katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

オ-ドリ-教室と金魚のマグネットのサンプル

2013-10-06 00:43:15 | モザイク教室
朝、電話が入ったのね・・・・誰かな?・・・・登録なしの携帯・・・・
すると、それは監督のお母さん。どうやら近所に来る用事があるので・・・・と、

わざわざご挨拶にいらして下さるらしいのね・・・・誠に有難い話で・・・・。
今年は教室が重なって、結局労作展には行けず・・・最後に会う事が出来なかったので、

おめでとう・・・の言葉も掛けられずじまい。とても残念な終わり方だったが、
お陰で言うチャンスを頂く事になった。

そんな事があってのオ-ドリ-教室。ただね、最近仕事が忙しい事もあり、体調も
崩しているみたいで、正直良く来たね・・・って感じで、とても絶好調とは思えない。

しのいでいるんだろうな・・・そんな感じで、楽しいって感じからは程遠い。
先人の弟子のかぐややさくらなら、きっと良く判るだろうが、1つの理由として、

こんな事も考えられる・・・・つまり刺激が無い・・・・?それか、逆に安定感が無い。
もし刺激と言うのなら、最初始めたばかりの時は、出来たぁぁで楽しかった。

それがいつしか上手くなった・・・・思うような作品も出来るようになった・・・・
しかも大作を作って弟子にもなった。更に毎月1回、人に教える事もしている。

本人はドラマチックに成長しているようには思えないだろうが、人から見たら変わった事も、いつしか慣れてしまった・・・・そうなると、日々の繰り返しは飽きて来る・・・

だからこそ、その身に付けたものの発表の場所が必要となる。作品と言うのなら、見せる
場所、指導と言うのなら、個人のような規模は毎月あるのだから、団体のようなもの。

そんな事が必要となる。ただ、もう1つもし考え方が日高氏なんかと一緒であるのなら、
作家katsuが好きなのだから、みんなで作る・・・そんな仕事が必要となる。

それが一番難しい事なのだけれど、恋愛で言う所の、永過ぎた春の比喩のように、
待ちくたびれた・・・そんな状況とも考えられる・・・。

こんな事が日々の忙しさに加わっていると考えられる。更に、もしそれはそう簡単では無い・・・判っている。そうでは無くて、来る人の作品の熱意をブログから読み取る事が

出来れば、出来るほど、温度差が出来ている・・・・今新しい生徒さんが体験教室の1回きりでは無く、続いている人達が何組も出て来た。

しかも見る見る上手くなり、楽しそうでもある。思い起こせば自分にもそんな時代もあった・・・・と振り返ると、今の自分は楽しく取り組んでいない・・・そんな気持ちにも

なるだろう。もしそんな状況なら、かぐやとさくらが今まで味わった気持ちで理解出来る
・・・さくらの場合なら、距離感はオ-ドリ-と同じような距離である。

毎月定期的に来られる距離だが、仕事をしていて休みの日にしか来られない。
だから手伝うにしても休みにしか出来ない。ただ、さくらの場合は自信が無い・・・・

そんな理由も大きく、ざりがに教室なんてあだ名の由縁はそこにある。
いずれにせよ、気持ち的には、来たくても、やりたくても・・・そんな気持ちになる。

逆にかぐやの場合、大阪である。物理的に今すぐ・・・そんな距離では無い。
だから近い人は羨ましい・・・そんな表現になる。上手いと言われてもね・・・・。

かぐや以外にも、遠方からのご夫婦だったり、今月いらっしゃる九州の方だったり、
海外在住の方だったり・・・遠い人達には、そんな話をちょいちょい聞く。

だから、来た時の喜びは全く違ったりする。じゃ、もっと近くにいて手伝いも頻繁な、
キウイやタピオカはどんな気持ちだろうか?と考えれば、近くは大変なんだよっ。

痛さも伝わるのが早いし、良い事もあるけれど、どちらかと言うと、売れるまでは
支える時間は楽々じゃない・・・・きっとそんな気持ちだろうとも思われる・・・。

俺の側にいる人達って言うのは、大なり小なりこんな事を抱えているだろうと思われる。
続いている人達って言うのは、それらも含めて付き合ってくれている・・・・

そりゃ一番年下のオ-ドリ-では、お母さんでは無いし、理解するのは難しいかも知れない・・・ただ1つ言えるのは、かぐやは近くは無くても、営業から事務まですべてを

やっている。俺は後姿を追わせようと思うのね・・・お前と同じ弟子の先人は、
こんな事をやっている・・・ってね。だから、今月急きょ来る事になったかぐやの日に

ちゃんと来いよ・・・遠慮せず・・・と、少しでも感じ取れるように・・・と会う事を
勧めた。すぐに結果が出るようなものを目指しているのでは無いのだから、楽では無い。

けれど、どうして続けられるのか?どう思っているのか?もっと言えば、意識していないが
、私に今、何が起こっているのか?・・・そうかぐやに聞いて見ると良い・・・・

きっと先人もそうだった事を聞けると思うのね・・・そこから抜け出すきっかけを掴めると良いと思われる。孤独が良い事もあるが、孤独は深みにはまると志を虫食むからね・・

どうせ・・・まっ良いか・・・仕方ない・・・、ほぼ言い訳にしか聞こえないセリフ。
まだ意識しているのなら良いが、別に私はそんなじゃない・・・と意地を張ったりすると

意固地になりやすいし、そうなると取り返しの付かなくなる結果にも繋がって行く。
まっ、オ-ドリ-の場合、素直がとりえだから、そこまでは無かったとしても、

恐らく今は迷路みたいな場所にいるはず・・・・何か楽しく無いけれど来ました・・・
こんな感じだと思われるのね。俺の弟子できちんと向き合って来た・・・顔見りゃすぐ

判る。一番良い時からは見劣りする顔している。日々で疲れただけじゃない。
良い例は、疲れたぁ、疲れたぁ・・・って言う奴に限って、明日はゴルフ、今夜は飲み会

って自分の好きな時間は、すっ飛んで行くでしょ?あれあれ。今のオ-ドリ-はモザイク
じゃない場所へ行ったとしても、気力や気迫は感じられない・・・・しのいでやっている

そんな感じ。良くしのいでいる。何とかしてやりたいのは山々だが、側にいる俺では無く
遠く離れたかぐやだと思われる・・・・きっと。

売れていない俺では、説得力に欠ける・・・それなら支える側の気持ちは支える人に
聞くのが一番と考える・・・。いずれにせよ、カギになるかな・・・今回のかぐやは。

そんな中、監督とお母さんがいらして・・・・、おめでとう、良かったね・・・って、
言う事が出来たのね。こんな時、こう思うのね・・・。

さっきの話と言い、監督と言い、子供なんていないし、向き合うって大変だけれど、
こうして良い事もある・・・・俺1人で生きているなら、特に何も起こらない・・・・

本気で向き合って良かった・・・・有難うって本気で思う。何かの役に立てて良かった。
そんな気持ちが正直な所である。

そんな帰り際に、お母さんに・・・・katsuさん売れて下さい・・・楽しみにしてます。って言われた・・・・だから、待たせるけれど、待ってて下さいって答えた・・・・。

必ず良い所見せますから。・・・と。また1人、期待して下さる人が増えた・・・・。
有難い話である。しかしね当然、プレッシャ-にもなる・・・・けれど、プレッシャ-を

掛けられるだけの人になっている・・・そう言う事でもあるって事になる。
やりがいや生甲斐に繋がるので、誠に有難い・・・期待に副えるように毎日やるしか無い

そんなこんなで、見送りして、金魚サンプルを作ろうとすると・・・・1つやりたいって
言うので、オ-ドリ-にやらせて見た・・・・



黒は俺で、黄色がオ-ドリ-。好きにやって良いですか?って言った時に、モラルも倫理も
無くなるだろうなぁ・・・って思ったが、やはりサンプルにならないのを作りやがった。

全くもうぅぅ・・・・何を楽しんでいるんだかっ・・・って感じだが、さっきの話を
考えると・・・・まっ良いかっ・・・にした。

何しろ自分からやりたい・・・って言ったのだから。そんなこんなで早めに上がったので
俺は作品作り。

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« リピ-タ-さん教室を午前、午... | トップ | リピ-タ-さん教室のダブルヘ... »
最新の画像もっと見る