katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

みどりとかるびの親子教室

2019-11-18 06:32:50 | モザイク教室
今日は午後からみどりとかるびの親子教室。そんな中、リバティさんの奥さんから先日の機関車の現場の今後の見積もりが欲しいとの連絡があったものの、今週は全て教室が入っていて、ただ幸い現場も近いんで、ではなるべく早くとは返したものの、随分と慌てている様子・・・。

それなら・・・と、弟子親子なんで、お教室前に寄って良いか?となり、まずは現場へ一緒に・・・からスタート。実際測って見ると、空の部分は何も無さそうだったけれど、木や小鳥がいて9㎡位あり、しかもネット張りでは乱雑な目地に見えるので、全て剥がして1枚ずつ張る事も考えると

結構な時間が掛かりそうだし、下の方では沢山の生き物がいて、木と線路があり、量からして今回の3倍の内容であったりする・・・いずれにしてもこれで見積もりは出せる事になったし、後は計算となるのだけれど、それも全部一緒にやる訳じゃ無くて、何回か?にもよるし、もっと言えば、

廃番にならないように材料をキープとなると、その計算もこの場合はこう、この場合はこうと何種類か必要になり、そんなに簡単では無く、まぁ何より現場に貰った電話のその日に行けたのだから、これ以上の早さは無理なんで、時間を見てやる事になるのだけれど・・・。

そんなこんなのお教室。細かい所が残っているものの、かなり後半に来ている感じはある。そうなるとバックとなるのだけれど、夜空は決定しているから、終わらせる方向ならそれも良いが、そこに花火を何個か作るだけでかなり豪華になると思うのね。しかもここまでやれたのだから。

後は広いバックならリップルっていびつな形を張るだけ・・・なんて仕上がりの選択もあるが、こんなに狭いんでは切る事ばかりになって、余り有利な展開は望めない。となると、オードリーのような感じになると考えると、返って花火の選択も悪く無いんじゃないのかな?


みどりは?と言うと、顔が終わったのね。もう後はどう終わらせるか?になるんだろうね。ただかるびと違って、何もするスペースは残されていないんで、以前の雰囲気を壊さないように気を付ければ、意外とあっけなく終わるかも知れないし、逆にここへ来て・・・と進まないって事もある

と思うのね。それは本人次第。そんな中、昨日の目地をしたのね。

これでアクアリウムバスのサンプル完成。

この記事についてブログを書く
« ほぼアクアリウムバスやら・... | トップ | 今日はデイ・サービス・・・10名 »
最近の画像もっと見る

モザイク教室」カテゴリの最新記事