katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuくんの日記

みどりとくじらの相席教室と色んな報告

2018-07-07 06:34:13 | モザイク教室
今日はお教室と言うよりも色んな報告・・・って感じなのね。まず1つ目は既に軽く触れていたんだけれど、実は発表して良いのか?悪いのか?がはっきりしなかったんで控えていたんだけれど、どうやら公になったみたいなんで・・・それがくじらが俳句で賞を取った・・・そんな話。

ここに来てから数度落ちた事も聞いていて、悲願の受賞だったのね。そんな事もあって、みどりと一緒に良かったね・・・っておめでとうが言えたのね。
ただ、実はそれだけじゃ無くて、俺も2月末の締め切りで、みどりが見つけたTokyo Tokyo FESTIVALなるものに応募したのね。

それは自分の企画をエントリーするもので、当然作家なのだから、こんなものが作りたい・・・なんて事を言いそうなものだが、先生としても活動しているので、みんなで作る・・・ってスタイルで応募していたのね。それが6月に発表って話だったんだけれど、どうやら伸びていて、数日前に発送みたいな

表示がホームページに出た・・・って話で、かぐやには昨日来るんじゃないか?・・・と言われていたが、来なかったので恐らく今日だと・・・。
そこで確認が取れ次第、かぐやと電話を繋ぐから、そしたらそれから開封するから・・・って事にした。

そうじゃないと、常に遠くにいる奴は不利な事ばかりになるから。良くも悪くも一緒な・・・って意味でも。そんな訳で、俺の郵便が来るまでは、くじらの受賞の近況の話だったり、そんな事があった時の反応、反響、その時の心持ちやらの話になって・・・。

良く、負けて得られるものがある・・・なんて話を聞くが、確かにそれも一理ある。しかしながら、逆に言えば、勝たないと得られないものも反対にあると言う事でもある。しかしながら、大抵はほぼ負けた側に行くもので、勝つ難しさは当然なんだが、本当に問われるのはその後の心持ち。

人は嫉妬だねたみだ欲望だに引っ掛かると、かならず夜叉になる。そしてそれを知らずに昨日のまま生きれば、必ず大きな間違いを起こす。しかしながら、変わったのは勝った人がいて、負けた人がいて・・・ただそれだけの事で、けれどそれ1つが大きく明日からの人生を大きく変える事もある。

ここまでは簡単な話だけれど、実はそんなに簡単なものでは無く、実はもっともっと根は深く、それに気が付かなければ、どうしてこんな事になったんだろう?とまるで、何も変わっていないのに・・・なんて勘違いをしてしまう事がある。それは違うのね、何も変わらない場合は、負けた場合なのね。

負けた場合、自分が何も発信しなければ、人に知られる事も無く封印も出来る。がしかし、公になるような勝ちの場合・・・つまり受賞なんて事になると、その規模にも寄るが、テレビ、ラジオ、週刊誌、月刊誌、専門誌、新聞、今ならネット・・・と、その規模にあった発信がある。

そこには紹介として住所や電話が乗れば、当然連絡があるかも知れないのね。ただそこが問題で、俺の場合なら仕事にしたいのだから、全部オープンになっているから、全てを受け入れる状況であり、例えばかぐやの場合なら、受賞しても住所も電話もオープンにしていなかったから、見付けようにも難しい

が、くじらの場合、俳句と言う分野の確立しているものでの受賞なんで、当然面が割れる。だから句会に行けば当然、さらされる事になる。昨日までは一会員だったが、今度は受賞者・・・あの人だよ・・・って事になる。つまり見られる可能性が高くなった事になる。

受賞した人におめでとう・・・と言う人は沢山いるが、それなら俺もそれは言うけれど、この後の生き方は心持ちが大事になるよ・・・ってな話をした。当然、続ければこの賞だけなら、いつか飽きられる事もあるし、一発屋なんて言う言葉が世の中にあるのだから、残酷なものである。

そうは言っても、中々その一発も出ずにいる人の方が多いのだけれど・・・・いずれにせよ、取った事の無い側では無く、取った側に来た・・・つまり知らなかった側に来た事になる。自分は変わらない・・・と言い張っても人は変わる事を知っていて欲しいものである。

そしてこんな話をくじらに言ったつもりだが、みどりに聞かせられたのはそれはそれで収穫でもある。それはいつか自分も人よりも上に見られる立場になった時に、そんな事に巻き込まれる事になる・・・ってお知らせになったのだから。

さてそんなこんなで、合間のような時間で、みんな少しだけ手を動かして・・・俺の郵便待ちとなる。


そんな夕方、今日は来ないのかな?・・・と最後に見に行くかぁ・・・って行って見ると、あったのね。そこでかぐやに繋いで・・・


残念ながら落ちたのね。ん・・・・そっかぁ・・・これじゃ無かったかぁ・・・正直、これが決まれば先の展望が見えたのになぁ・・・中々、神様ってのは手強いもんだなっ。ただね、師匠だ先生だってのをやると、こんな時の姿勢が問われるのね・・・。

要するに落ち込むのは誰でも出来るが、こんな場合、どうやって立て直して、どうやって切り抜けて、どうやって次に向かうか?みたいなものが問われる。要するに後ろ姿を見せる・・・って言うのはそんな事であり、良い事だけを伝えて行くのが正しいとは思わないし、こんな事があって・・・って

過程も見せて行くから、タイトルが、まるはだかぁ・・・な訳で。いずれにせよ、ダメだった事は何か?って言うのは未来の展望なだけで、近々の話であれば、夏は問題無く過ごせるのだから、その資金で1つ位は、何か仕掛ける位は出来る・・・何にしようかな?なのね。

いずれにせよ、落ちた姿を見せたのが、受賞のくじらに弟子のみどりなら、落ちたかぁ・・・って姿を見せても気が楽でもあったのは、救いでもある。これが1日ずれれば、ご新規さんだった訳で・・・そこは助かったのね。

そんなこんなで、明日からの立て直しの1手は決めてあるんで、かぐやと相談。
ジャンル:
習い事
コメント   この記事についてブログを書く
« イカ2とお兄ちゃんの中学生兄... | トップ | ご新規の小学生姉妹教室と色... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

モザイク教室」カテゴリの最新記事