katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

今日も金魚小物作品2点、蝶尾とらんちゅう

2013-11-07 08:02:42 | モザイク作家
朝、日高氏から連絡が来て土曜日、ユ-ミンママの掲示板の取り付けに行ける・・・
そんな訳で、ママに連絡すると、夜なら大丈夫となって、それを日高氏に折り返すと、

しばらくして日曜にしてくれないか・・・・と返って来る・・・そんな訳でまた、
ママに連絡して・・・・日曜の夜に変わった・・・フレスポ稲毛のお教室を終えてから。

いずれにせよ、何とか決まって・・・・かぐやのいる日曜の夜になった。

そんなこんなで始まった1日、そんな中、まずは先日忘れてしまったみどりの拡大コピ-から・・・・先日、Unidyの下地の時に行ったらお休みで・・・。

これが、これだけの回数行ってて初めて判った事があって、840mmを越えると、値段が
上がるんだぁ・・・って事。結局、2枚に分かれちゃったんだけれど・・・・

ただ、それでもここまで大きいと、拡大コピ-に限るのね。
そんな訳で、アトリエに戻って金魚の小物製作。実はいくらかやってあったので、

結果からすると、2日で3つ作れる・・・・そんなペ-スで進行・・・。



何だろう・・・・みんなに作って貰った時、俺がこの作り方を理解して、更に大きさを
小物である大きさ・・・これであったとしたら?・・・・

きっと楽々作れた事だろう・・・もっと簡単に・・・。ただね、あの大きさで、
あのウロコで・・・ただそのお陰で、あのグレ-ドになった。

これだと小物の扱いで、あれは大作・・・・

横に置いたカッタ-から判るように、そんな大きさなのね。
つまり、大きさから言ったら、みんなのはこの倍くらいなのね・・・つまり金魚の場合、

カッタ-1本だと小物で、カッタ-2本だと大作に見える事になる。
では、もっと掘り下げて見る・・・昨日のサンプルもほぼ同サイズ・・・ただこれなら、

同じ大きさでも、この金魚が高そうに見えるだろうし、、時間も掛かっているように、
見えるだろう・・・しかし、実はサンプルの方が時間が掛かっているのね・・・

それは自分の実力を出してはいけない・・・ってやっているから。
やるのは初心者で、それをマネしてやろうとするから・・・・

だから、押えて押えて・・・ってやると、これって出来るのかな?無理かな?・・・となり
その内に、いつしかとてもシンプルとなり、作る姿勢として、これ見て器用な人は

もっとアイテムを増やして、それよりも良く作ってくれるだろうし、逆に四苦八苦して
作っている人には、丁度良いサンプルに・・・って具合に、終わって見ると、

そのサンプルはその会場に溶け込んで、真ん中くらいの位置にある・・・そんなイメ-ジで作っているのね。そんな事を考えると、毎回頭の痛い話となる・・・

しかも値段もほぼ決められているようなものだし、常に新しいもの・・・となる。
これが小物とは言え、俺自身の作品となると、全力を出せる。

さぁ、見て貰おうかっ・・・ってね。この時点でさっきとは全然違う事になる。
さっきは素人相手に・・・って感じだが、今度は腕を買って貰うのだから・・・。

これが先生katsuと作家katsuの大きな違いなのね。しかも、小物だらけを置いて、
katsuとします・・・って展示販売になるでしょ?意地も張りたくなるでしょ・・・・。

これがkatsuの実力です・・・となるのだから。

前回のデザインフェスタでは、ブ-スの大きさからも、1点の作品の大きさも、
4.50cm程度となった。けれど今回は、会議用のテ-ブル1つ分。

当然、作品のサイズも変わって来る。けれど良く考えて欲しいのは、作品の中身は2倍。
外見は4.5倍って事なのね・・・・。ほら難しくなって来た・・・。

前回は3日を目安に作った感じで、今回は1日1.5個・・・。

もっと難しいのは、金魚の生体ならきっと、らんちゅうのが高いだろうけれど、
作品の大きさもみんな同じくらいで、見る人はどう感じるんだろうか?・・・・

そんなこんなで、じゃ値段は?・・・となると、前回は売れる値段は付けていなかった。
そうね、会場の中の値段としては高かったと感じただろう・・・と思われる。

売る為に媚びる・・と言うよりも、いかがですか?・・・そんな感じで・・・。

じゃ今回は?みんな目当てなのは生体だと思うのね・・・しかも何万もするものも買うような人達がお客さん・・・ただね、それだからって構って貰えるか?となると、

購入して頂くには、相当気を引かないとならない。えっ?・・・何これ?ってくらい。
何しろ金魚な名前をすべて知っているような人達とは言いつつも、モザイクを知っている

とは限らない。いかに目を引くか?なのである。ただスペ-スとしても小さい・・・
ここも考え所なのね。そんな事も色々と考えつつ・・・となる。

作り手が作りっ放しのみ・・・それは大先生のやる事。俺は手売りなのね・・・
企画、営業、販売、発送・・・制作だけじゃなくて、すべてなのね・・・

売る事も考えないとならないのね・・・さてさて、どうするかね・・・?今回は。
そうね・・・所詮小物なんだから・・・小物価格になるんだろうね・・・小物。

いずれにせよ、イメ-ジとしては、いつかあそこで売ってたんだ・・・昔・・・
買って置けば良かった・・・そう思って頂けるような・・・そんな感じかな・・・。

少なくとも、ここの前を素通りされないようにしないとね・・・あはははは、これじゃ
いつもと同じかぁ・・・。変わるのは制作時間だけじゃん。


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« キウイ教室と小物作品の数々... | トップ | 今日はオランダシシガシラ »
最新の画像もっと見る