katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

リピーター小学生と新作2つ目のすみれ

2020-08-05 23:52:39 | モザイク教室

今日は午前にリピータ―小学生教室の3回目。後2回で完成予定なんだけれど、一応メインは終わったので、これでおしまいの方向なら後はバックだけれど、より欲張るのならもう1品的な感じ・・・って言うのもあり。ただ余裕は余り無いんで、

次回バックが3分の1まで追い込める位が限界なのね。ただ良い感じで頑張ってたのね。だからここまでは予定通りに進めたのね。ただ段々慣れて来ると、下絵の線に入ったぁって進めた時とは違って、ピッタリに切りたいなんて事になるのね。

そうなると、何度も切り直したりするから、時間が掛かるのね。ただこだわりのパーツになるからグレードアップになる。丁度この辺からが大きく変わる頃なのね。もう3回目となると何をするのか?どの位の時間が経ったか?とか、ある意味

余裕が出たりもする。しかもまだ2回ある・・・って気持ちもある。もしこれが後1回だと、後1回しか無いし、と追い込まれるけれど、まだ2回って言うのは余裕だったりする。だから今日の1回分は折り返しなんて事だとすると、余裕はあるし

余分な事も出来るし、まだ終わりを気にする事も無いし・・・何もかもが条件が揃っているのね。じゃ仮にこれが10回だったとするでしょ?そしたら倍やったってまだ6回。余裕しゃくしゃくって事になるでしょ?より良い作品ってこんな感じ。

ちゃんと理由があるのね。やはり制限だの期間期日が厳しいのと比べると、慌てないしせわしく無い。そんな事がグレードアップに繋がる。ただ悪い事は期日が無いと、その余裕が、場合に寄っては長引いてしまう事にもなるのね。

ただ明らかに狙って切る気持ちになった。この意識が出た時に大きな変換期を迎えるのね。ここが本気モードのスタート地点って感じ。そう考えれば、10回位の労作展の子達は、ここから倍の倍の時間を教えられるし、更に自宅でもやる。

それがあぁした結果を生んでいた訳で・・・ある意味当然の結果だった。またそれとは違って、大人の人達は余り時間が取れない中、何年も掛かってそれと同じような時間にする。例えば完成まで200時間とすると、それを短期間に夏期講習感覚

で終わらせる子供達と、200時間を毎月1回3時間を年間で36時間。そう考えると5年半位で完成する計算になる。そんな事で完成させた例として、高洲のサークルのナオミぃぃがいて、アトリエには一度も来た事は無くて、サークルのみ。

自宅でも恐らくやった事は無いと思うのね。そんな中でも、あのハワイの作品を作ったのは凄い事で、時間は掛かるけれど、誰にでもチャンスがある・・・って、継続は力なりの結果を見せてくれた作品だったのね。

逆に夏の小学生や労作展の子達のように、初めてだろうが、子供だろうが、きちんと時間を掛けて宿題ってハードルがあれば、あんなグレードを短期間で作れたりもするって結果もあり、その人その人の時間の使い方次第だったりするのね。

どちらも道は違えど、今日のように狙って切る・・・って意識になったここからが本気モードのやる気スイッチなのね。それまでは手探りな感じの進行が、ここからグレード意識に変わる瞬間だから、この先の時間をどれだけ持っているか?

これを元に考えながら見て貰いたいのね。

新作の花の作品の2作目のすみれ。花の大きさは500円玉くらいなんだけれど、こんな小ささでは、時間を掛けようにもスペースは無いわ、これ以上、細かくは切れないわとなると、限界なのね。そうなるともう3分の1位は終わっているのね。

じゃ下絵さえあれば、3.4日で完成してしまうのね。立て直しなんてする前に終わってしまうのね。つまり1つ目の花が全て・・・って事になってしまうのね。前回のバラは1輪。もう立て直しなんて無いし、それだけでおしまいなのね。

でもこれも同じで、1つ目の完成度が決まれば、その繰り返しになるから、1つ目が全てになるのね。それがもし畳1枚なんて作品なら暫定なんて花を作っても、その中の1輪なんて考え方で、立て直しも出来るけれど、たった3輪。そこに暫定?

どれもメインだから、これだけ見劣りする・・・なんて事にならないようにって感じになる。それが100輪なら、比べようが無いし、別に揃える事も大きな意味は無いし、逆に曲がったり枯れていたりはリアルにもなる。

それは手抜きとは違うのね。そうね、例えばスポーツの短期決戦のトーナメントのように負けたらおしまいの場合、1つも落とせないって戦い方になる。でも年間を通して100試合以上戦って優勝を決める場合、1度も負けないなんて有り得ない

のね。そうなると負けて良い試合は無いけれど、今後の事を考えた、若手の育成や、試して見たい選手の起用とか、色んな戦略が変わって来る。こんな考え方と一緒なのね。小物と大作では作り方も考え方も変わって来るのね。

更に建築となると、作る部分は大きくても、期限が決まっている以上、小物と感覚は一緒で大きな小物的になるし、例え5.60cmであっても、期限が無ければ、いつまでも時間を掛けられる訳で・・・。全く作り方は変わって来るのね。

ただ今回は5個揃う事は無いのね。みんなバラバラに別の人に渡る。ならば1つ1つリセットって考え方もあるが、血の繫がりがある人達に渡るのね。個性は個性で良いだろうが、統一感ってモノが欲しいのね。繫がりって意味で。

それをバックの白パールのガラスタイルで表現をする予定なのね。後は遺影の横に付くモザイクなんで、おふざけ禁止としたのね。ちゃんと・・・。真面目かっ・・・ってね。だからさっきの小学生のように追加キャラとかが無いのね。

お花を作ったら白いバックみたいに。それとパールにしたのは葬儀場のきらびやかさを意識したんだけれど、金じゃその人達の家の雰囲気を壊すんじゃ無いか?って事もあり、余り辛気臭いのも・・・って事でパールにしたのね。

そんな感じを意識して、こうなったのね。まぁここまで来れば時間が解決なんで、3つ目を調べ無いと・・・。

 


この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 運転免許の更新とペンキ塗り... | トップ | 久し振りにくじらがやって来... »
最新の画像もっと見る