katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuくんの日記

モンゴル国立美術館での美術展の額の下地作り

2018-02-07 00:21:44 | モザイク作家
今日は引き続きモンゴルの額の下絵&下地作り。四隅の下絵の描き直しをして、ようやく下地に取り掛かる事になるのだが、組み立て家具のように分割出来ないとならず、しかも分割する場所を勝手に・・・って訳じゃないので、そこも考慮の上の下絵にしないとならないし・・・。

そんなこんなで下絵を終えた後は、今度は一体何枚の板を買う事になるのか?どうカットすれば良いのか?も考えないとならないのね・・・unidyで買うとカードを持っているから10カットは無料なんで、こんな場合はunidyで・・・と決まっているのね。ただ、どうカットするか?加工室で頼む時に、図面的な

ものを書かされるのね。だから、こんなに何カットもしないとならない時は、事前に描いて置かないと、現地で考えていたんじゃ、時間も掛かるしね。下手に切ってしまうと、端材ばかりが増えてもね・・・1枚多く買うのも馬鹿馬鹿しいし・・・。

そんなこんなで何とかかんとか、カット図面も書けたんで、unidyへ行って・・・・こんな明るい時間に行く事は滅多に無いんで、混んでなきゃ良いんだけれど・・・これが空いていてラッキー。そんなだから、待つ事無くすんなり。それからアトリエに戻って・・・下地に絵を写すんだけれど・・・・。

やった事がある人は判るんだけれど、単に写すだけなんだけれど、シュールに時間が掛かるのね・・・そんで何だかんだ10時過ぎまでやって、4枚で終了・・・そんな中、久しぶりのヒカルの碁のエンディングテーマ・・・Get Overを何度も繰り返し。それを聴いていたかぐやが懐かしいね・・・って。

そうね、作品作りの時って、昔はその作品のテーマソングみたいなもんがあって、それを何度も繰り返しして聴いていたのね。それがヒカルの碁のエンディグテーマは、ここ一番なんて時に多用していて、そもそもが趣味趣向でもあったのね。ただ、最近は聴かなくなっていたんだけれどね・・・。

このアニメ自体を人生のバイブルなんて事も言ってたんだけれどね・・・・ただかぐやにも言ったんだけれど、いつしかこれに頼らなくても、強くなったんじゃないの?・・・すると、私も良くお世話になった・・・って。そうね、かぐやにもCDあげたからなぁ・・・。

そんなだから、2人してこれ聴くと懐かしいぃぃって言うより、身が引き締まる感じとか、やらなきゃ・・とか、気合いとか入る感じなのね。それ位、聴き込んでいるのね・・・。お陰で2人久しぶりに共有出来た感じで・・・今月末、急きょかぐやが来る事が決まったんで、それまでにタイルが張れるよう

にしとかないと・・・。それにはまだ色々とやる事があるのね・・・。まっ、それにしてもここまでの心のダメージは思ったよりも少なくて済んでいる。それだけでも、心の余裕にもなるのね。
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 棟梁とリピーターさんの相席... | トップ | モンゴルの額装の続き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

モザイク作家」カテゴリの最新記事