katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

リフォームの下絵の準備

2021-01-04 07:57:22 | モザイク作家

今日までは三が日って世間様のルールで言うのなら、休んでいても特に問題は無いだろうし、行ける時に行っとこう・・・って事で実家に顔を出して・・・何だか随分とのん気な正月となったのね。ただそれを良しとしない自分がいて・・・。

だから当然アトリエに行く・・・行きゃやる事は下絵になり、カサブランカ・・・入り口の両サイドの壁にカサブランカを作り、カサブランカの門って言うのが提案なんだけれどね・・・・普通はカサブランカってネギとかカラーのように真っすぐな

茎でしょ?それをどうやって門をくるむか?つて事になると、いくらか棒状なのを曲げたりしないとくるめないし・・・一体花はいくつあるとカサブランカの門に見えるのか?って話になるんだけれど、花にしても工夫しないと、この花を張る為の下地

をタイルで切るとなると、不可能な形過ぎる・・・もっと輪郭を簡単にするとか、何らかの工夫が必要になるのね。でもその前にカサブランカを何個か描いて見て、カサブランカに見える事と、いかに下絵の輪郭が切れる形に収めるかになる。

常にこの関係は、見栄えと機能性みたいな相反する話で、折り合いの付く所は何処か?探し。更に言えば、仮にそこが折り合いが付いても、新築でこれからやる所とは違って、壊したり直したりする事が起こると、モザイクをする前の人件費が増えるのね。

いかにそれを軽減出来るか?がモザイクをする時間を増やす事に繋がる訳で・・・でもまたこれが出来ると、新しい作品がまた1つ増える事になるのだから、ここは何とかしのがないとね。


この記事についてブログを書く
« 年明け2日目 | トップ | さくらとキウイ教室 »
最新の画像もっと見る