katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

りくおぉぉぉぉう教室

2019-09-04 07:24:52 | モザイク教室
今日は陸王教室。レゴ、イカ2と2人が完成している中、一番不安要素たっぷりなのは陸王。前回、前々回の進み具合で俺との温度差を感じたのね・・・まずは前々回、どんな感じ?の質問に結構自信ある・・・って答えたんで、期待すると・・・質は悪く無いが進行具合が良く無い。

そこでそれを伝えて、前回、しかしながら、この辺まで終わっていないと今後はもっと厳しくなる・・・それは終わる保証は出来ない。と今までには無い厳しいタッチで・・・伝えた今日、一体どうなっているのか?不安はありつつも、どんな感じ?と言うと、今までに無い位、やった・・・

おぉ、そりゃ楽しみだ・・・ってアトリエで開いた瞬間、ヨシッ・・・そうこなくちゃ。まず質うんぬんじゃなくて、終わる方向にあった。その確認が一目瞭然だった。それじゃ質の方を・・・うん、慌てて無いし、かなりボンドだらけではあるが、こりゃ相当やったな・・・って感じ。

そうなのね・・・最初は理想を聞いたり、趣味趣向だったり、何しろお互いに慣れるまでは、道具や材料、環境に馴染むまでは・・・と遠慮もある。しかし、お互い本気で終わらせたい・・・の目標は一緒だから、すぐに馴染んで来るもので。それが折り返しの5回くらいなのかな?

その位から、質を上げるテクニックみたいな話になったり、制作日誌の話だったり、ただ終わらせるじゃ無くて、どう着地を迎えるか?の指導、そうこの辺から難しい事を言うようになるのね・・・しかもこの辺までの宿題も慌てて進むよりも美しいかどうか?だからね・・・と言って来た。

ただ、後半に入ると、ラスト1回は目地のみだから張る指導は出来ないから、実質は4回となる。しかも張り上がりの出来栄えチェックは出来ずに目地になるのだから、不安を抱えた最終回はお互いドキドキなのね。そんな中、いきなり6回目が5回目と過ごし方がガラッと変わる事なんて早々

有りゃしないから、ちょっと多い時間をやった・・・って感じなんだろうね。例えば30分や1時間増やしたってね。だからこっちもそこは増やした事をそうなんだ・・・増やしたんだぁ・・・と相づちを打つ程度に留まるのね。ただ7回目あたりから、そろそろスピードが必要になるし、今の

現状を把握させないとならないんで、今どんな感じ?・・・このペースで終わるかな?って自覚をする作業に入るのね。この辺からズレが起こるのね。何せ彼らは今までよりも増やした意識、俺はそれを見てからじゃないと何とも言えないから、それを見てからだと1回分ズレる。

それが最終日は判りやすく、張り終わらせて・・・って言うから、張り終わらないと目地は出来ないのね。つまり最後は判りやすく、終わらない事は誰にでも判る。その時に、ヤバイかな・・・と仕切り直ししている子は、6回目に大きく変わって進んだりするんだけれど、中々そんな事は、

マレで、そんな事はめったにないから、結局6回目の終わりに次回がヤマになる・・と伝えるのね。それは本当のヤマでは無く、意識改革って意味でのヤマなのね。この7回目の時に大きく変われば、持って来た時の進行具合は期待出来るが、ドラマチックに更に3時間増やした位にならないと

また30分位増やしても何にも変わらないのね。そんなこんなの8回目となると、もうこっちも言い疲れしてしまうし、逆に9回目なんて言う事は1つも無くなり、後は良しなに・・・ってもう時間が解決する事ばかりであって、終わるまでやりゃ良いだけ。誰にでも判りやすいのね。

だからそうなる前に、行事、他の宿題、クラブ活動、その他・・・色んな情報が知りたかった訳で。それが純粋にモザイクを習いに来た中学生って言うのなら、技術のみを教えれば良いが、慶應の労作展の指導となれば、そこに合わせた指導になり、進学塾のような結果が求められる。

ただね、どの人も初めてであっても、労作展に耐えうる作品を作りたい訳で・・・全てそれを判った上で、お受けしたのだから、ただ終わる事だけではダメな訳で・・・とは言え、最後はその子次第なのね・・・でもね、何かしら言わなきゃならない時が来るもので・・・。

けれど、レゴは初めてだったけれど、割と近く通う時間が短縮された事や、早めの始動だった事や、色んな条件が思いのほか、揃っていた事もあり、すんなり終わった。またイカ2の場合は2年目なんで、早めにお互いが言いたい事をすり合わせられたリした事もあり、ここも問題無く

余裕を持って終わったのね。そんな中での陸王は、確かに途中に行事が入って出来ない時間があったりしたが、そもそも美術芸術に縁が無く、お母さんもウチの家系には・・・ってお手上げな言い方をしていたのね。それなら尚更、切羽詰まったような事はさせたくは無いし・・・。

しかももし、そんな事になったら?完全に取っ散らかるのは眼に見えている・・・折角のグレードが台無しになってしまう・・・何せこのままの仕上がりで完成するのなら、誰が見てもまさか美術が苦手な子がやったとは、お釈迦様でも思うまい・・・って完成度。

何としてもそれだけは阻止しないと・・・って事で、前回のハッパの掛け方は、多少嫌われても仕方無いな・・・って気持ちになりつつ、言っている方も、若干へこみがちだったのね・・・・あんまり気分の良いものでは無いのね。でもね、やはり終わらないと・・・。

そんな今回、やってあった・・・しかも相当やったはず。きっと今までの自宅の制作時間の中で一番やって来た・・・更に言えば、俺が相当やって来たって思えるのだから、1度や2度は深夜に及ぶ時間帯を過ごしたはず・・・。良くここまでたどり着いたのね。

もう普通の時間で大丈夫・・・そして次回が目地をして完成の日。これでまたアップの子が1人・・・。そんなこんな後は、息抜きに観葉植物屋さんに言ったのね・・・割と近い場所にかなりの品揃えの店があって・・・ただ余りにも本気なお店で見るのは良いが、買うのは撃沈。

そんな訳で、身の丈って事で、ホームセンターのはしごをすると、コーナンが凄い事になっていたのね。それは多肉植物やらエアプランツやら、メチャメチャ品揃えが豊富になってて、しかも俺のような素人でも手に入れやすい価格・・・完全に野菜コーナーの場所からの変更。

こんなに広く使っているのを見た事が無いから、きっと店長流行りと見て勝負に出たのかっ・・・そんな感じ。そんな中、本当はコウモリランって言うのの壁掛けが作りたいのね・・・良く判らないんだけれど鉢植えの方が安くて、ただ壁掛けはお洒落なのね・・・。

それを作って見たいんだけれど、果たして鉢植えを買って、壁掛けに出来るのかどうか?・・・何と無く水苔とか、スポンジとかにくるめば、何とかなりそうだとは思うんだけれど・・・若干ビビッて、もう少し調べてからにしようかな・・・って事にして、安全な所で帰宅となった。

そんな中、かぐやから豪雨のお知らせ・・・早めに帰るか?そこに止むまで留まるか?って感じです・・・って。結局、ここは左程降らなかったけれど、ニュースで激しく降ったって場所があって・・・何だかもう俺の知っている日本じゃ無くなって来たな・・・ってビックリ。

この記事についてブログを書く
« リバティさんと現場からの久... | トップ | キウイ教室 »
最近の画像もっと見る

モザイク教室」カテゴリの最新記事