katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuくんの日記

亀有カルチャーとモンゴルの下地

2018-02-11 09:09:02 | モザイク教室
今日は亀有カルチャー・・・と言っても、1人欠席だとマンツーマンになっちゃうのね。しかも、その一人がおかみさんだから、もはやカルチャーって感じでは無くなっちゃうのね。ほぼアトリエ教室の内容と一緒。何が違うか?って話になると、恐らくカルチャーって言うのは、今困った事の是正な感じ。

アトリエは、今よりも今後って感じだと思うのね・・・だからニュアンスが若干変わるのね。そもそも自宅でやらないなら、今を凌ぐ事になるし、自宅でやるのなら、その時困る事の無いように・・・って。当たり前と言えば当たり前なんだけれどね。でも当たり前の事をどうやって?って事が難しいのね。

しかも、人だからいつもいつも同じって事が無いし、調子が良かったり悪かったりもする。それが単なる技術指導なら、こうしてね・・・と言えば、レシピみたいな話で、基準みたいな数字が何グラムとして置けば、薄かったらこれ追加してね・・・・だったりするだろうね。

それは、みんなが一緒な事をする前提だからね。けれど、何しろ何処でも俺の生徒はオリジナル。個々やっている事が違うのだから、自宅でやるもやらないも関係無く、むしろその人が難しい作品になった時に、自宅で進める人には困らないように・・・だし、進めない人には、焦らないように・・・。

って、技術の指導では無く、精神論になる。何しろ機械でもメンテナンスが必要なのに、人は病気以外にメンテナンスをせず、そもそも、お医者さんだけって言うのもね。例えば、神や仏にお祈りをする。これは機械ではやらないし、人ならではの事。要するに自分で考えるってのは、人ならでは。

所が間違えてしまうと、考えるでは無く悩んでしまうのね。そうね、考えるってのは、足掛かりであっても何かを掴む事であり、悩むって言うのは、一緒な感じもするが、停滞のような立ち止まるならまだしも、下がってしまう事も多々あるのね。しかも本人が思う以上にね。

そもそも本気で向き合うと、何でもそうだが、何と無く・・・って過ごせる人なら、時間が解決なんてものもあったりするが、真摯に向き合ってしまう人は、中々誤魔化しは利かず・・・。増して結果の残ってしまうものは、残酷なもので、試験の合否だったり、レギュラーと補欠とか、恋愛でも作品作りでも、誰にでも判ってしまう事もあったりすると、隠して誤魔化す事も出来なかったりもする。

結局、そこも時間が解決となるのだけれど、恐らくそこの差があったりすると思うのね。そこを誤魔化すスタイルな場合、何度もそんな事は続くだろうから、その都度誤魔化し慣れして行くんだろうが、向き合って行く場合、どうやって折り合いを付けて進んで行くか?を鍛えている感じになる。

その差は大きいと思うのね。そうね、例えはとっぴだが、脱臼した相撲取りやプロレスラーのような人達は、その日にみんなで押さえて元に戻したりするらしいが、良薬口に苦し的で、当然その日から完治に向かうだろうし、一般の人ならそれは無理だから、時間が掛かったりする。

これを心の場合、どうだろうか?・・・同じように一般の治し方のように、時間で解決なのか?・・・って話。アスリートの人達が脱臼を無理矢理って言うのは判るが、心はアスリートだろうが、一般だろうが、一緒であったりしないだろうか?って話。まっ、どうでも良いっちゃ良いんだけれどね。

ただ、おかみさんはアトリエの人なんで、こんな事も遠慮無く聞けたり、言えたりする訳で。そこで、今日は介護、看護の話をしたのね。俺よりも詳しいから。何しろデイ・サービスに行くようになったんで、教わる事がいっぱいあるしね。体験話は、経験値だからとても勉強になるし・・・。

そもそも、カルチャーじゃないでしょ?こんな話・・・でも一人。その一人がアトリエの人なら、遠慮しなくても良いでしょ?要するに体験を話すに当たって、自分の話をする・・・って言うのは、先生サイド側に立つって事になるのね。当然、生徒サイドは俺になる。

当然、生徒だから俺は質問をする・・・先生は答えないとならない・・・そんな2時間はあっと言う間なのね。はぁ?それが何?って人には、全く何の役にも立たないけれど、向き合った話を糧に出来る人は、それで何かの役に立つはずなのね・・・勿論、俺も生徒として得た事があるのね。

おかみさんは自分発信って言うのが、少ない人だから、こんな機会は中々無いんで、これはこれで良い機会だと思っての事だったんだけれどね。少なくとも、俺は新鮮だったけれどね。そんな後は、アトリエに戻って、モンゴル下地の続き。


形に切る事が終わり、今度は全部縁取りを彫る・・・今までの全部。


雨が降る前に終わって助かったのね・・・その後は、アトリエで穴の空いた部分のパテ埋めで、10時終了。
ジャンル:
習い事
コメント   この記事についてブログを書く
« キウイ教室とモンゴルの下地 | トップ | 今日もまたモンゴルの下地の続き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

モザイク教室」カテゴリの最新記事