katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

トラックの玄関ポーチ終了

2021-07-10 07:45:02 | デイ・サービス

今日はかぐやの最終日。そんな中、トラックの玄関ポーチの会社さんから連絡があって、引き取りに来て下さるとの事。そもそも全国展開の運送会社さんなんで、会社の方で運んで下さる話になってて、それが今日って事になったのね。

朝早い連絡だったんで、かぐやの送迎前で良かったのね。そんなこんなで、10時過ぎには積み込みが終わったんだけど、何しろ2階からの手降ろしは、重くなっているから結構大変なのね。ちょっと息切れって感じ・・・。

そんな中、完成の図面ぽい画像を張っていたのを見て、ドライバーさんが、こうなるんですか?・・・凄いですねって。そうね、確かにこの大きさの玄関ポーチのモザイクって、そうは見掛けないかもね・・・。

そうね、それとコピー用紙で凄く見えてくれたのなら、本物はかなり迫力あるからね・・・取り付けられるのが楽しみなのね。そんなこんな後で、かぐやを送って・・・日常に戻さないと・・・って、デイ・サービスの下地の準備。

ただ気を張ってた分、そう簡単にいつも通りに元に戻すのは難しいのね。こんなのも気分なんて話なんだけれど、大きい仕事は金額も張るし、間に合わせないと・・・って追い込まれる。勿論、デイ・サービスのように毎月の話だって、間に合わせないと・・・

ってのは、一緒なんだけれど、繰り返しって経験値は、10枚を彫るって行為は慣れで、ある程度経験値で時間も計れる。だから困る事があるとしたら?ホームセンターでの場所の確保くらいなもの。これは彫る事だけの悩み。

これが根本的な悩みは、何をやるか?それを考える事の方が大変なのね。いくら素敵な事を考えたとしても、果たして時間内にお年寄りの人達が出来るかどうか?そして去年とは被って無いか?とか、常に考える事が大変なのね。

ただそれも何とかいつも逃げ切っているので、落し所は判っていたりもする。所が建築がらみのモザイクは慣れるって程の経験値は少なく、常に緊張感の中で終わらせていたりする。その理由の1つは、簡単で楽な方を選ばないから。

常に美しい方を取れば、時間は掛かるし、時間が掛かるって事は、予算は増えないのだから、手間が少なくなるって事になる。それでもモノは残る訳で・・・しかもタイルは丈夫なもの。つまり楽をすればラクが残って行く事になる。

本当に凄いモノって言うのは、後々必ず振り返られる事になるもので・・・その振り返られた時に、katsuの作品に見える事をしたかどうか?なのね・・・常に。でも綺麗事だけでは生きられないから、そこら辺の葛藤の中での制作になるのね。

まぁそう言う点では、爪痕は残せた仕事にはなったと思うから、問題は無いんだけれど、どうしても明日、明日って前を向き過ぎると、余裕は無く、果てしなくなる。しかも日常に戻る時に、大作と比較すると小物って事になる。

真に厄介なもので、そうね、例えば成功したい・・・と、売れない芸人や役者、スポーツ選手は明日を目指すのね。当然結果が欲しい。でも結果を残すには、舞台へ試合へ出ないとならない。けれどそんな機会はそうは無い。

そんな中、気持ちの折れる奴は準備を怠るし、諦めたり、ふてくされたり、誰かのせいにして、時間を過ごしたりする。所が成功する奴ってのは、常に準備を怠らずに、いつ何時でもチャンスを伺うし、諦めないし、何しろ常に狙っているもので。

そんな中、どんなチャンスかは判らないけれど、必ず何かしら廻って来るもので・・・。その時に仮に結果を残せたとしても、次が必ず来るとは限らないのね。例えばただの代役なら、元の人が戻れば単なる繋ぎだし、また元通りになる。

勿論、日常の予定調和に飽きた偉い人が、気の迷いで使っただけなのかも知れないし、誰かの刺激になるような、当て馬的な使い方だったのかも知れない。いずれにせよ、そう簡単では無いのね。しかもその繰り返しすらも慣れてしまうのね。

ベテランなんて年数を重ねるとね。ただね、それでもまた日常に戻して、またの機会に備えないと・・・となると、気分転換は欲しいが、遊ぶなんて余裕は無いし、その気分転換が、依頼品じゃ無い自由な作品って事になるのね。

ただその自由がとても苦手で、一体何を作れば良いんだ?って考えてしまうと、また一歩も動けなくなるのね。ただその時に、下地を買っちゃったんだから・・・と半ば強制すると、手狭な場所には必要無いものだから、何とかしなきゃになる。

まっ、自由だろうが不自由だろうが、あんまり俺には関係無い話なんだけれど・・・それでも気持ちの切り替えなんてものは必要なのね。と言う訳で、トラックの玄関ポーチは俺に出来る事は終わったのね。

 


この記事についてブログを書く
« トラックの玄関ポーチの梱包 | トップ | デイ・サービスの下地作り »
最新の画像もっと見る