katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

親子教室最終日と・・・・そろそろなんじゃないの?・・・・

2015-09-06 08:38:58 | モザイク作家
今日は親子教室の3日目の最終日。昨日張り終わったんで目地だけだったんだけれど、1時まで・・・・とその後に用事があって・・・。
ただ昨晩ボンド取りも2度目のペンキ塗りも終わっていたので余裕もあって、2人だけでやって貰ったのね。

まぁお見事に出来上がったんだけれど・・・・残念ながらアップは出来ず・・・お疲れ様としか入れられず・・・・。
その後は、しばらく振りに池の掃除をしたんだけれど・・・・流石に作家katsu不満爆発って感じなのね・・・。

そもそも生徒さん作品が素敵なのは、先生katsuは万々歳って感じになる。それはそれで良いが、先日のユーミン邸の壁画補修で以前の作品と向き合ってしまった事で、過去の作品達に今お前、どんな作品を作っているんだ?・・・・って問われた気分になったのね。

勿論、そんな事が起こるのは判ってはいたが、ユーミンの家族にkatsuさん頑張って・・・・みんな楽しみにしているんだから・・・って声を掛けて貰った事、色んな思いを感じたまま・・・・更にかぐやが置いて行った新作・・・・作家katsuに火が付かない訳が無い。

しかしながら、だからと言って新作として依頼の作品に手を付けるのは安易で、まずはリハビリがてら、練習がてら、そして宣伝も踏まえて・・・今何をすべきか?となると、1作品だけアクアリウムバスの作家の展示としての作品が必要になる。

その作品こそがお教室に興味が無い人へのアピールに・・・の1品であり、これ何ですか?と言わせる事が出来れば、お教室をしなくてもお話は出来る。
これが依頼作品となると、時間は掛かり完成せず、更にモチーフとしても、そこには興味が沸かないものである可能性は高い。

つまり爬虫類が必要で、金魚は以前のを持って行くとして、ここで重要なのは作家katsuとして、時間を掛ける作品での結果では無くて、そう言う人が増えたのだから、1歩先を歩くには時間を掛けずに結果を出す・・・・そんな課題だと思われるのね・・・・。

正直、無理だとは思うが、これを1日で作れればドラマチックな感じになるんだけれどな・・・・。

この記事についてブログを書く
« ご新規親子教室2日目とアクア... | トップ | カルビ、みどりの親子教室 »
最新の画像もっと見る

モザイク作家」カテゴリの最新記事