katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuくんの日記

村人の母のDIY教室の仕込み

2018-05-15 23:22:19 | DIY
今日は例の未就学児の母で、許可を貰って彼は村人ってハンドルネームとなり、そうなると村人の母となり・・・村人の母はDIYの為の仕込みが始まった・・・ってそんなお教室でね、先日は村人の為のDIY仕込みで、これからは村人の母の為のDIYの仕込みって事なのね。

ちなみに2つともに洗面所の正面に使う仕込みなのね。それが宿題として切って来たのを張ったんだけれど、これが初めてにしては上出来で、しかも結構な量をやって来ていて・・・更に言えば、旦那さんも頑張ったらしいのね。もう言う事無しなのね・・・何もかもがね。

だって家族ぐるみでのDIYなんて、中々出来る事じゃないし、出来上がりもこのグレードなら、満足度も上がるだろうし、何よりも楽しそうなのね。
そんなこんなで全力で張っていたんだけれど、張り切れず残ったのね。本来は張る方が早いから、切る方が余ったって事だから、いかに切ったか?・・・

それだけでも良く頑張っていると思うのね。そんな中、今週末にいよいよ現地へ出張教室なのね。そんなお教室の後は、デイ・サービスの下地の準備と、来月用はどうするか?・・・をかぐやと考えていると、何と無く・・・そう何と無く、後向きじゃなくて、本当に200枚彫るべきなのかなぁ?

って話になって、何か決定力不足なんだよねぇ・・・・って。ただ昨日のブログを見たらしく、バックチャームはまずまずだと思うけれど・・・って。だよなぁ・・・まずまずって感じだろっ?・・・ん・・もっとグッと来る感じが欲しいんだよねぇ・・・・。そんな話をしている中、かぐやにはチャームの

金具を探して貰って、そんな中、アトリエ内を物色していると・・・こんなの昔使ったよなぁ・・・って材料が出て来て、更に今までの下地なんかと合わせたりしたんだけれど、パッとせず・・・やっぱりこんなんじゃなくて・・・そもそもが、何がどうしたいか?って言うとね、発見みたいな話・・・。

例えばね、研究者って来る日も来る日も、ずぅぅぅと実験の連続だと思うのね。それは俺も同じでこれでもか?って位、試しているのね。それでね、そんな人達は成功の数よりも失敗の数の方が多いのね・・・きっと。つまり言い方を変えると、成功したい・・・じゃなくて、同じ失敗をしないように・・・

であって、違う失敗になれば、1つそうでは無い事を発見した事になると思うのね・・・そうね、失敗を発見したって感じかな?となると、例えば1000あったとして、1つ失敗したとしたら・・・後999になった事になるでしょ?そうね・・・成功を探すって言い方があるのなら、逆は失敗を集める・・・。

そんな反対な言い方でも、考え方は大きく外していない気がするのね・・・そもそも成功を探しに行って見つかるのなら、そんな人はそうすれば良いと思うのね。ただやり方が消去法なら、そうでは無い事を消して行くと良い訳で・・・。

そんな中、ならば検証なのね。今までどうだったか?・・・って。つまり今の所の下地のエースは木を彫ったスタイルの下地で、モチーフを考えて、デフォルメした絵を彫って・・・当然大きく手間が掛かって大変なのね。しかしその分、初めての人でも輪郭がしっかりしているから、クラッシュを入れても

中々の仕上がりになったりするが、そもそもが可愛く見えても、いざやると実際は難しかったりする。そんな感じ。そしてこの下地を気に入ってくれた人はどんな感じ?って思うと、そのものの完成が欲しいのか?それとも作る事が好きなのか?となった時に、作る方を重視の下地なのね。

これを逆の発想で、その完成の魅力だけで引き付ける事が出来たとしたら?・・・素早く簡単で、作っている今が楽しい・・・じゃなくて、完成したものを持ち歩いたり、使ったりする・・・って楽しみ方であって、今までの発想とは正反対みたいな感覚だったりする・・・。

そんな事が逆転の発想じゃないのかな?・・・・となり、しかも、その提案を俺だけじゃなくて、かぐやだけじゃなくて、意見の違う者が、良いかもぉ・・・とならないと・・・が理想なのね。だから、2人共見た事無い事・・・になる訳で・・・。それが良いって事になるとは限らないけど・・・

そんな中、今までやった事の無い事で、しかも実は全てが新しいのでは無くて、今までやった事が悪く無く、ほんのちょっと違っていた・・・そこを何か工夫なんてたいそうなものじゃなくて、えぇぇぇこんだけの事なのぉぉぉ?・・・って、こんなセリフが似合うもの・・・そんな事が欲しいのね。

そんなこんなで、色々見せてもかぐやの喰い付きは悪く・・・何か無いかなぁ?・・・って。ただね、さっきの彫る下地が200枚いるのかな?は、全体を減らす意味じゃなくて、他の何か?に切り替えて見るのはどうか?って意味で、縮小の意味では無く、きちんと前向きなのね。

すると、こんな事で良いのかなぁ・・・って、やった事が、何かちょっと良く見えて・・・画像を送ると、今までに無い反応が来たのね・・・。これかぁ?っ言うと、これですぅぅって。そこで色々と工夫すると、ほぼ決定となり、それなら材料調達って事になり、外を見ると大家さんがいて・・・

こんな下地を量産したいんだけれど・・・って言うと、機械でスイスイって作ってくれて・・・なるほどね、そう作るのね。って見せて貰ったんで、
まだ量産する時の為の準備はしたのね・・・いずれにせよ、昨日作ったバックチャームと同じ下地の量産なのね。

それが良いタイミングで明日は高洲のサークル・・・どんな反応が見られるか?ちょっと楽しみ・・・。
ジャンル:
習い事
コメント   この記事についてブログを書く
« 車検とみどりとお姉ちゃんの... | トップ | 高洲のサークルとデイ・サー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

DIY」カテゴリの最新記事