katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

監督教室とユニディ宅でのお教室の下地作り

2013-08-08 05:17:00 | モザイク教室
朝、キウイがやって来たのね。そんな中、タレント写真の削除の話になってね、
あれでもダメなんですね・・・・って言うので、勿論そうだろうなって思っていたって

話をしたのね。あの日にブログをやっているのを知っている担当者さんに、その事は
言われていたので、十分知っててやったので、確信犯である。

それについて、実は日高氏も翌日チラッと来たので話すと、何で載せたの?当たり前じゃん・・・と言うのね・・・・そしてかぐやも・・・同じように・・・。

ん・・・・。ただこの3人大きく違うのは、キウイは何も知らず第三者としての感想で、
結果として、放映が終わってもブログを確認されたって事になるから、1回多く見て

貰えましたね・・・と言う見解。そして現地まで行った2人の見解は、言われた事を守る
当たり前の事を当たり前に言う・・・随分としっかりしたもんだ・・・。

ではこの2人・・・じゃ先生がこの成績じゃ・・・って進路相談をした時に、言われた通りに進路を決めるんだね・・・?黄色じゃ横断歩道は渡らないんだね?

危ない事は絶対しないね・・・きっと。だから安全、だから普通、じゃ聞くまでも無い。
だって当たり前の事なら、聞かなくても、もうすぐ50歳。その程度は判るからね。

しかもその程度なら、2人以上に倫理とモラルを言える人が、ごまんといるだろうから、
必要性を感じ無い・・・。

逆にキウイは、今の俺は貪欲にギリギリ突いて行かなくちゃ・・・惜しかったって話。
ちょっとでもチャンスがあるなら、行け・・・・そう言ってくれているようなもの。

大体、そもそもあの日まで、俺がこんな事を言われる事は無かった・・・そうあの日。
忘れもしない、日高氏と入ったうどん屋さんでの事。

ネギ抜きね・・・と頼んだら、入ってて、それを見た日高氏が、カウンタ-にネギを
投げてやれ・・・言っても判らない奴には・・・ってあれ。

そんな事、俺は一度たりともやった事は無かった・・・けれど、やった時の爽快感と
罪悪感を一緒に味わった時に、やらないって決めた。

そんな事を教えたのは日高氏。つまり日高氏は良くも悪くも影響力があった。
ただいつしか、俺は前に行く為には・・・とやりたくは無くても、やらなきゃならない事

もあって・・・と判っていてもやる方を取るようになった。しかし日高氏はその後、
みんなの成長と共に、携わる時間が短くなって行った。

すると、まともで普通で、何1つ変わった事を言わなくなった・・・だから、アイデアも
誰でも言えるような事ばかり・・・。

かぐやも同様。本来貪欲で営業をするような若手であるべきなのに、まるでベテランを
装うような守り。どちらが一体正しいんだ?

あまちゃんを俺に勧めたのはかぐや・・・・考えあっての言動なら、当然何かをしている
だろうが、鉄は熱いうち・・・って、考えた末で、確信犯をやっている時に、

何もしていないとするのなら、タレントに営業させているって何事なの?
そもそも、アイドルだって役者だって、お笑いだって、虎視眈々と狙っているんでしょ?

みんな。しかも年齢を偽ってでも、エントリ-だってする。悪い事とは判っても、
そうやってでも、露呈しようとする・・・。

今回の俺がやった事は悪い事である。だが、もしただの宣伝の利用と言うのなら?
タレントの名前を入れるでしょ・・・引きの映像のみを入れたのは、俺にも良心はある。

そう思って頂ければ有難い・・・ただ、それは先方と俺の関係では悪いとは思うから、
謝罪はするが、2人がもし他に営業していないのなら?罪と罰って何だ?

一体、どの位置に立っての意見なんだか?・・・・何もしないで否定のみ・・・。
弟子や一緒に仕事したいって言っている2人がそれで、生徒のキウイは貪欲な意見・・・

人に知られる・・・そんなに正当だけで良いのかな?・・・
まともな事なら、かぐやごときに聞かなくても何処にでもいる。

もっとテレビの企画のように、何処の会社もやらない、誰も考え付かない・・・
そんな普通じゃない事を考えなきゃならないんじゃないかな?・・・・今は。

大した結果を残していないのだから、捨てるようなものばかりで守るものなど無い。
世に出て、横綱になった時に、品格やモラルが問われるのであって、

序の口、序二段のような程度なら、もっと貪欲に・・・泥臭くやんなきゃ・・・
しかも、それを判っていてやるようじゃないと・・・・。

まっ、きっとそれでも真打になっても、テレビで局部を出しちゃう師匠もいるから、
ある意味俺もあんな感じの師匠に憧れちゃうんだけれど・・・あそこまで若手と一緒って

・・・・。いずれにせよ、かぐやが今後どんな事をして行くのか?楽しみである。
謝るのなら、死ねば良いし、受け入れるなら何度言っても成長無し。

もっと俺の考えを、よりを越えるもの出して貰おうか・・・俺の弟子なんだし、
営業部長なのだから・・・無理難題な事は判って言っているのだけれど、

その日が来れば、そんな事は一切する必要は無いのだから・・・いずれにせよ、いつか
katsuがやった事だから、何か理由はあるだろう・・・位には信頼性は欲しいね・・・

当たり前の事だけなら、腕以外は必要性を感じ無い。それだけなら信頼性などいらない。
遂行すれば良い・・・ただの職工。もっと自分しか考えられないアイデアをどんどん

聞きたいものである。ただの普通では無くて・・・・

さて長くなったが、監督教室。
いよいよ、今日は数日間空いてしまって、自宅でやらないとならなくなる・・・そんな日

いかに自宅で困らないようにするか?が大事で、ここで進む事を考えるのではない。
それもきちんと伝わっていて、何も起こらずに進んでいたのだけれど・・・・

難しい所があったので、こんな感じにね・・・と切って教えたんだけれど、きっときちんとは見なかったんだろうね・・・やっぱり先を急いでいたんだろうね・・・。

しばらくして、切り口を揃えた方が綺麗だったなぁ・・・と言い出すので、ほらほらって
さっき見せた所を指を指すと・・・・katsuさん何で言ってくれないんですか?・・・・

って言うので、えっ・・・と言うと、あっ・・・いや、聞いてた・・・・って。
あはははは、思い出してくれたのね。良かったじゃん、気が付いて・・・まだやるとこが

あるし・・・。でも・・・剥がして良いですか?って聞くので、ダメです、ときっぱり。
制作日誌でも、こことここの違いって書けるのだから、良い事ばかりを書くよりも、

勉強なら失敗あって大いに結構。大幅に違っているなら注意はするが、その程度なら、
それはそれで特に問題は無い。しかも、そんなテクニックを指摘出来るなんて、

凄く良く観ているか?モザイクの達者な人だけで、一般の人なら、気付く所では無い。
もっと言えば、そこを露呈出来るようでないとね・・・勉強とは?何ぞや・・・と、

考えれば、答えは簡単。事実として変化していく・・・進歩して行く、腕と考え方を
御覧下さい・・・なんじゃないのかな?

そんな葛藤の中、制作しました・・・なんじゃないのかな?少なくとも、俺はそう教えているのだけれど・・・・。そもそもが素敵に綺麗に上手く・・・は良いけれど、

プロじゃないし、もっと言えば、こんなに時間を掛けて作る人が労作展に何人いるか?
と考えれば、もう十分過ぎると思うのだけれど・・・

大体、すでにこのグレ-ド・・・もはや中学生の夏の宿題の作品とは思えない。

その後、下地制作。幸い明日は丸々1日空いているので、間に合うはずなのね・・・


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ご新規さん親子教室 | トップ | この夏に使うお教室の下地作... »
最新の画像もっと見る