katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuくんの日記

デイ・サービスのサンプルと下地作り

2018-04-10 07:23:30 | デイ・サービス
今日は1日デイ・サービスの準備。今回は7人予定の連絡が来て・・・既に6枚は彫ってあったんで1枚追加って事と、次回の提案のサンプル作り。これが毎月なんで中々手強くて・・・手を変え品を変えて提案はするものの、今回はどうしようか?って言うのが毎月やって来るのね。

これが結構大変で・・・ただこう言う事をやった事が無いんで、練習だと思って何とかしのいではいるものの、デイ・サービスって場所は独特で、歳を取ると子供に戻る・・・なんて事を耳にするけれど、それならそれでやり方もあるけれど、実はそんな簡単なもんじゃなくて・・・。

例えば常にこんなのをやって見たい・・・って感じの人もいたり、上手く行かないから・・・って飽きてしまう人もいたり、でも、良いものが欲しかったり・・・って、この位かな?って思った事が難し過ぎたり、逆にそんな事から簡単にすると、簡単過ぎてしまったり・・・・。

これが子供ならそれで良いかも知れないが、子供に戻る・・・のは比喩であって、大人の歳だし、見た目は大人だから、ついつい大人の決め付けると、子供でもやらない事が起こったり・・・何しろ色んな事が起こるのね。

そんな中、当然切る事は難しいのだけれど、作った手応えはあるのだけれど、当然張る事よりも難しい。今までの経験上、手で持てる大きさのタイルを張るってスピードは皆さん早いのね。手に持ったものを張るって感じで、一旦、手を止めて悩むなんて事がほぼ無かったのね。

そんな事を踏まえた時に、1時間は作っていて欲しいのね・・・そんなこんなの時期としてアジサイ。そんな事を踏まえて、今回は張る事を多くして、葉っぱをぺきぺきで7枚を切る・・・・そんな訳でこうなったのね。それと今回分のバラを1枚追加で彫って、ペーパー掛けをしてペンキの1回塗り。



それと100均に箱を買いに行って・・・そんな1日で夜10時を回ってしまったのだけれど、そんな中、午前中に棟梁がタイルを取りに来るものの、また怪我をしたらしく・・・ただ今回はモザイクが出来るような箇所の怪我で・・・とは言え、ここ数か月に病気だ怪我だと、知っているだけで3回目。

本人が一番のダメージなんだけれど、聞いてる方もこうも多いと、流石にこっちもまたなの・・・って感じに貰いダメージになるのね。ただね、ここで普通は何でだろう?って思うんだろうけれど、俺はそうは思わないのね。必ず理由があるってね。でもまずはそもそも病気や怪我などしたとする。

どんな感じになる?普通は落ち込んだりするよね?・・・まずここ。病は気から・・・なんて言葉があるのだから、気ってものが大切なのね。そもそも普通に生活をしていたら?って言うのと、そうで無い環境になるって違いでどんな事が起きるか?って単純なもので孤独な感じになるのね。

例えば日常が孤独の場合、病気や怪我だとしても同じだけれど、普通は多少なり、人と関わっている。そうなると病気の場合だと、移ったりするかも・・・となると、隔離感が孤独になるし・・・ただね、本当はそんな事じゃ無くて、お見舞いだったりして人が来て人は帰る。

そうすると嬉しかったりすればするほど、寂しさは増す。その気分は孤独感に繋がる。その時に自分と向き合わずに楽しいテレビでも見て、時間を過ごせれば何て事は無いが、もしも向き合ってしまうと、間違いなく後ろ向きな事を考えてしまうもので・・・。完全に気はめげる。

これが逆に、お見舞いの人が来て・・一人でゆっくりしていたとしたら?お茶を入れなきゃ・・・とかね、ついつい動きたくなる事もあったりする。一人で居られる人には、もしかすると、逆にそれがストレスになるかも知れないのね・・・。まっ、棟梁の場合は、1人よりは良いのね。

そんな時に1人でも楽しめるモノつくりは、それに集中すればするほど、時間を忘れる事が出来る。けれど、病気や怪我はそれすら出来ない。つまり、その時点で普通の孤独では無い、出来ない事が、逃げ道の無い切ない気持ちになったりする。これもまた良い事と悪い事は背中合わせなのね。

それが元気なら時間を忘れて孤独にならずに済むのに、出来ない事がストレスになったりするのだから・・・。そこで必要なのは刺激になるのね。要するに日常は慣れであって繰り返し。所がそれが出来なくなった・・・となれば、マイナスな気分になる。つまりそのマイナス分を補わないと・・・

それが刺激。つまり非日常。ただね、ここも難しくてその負のストレスのバランスに見合う程度で良いんだけれど・・・。何もしないよりは・・・程度でも十分なんだけれど、例えば日常は常に意識無く追われていて、ついつい能率効率で過ごしたりしてしまう。

それが出来なくなる・・・ここで折角出来なくなった・・・と思えば、いつも出来ない事をする。って思えれば、いつもやらない事を探せば良いのだけれど、単純にご飯を作る人が作らない・・・これもまた非日常なんだけれど、作れない・・・と考えるとストレスになるが、作らなくて良いって、

思えれば、どうしようかな?って事になる。それを何で作る事だけを考えてしまうのだろうか?作るって事は洗うって事なのね。そこで作らないで済む、洗わないで済む、能率効率だけじゃなく・・・って考えると、もっと複雑になるでしょ?だって、じゃお湯だけのカップヌードルって言えば、

良さそうだけれど、能率効率じゃなく・・・って事になると、ちょっと何か探さないとならない。例えば普段コンビニなんて行かないお母さんが、コンビニで何かを買う・・・これはスーパーでは見ないものが多い。俺の場合ならホームセンター。仕入先が違うのだから品揃えが違うのね。

これもまた刺激。それによって、見た事の無いものに触れる・・・日常では気が付かなかった事。要するに普段出来ないから・・・って思う人なら、好きな事を出来る時間に変えられるが、普段好きな事が出来ている人には、退屈な時間になってしまうし、その時間を持て余してしまうから、

普段向き合わない自分と向き合う時間に悪い事をついつい考えてしまう・・・明らかにこれは孤独になっている証拠。もし向き合うのなら、絶好調の時に、マイナスな事と向き合えば良いのね。そうね、非常に元気な時に墓参りみたいな感じにね。

勿論、これが接客業として働いていたりすると、人と接する事疲れしているから、休みは孤独を愛する人みたいに、一人を楽しめたりする。いずれにせよ、そんな時の自分には・・・と元気な時に準備していれば、左程大きなグラつきは起こさないとは思うけれど・・・。

いずれにせよ、棟梁は今、良い状況では無いのね。逆にこんなに悪くなる事って中々無いから、自分を変える良いチャンスでもある・・・と思えれば、かなり前向きになれるんだけれど・・・。そんな中、こうして1人でここまで来られたのは、孤独にはならなかった。

ただね、こんな向き合うと向き合い疲れをお越しそうだけれどね・・・あはははは。いずれにせよ、家の中にずっと・・・って言うのは、普段の生活の全てが棟梁の場合は自宅なんで、普段ならやりたい事が全てある場所として、一番良い環境が、全てが出来ない・・・となると、逆にストレス。

つまり外に刺激があるのだけれど、普段、一人で外に出る機会の無い場合、どうして良いか?何をすれば良いか?って時間を持て余したりする。ただ犬がいる分、範囲は狭まるが、相棒としては丁度良いのかも知れないし・・・いずれにせよ、ひとまずそんな事に気を付けて・・・。

元気が出たら、本当の意味の理由と向き合うしか無いのね。恐らくそこに是正があると思われるのね・・・。
『千葉県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ノアさんの依頼作品の下絵の続き | トップ | ノアさんの依頼作品の下絵の続き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

デイ・サービス」カテゴリの最新記事