katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuくんの日記

キウイとお母さんとリピーターさん教室

2018-06-08 07:40:41 | モザイク教室
今日は、キウイとお母さんとリピーターさん教室。ちなみにリピーターさんは、秀樹ファンのあの方ね。それがこの方、今日は話題が満載で、まずはこれ。   
  

例のあれなのね。ご葬儀に行ったらしいのね。本物のファンなのね。ちなみに献花に四時間位掛かったらしいのね。かと思えば、今度はこれ。お土産貰ったんだけれど、良く見ると・・・・なんて


朝ドラの文字。そうなのね、岐阜に行ったらしいのね。岐阜と言えば、タイルのメッカ。何とタイルミュージアムに行ったらしいのね。それで益々刺激を受けたらしく、アトリエの作品を

見る眼も最初とは変わったと思うのね。そこは詳しくは言わないけど、要するにアトリエにある作品が、そこにあっても遜色が無いように見えたと言うのなら、完全に気持ちが具体化したのね。

最初は凄いと言う憧れ、何故なら技術は判らないから、何と無く。しかしながら、それでも凄いと思った。つまり感みたいな話。それが公の立派な施設でモザイクを見て比較したんだろうね。ここにあるモザイクと立派な施設の中のモザイクをね。

そしたら、要するに見劣りしなかった。そう判断したと言う事。そして今は習っている訳で。わずかであっても、技術を知った上での話なのだから、憧れから尊敬みたいな眼に変わったんだろうね。判らないながらも。

だから、アトリエにある作品を見る眼が変わったのね。そんな相席は生キウイであり、生お母さんなのね。あはははは。そりゃ、意識が変われば同じものでも違うものに見えるのね。だって、嘘が無い。この人達が作っているのだから。そして自分もそこで習い始めている・・・・。

問題はここから。そこで萎縮になるのか?私も作れるようになりたいか?ただそれだけなのね。そして、萎縮すればそんなにやりたい訳じゃ無くて・・・みたいな感じになり、なりたければ、時間を今より増やせば良いだけの話。勉強だって、スポーツだって、勿論モザイクも同じ。

ただ、始まったばかりなんだから、慌てずにやりましょう。って話なのね。そんなリピーターさんに素晴らしく見えた2人は・・・・


こんなだったりする。まぁ、何処に出しても平気なようには教えているつもりだけれどね・・・。いずれにせよ、やる気が増したんなら、それは悪い事じゃないし・・・ようこそこっちの世界へ・・・って話なのね。あははははは。

そんな中、くじらからメールが来て・・・・昨日の新たまねぎ話で1句。

新玉葱聖書をそっと開きたり・・・って。それを先生が添削してくれたのが、玉葱の確かな重さ嫁ぐ朝・・・って。これ棟梁にだってさ。気持ち入ってるのね・・・これ見て、棟梁朝から大泣きだわっ・・・あははははは。くじら、有難うね。

ジャンル:
習い事
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 棟梁とリピーターさんにくじ... | トップ | みどり教室とモンゴル平和の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

モザイク教室」カテゴリの最新記事