。つまり以前観た事がある・・・って人がいてもおかしくは無いのね。でも初めて見る人もいる訳で・・・。もっと言えば、以前は展示・・・つまり説明はして貰えない。そこに飾ってあるだけ・・・では展示販売は?となると、宣伝して貰える訳なのね。

それが証拠に設置段階で、何人かに話掛けられて、名刺をお渡ししたりしたのね。そんな中、びれっじさんがウチの玄関が金魚生活って本に載っているんだよ・・・って、ちゃんと自慢してくれるのね。これ1つでも大きいのね。点を線にしてくれるのだから。

びれっじさんの玄関だけなら、点にしかならない。けれど、金魚生活に載っている・・・プラスした事で点が点々になった。けれど、そこに時間があれば、その玄関は秀樹のネクストハウスって番組で放送した・・・ってまた繋がる。要するに知名度を上げるって言うのは、点を増やして線にする。

こう言う事の繰り返しなのね。そんな違いが展示と言う誰もいないものと、展示販売って言う売り子がいる違い。しかも売り子自身が持っているって言う強みもある。ってこんなのが良い事とするのなら、悪い事は自慢が過ぎると、洋服なんかの売り子のしつこさみたいな感覚になると、ウザイって

思う人も出て来てもおかしくは無いのね。ただ、あれから何年も経っているのに価格提示の販売が初めて・・・何か売る気が無いのか?って声が聞こえそうなんだけれど、びれっじさんに飾って貰っている時から、びれっじさんにお任せしたのだから、そんな日が来たのかな・・・って話。

これに寄って売れれば、それはそれで有難い。がしかし、わらしべ長者の話では、拾ったアブから始まるのだから、俺の場合は、この作品がアブとなる・・・どんな出会いが待っているのか?楽しみでもあるし、ちょっと不安でもある・・・。いずれにせよ、準備・・・何事も。

これから起こる事に対応出来るように・・・。

ジャンル:
習い事
コメント   この記事についてブログを書く
« キウイとお母さんとリピータ... | トップ | 亀有カルチャー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イベント」カテゴリの最新記事