katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

初のリバティさんにリピータ―さんに下地作り

2019-10-31 07:11:34 | 建築モザイク
今日は午後からリピータ―さん教室なんで、それまでの間はリバティさんの外構工事7日目となったのね。そんな中での姉弟の犬の2匹。これが今までの眼は黒目のみだったんだけれど、床の目地は恐らく濃灰って言うグレーになると思うのね。そうなると、場合に寄っては黒目のみでは被る

事を想定して白目を入れる判断となったんだけれど・・・先日の車掌の帽子が完成したんで、ついでに見て貰うと・・・

ここに微妙に入れて見たのね。試しに・・・まぁ無いよりは表情もあるし、こんなもんかな?・・・って事になったんだけれど、そうなると他のも入れたくなるのね。ただかなり小さいパーツなんで、どこまで出来るもんなのか?ただ無理矢理入れても仕方無い感じもするし・・・。

そんな中、弟犬がそこそこの仕上がりの顔になった後、この白いのはナプキンなのか?紙でもくわえているのか?となって・・・リバティさんに連絡するも連絡が取れず・・・すると、家からお姉さんが出て来たんで、どう思います?って聞くと、私はナプキンだと思っていました・・・って。

俺もそっちよりだったんで、早速そっちでとなったのね。要するにナプキンに見えたのは、その頃の弟さんが小さく幼児に見えるように・・・と解釈した事になるのね。ただ幼児で男と言っても、女の子にはリボンがあり、アイテムとして女の子色が出るが、何のアイテムも無く、幼児って

事でのナプキンだけじゃ・・・そこでまず幼さを強調するのに舌なんか付けて見たのね。これで少しピンクも使えるし、華やかさがちょっち増したんだけれど、増々幼児色を増しただけになるでしょ?そこで耳を茶にしたのね。お姉ちゃんは薄くして、若干凛々しくみたいな雰囲気作り。

ただこれが紙だと舌は作れなくなるんだけれど・・・そんな中、リバティさんから電話で、確か俺、ハンカチでバイバイって感じにしたと思うんだけれど・・・って言うんで、ナプキンと言う事で進めますぅ・・・って進めたんだけれど、ピンクが使えないのは痛い話になるんでね・・・。

更に言えばお姉ちゃんのピンクのリボンのピンクを更に引き立てる為にも、弟の舌とお姉ちゃんの舌にピンクがあると、そこにもここにもあるわずかなピンクが見えた瞬間、華やかに見えるはずなのね・・・そんなこんなで終わらせたい所だったが、余裕を持って終了となったのね。


それからアトリエに戻って今度はリピータ―さん教室の準備。実はこのリピータ―さんは、自宅の駐車場の床にモザイクがしたいとの事。そんな訳でそろそろ本格的に動く事になり、そんな中、色探しとして黄色が欲しかったのね・・・そんな感じの時にリバティさんの外構・・・。

このタイル、ニッパーで切れるじゃん・・・何とかだけど。何せ7mmもあるから厚みがいつもの倍・・・当然、マメの1つも潰す覚悟はしないとならないが、仕上がりも悪く無いし、色もマットでしかも、DIY色も出る感じがする・・・そんな訳で、今日はひたすら切る練習。

それと下地をリバティさんに頼む事にして、概算になるが、このDIY出張教室の予算やらの具体的な打ち合わせもしつつ、後は仕込みにメドが付いたらスタートする事になったのね。ただ6cmの幅で7mくらいの場所・・・いわゆるボーダー柄的な繰り返しの下絵になると思われるのね。

ただこれは俺の作品では無く、あくまでサポートになる。つまり本人がどれだけやるか?なんで、確認となるんだけれど、この試しに切った経験からの判断となるのだが、行ける・・・と思える人と、気後れする人の2つがあったとする。仮に出来ると思った人は完成を夢見るから、かなり

無謀であったとしても食べ放題的にいっぱいやりたくなる。こんな場合は適量にいくらか抑え目なアドバイスになるが、逆に気後れした場合は、労作展の中学生や、小学生の作品を見て貰い、初めてだとしてもここまでやれる・・・ただ人には持ち時間があるから、無謀に頑張れとは

言えないが、精一杯はやったほうが良い。何せ建築は一生ものなんだから・・・って話をする。今回はかなり気後れしていたんで、もっと出来ます・・・ってハッパを掛ける事になったのね。理由としては金額的に最長10日間出来る事、まだ正式な日程が決まっていない事。

更に言えば、今実際タイルを切った手応えやら、切っている姿を見て判断したのね。つまり判らないのはこの方の持ち時間・・・一体1週間に何時間の自分の時間を持っているのか?・・・一体これを完成させる為にどれだけ時間をさけるのか?しかも大きく無理をせずに・・・。

それを更に判断する為に、宿題として次回来るまでに何枚の仕込みが出来るか?もし順調なら追加分のタイルを送る事も出来るのね。何せ次回のお教室の予約が入ったから。もう1回お教室があるのはかなり大きいのね。出来たパーツの質も見られるし、是正も出来るし、何よりも1回分、

俺も仕込んであげられるから。いずれにせよ、いよいよスタートとなったのね。さてそんな後は、きょうもコーナン。

実は昨日、カルチャーの方から、下地を急きょ頼まれて、本来なら昨日一緒に彫れたんだけれど、慌てて行きたかった事もあり、その下絵が見つからず、クリスマスツリーのみで行っちゃったのね。所が慌てていた分、ぺきぺきを忘れて、かなり微妙に彫り残しがあり、それも直すのと

ただで転ぶのは何なんで、追加で絵馬も彫ったのね。これでひとまず彫るのは終わったから、後は切り抜いて、ペーパー掛けとペンキ塗り。
そんなこんなの1日で、現場にお教室に下地作りの3つをやったのは初めての事・・・何かバタバタ感はあるものの、何とか無事に終わった。

そもそも涼しくなったからと、現場が近いから出来るのであって、ちょっと前なら、現場で汗まみれって感じなんで、とてもお教室なんて無理だし、何よりも半日では、通勤で終わってしまうのね。条件に恵まれているのね・・・ただ雨ばかりだった事を除けば・・・。

いずれにせよ、3つは初めてだったんで、どうなる事か?と思ったが、何かホッとしたのね・・・。

この記事についてブログを書く
« ローラ親子教室 | トップ | リピータ―さん教室 »
最近の画像もっと見る

建築モザイク」カテゴリの最新記事