katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuくんの日記

ご新規の小学生姉妹教室と色んな下地

2018-07-07 23:46:56 | モザイク教室
今日はご新規の小学生姉妹教室。さてそんなお教室初日は、下絵があらかじめ描いてくれていたのだけれど、4.5回来てくれる事になったんで、思い切ってグレードアップの為に下絵の描き直しする事にしたのね。

ちなみにお姉ちゃんは昆虫、妹はお花。よぉぉぉく見て描く事。ほらここ真っすぐじゃなくて、曲がっているでしょ?んでここは太っちょで・・・キュ。みたいな、難しい話は抜き。お団子と棒で最初は絵を描く。そこからぼよぉぉぉんとさせるみたいな・・・・。ほぼこんな感じ。

でもお母さんと3人で凄い良いかもぉぉぉって言ってたから、それでも良い感じなのね。それで下絵が2人共、直って・・・でもまだ1時間弱あって・・・
これで終わりじゃ詰まんないよねぇ?・・・・ってタイルの切り方を教えて見たものの、それだけじゃねぇ・・・?って事で、何か作って見る?って言うと

やるぅぅ・・・って言うので、何する?って言うと、イベント用のオーナメントをする事になったんだけれど、アトリエをキョロキョロすると、ウーパールーパーが良いって言うのね・・・・2人共。そんなこんなで、形の違うものをやる事になり、本当ここの文字の次に、はい画像・・・だったのに・・・

残念なのね。最初の割に上手に出来たのに・・・。ただ切る事には慣れて貰ったのは次に繋がるのね。そんなお教室の後は徹底的に下地。


まずは来週また来る事になっているんで、姉妹の下地から。それでデイ・サービス・・・暫定で7枚。まだ人数の確認していないんだけれど・・・。


それで明日来る中学生の下地の追加分。


そして最後はみらいコープ分の下地の写し。


そうね、昨日の落選の話の続きだけれど、かぐやもキウイも心配していたようだけれど、慣れたくは無いが、こんな事は今までも何度もあったし、ただ残念なだけで、それよりも、つくづく思うのは、この歳になって人に判定される人生になるとはねぇ・・・正直ビックリするのね。

こんな事を経験すると、歌手だの、スポーツ選手だの、漫画家だの・・・って夢を追う若い人達の苦労が良く判るのね・・・きつかろうになって。正直、今の俺には夢を諦めるな・・・みたいなセリフは簡単には言えないしね。ただ、きっとまた追っちゃう気はするけれど・・・。

そんな話をすると、どうやら安心したんだか、いずれにせよ、まだまだって話。そもそも強みは最初から何にも無かった・・・何をしても何があっても、ただ自分がそうなりたい・・・そうしたい・・・・って希望なだけ。後は向こうから歩いて来るものだと思っているのね。

だから、ただ今回じゃ無かった・・・ただそれだけ。でもさぁ、かぐやさぁ、へこんだのなんだのとかじゃなくてさ、こんな人生になったら後戻りなんて出来ないじゃん・・・挫けるとかうんぬんじゃなくて、必然的に前しか向けないだろっ・・・あはははは。

そもそもそこが覚悟なのね。夢なんか追えばリスクは伴う。サッカーじゃないが、攻撃すればカウンターを喰らう。そんな話と同じでリスクは負う。けれど、それじゃ何もしないで、守れるか?となったら、守れるって言う事自体が、思い上がりかも知れないのね・・・。

何故なら何もかも進歩や進化をする。時代も変わって来る。だから必ず生き残れる保証は何処にも無い。比較されるのは何をしていても一緒。だからプロを選んだ時点でそれは必然の事だし、ただ必要性の度合いで仕事になるだけで、夢のような人はパフォーマンスを見せる事は誰もが目指しても、

成功を掴めるとは限らず、常に覚悟をしてリスクと向き合わないとならない訳で・・・。だから、最初の覚悟があるか無いか?が問われるのね。
流行りの漫画の進撃の巨人なんて言うのは、そんな事を言っているのかも知れない・・・・。

巨人に襲われて人間は壁の中で暮らす。その壁は100年壊される事は無かった。だから安心なんだ・・・と思っていた。未来永劫みたいに。けれど、巨人が壁を壊した・・・確かに巨人はこの世にはいない。けれど、未来永劫なものなんてあるのか?・・・となると、大企業も安心安全では無くなった。

生き残るものもあれば、生き残れないものもある。当然、同じ事で俺がタイル屋で生き残る保証など何処にも無いのね。そう言う点では、モザイクを選んだ事に後悔は無いし、これで良い。ただ覚悟と言う点では、若くして目指している人達がその覚悟をしているのかぁ・・・と思うと、俺は・・・

40歳位の時だから、見劣りするなぁ・・・と思うものの、今は中々の覚悟があると思うので、転んでも立ち上がる術も持っているし、若い人に若さがあるのなら、初老にはだてには老いていない・・・と言う事である。諦めれば今までを捨てる事になる。そんな事は許されないのね・・・・俺は。

なっ、かぐや・・・あはははは。失敗だろうが、成功だろうが、見せるから一喜一憂するもので、それが見せられるのは目指しているからであって、楽しみにされているから成立するのだから、ほんのわずかだけれど、俺にもそんな人達がいる・・・と言う事。それが俺の小さな自信なのね。

だから折れる事は絶対に無い。って言うか、そんな暇は無い。それよりも必ず何処かに必要とする人はいるはず・・・・。そう思って前を向く。ただそれだけなのね。
ジャンル:
習い事
コメント   この記事についてブログを書く
« みどりとくじらの相席教室と... | トップ | 小学生2人が完成と中学生教室 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

モザイク教室」カテゴリの最新記事