katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

コーナンさん内のdiy baseさんでワークショップ

2021-10-31 00:38:21 | イベント

今日はかぐやとコーナンさん内のdiy baseさんでワークショップ・・・何せ初めての場所なんで、どんな事になるか?は全く判らないが、恐らくこんなに近い場所でやるのも初めてで・・・先日の江東区のイベントよりも近いのね。

きっと車で30分も掛からない感じ。しかも行きつけのホームセンターだから、特に施設内に困る事は無いのね。そんなこんなで色んな事が順調に上手く行くと、支度も比較的簡単にメドが付いたのね。

ってな事で、10時半開始・・・

まぁどれもが個性的で、人気アニメの模様とは全く仕上がりで、中々ビックリさせられるのね。まぁ勿論、こんな事もあるとは思っていたけど。それはそれとして、目的としては宣伝なんで、どんな形でも良いから、何これ?って足を留めさせられるか?

って話で、そう簡単な話では無いのね。その為の湯婆婆であり、鬼滅であるのだけれど、コーナンの中でにぎわいのあるゾーンって言うのは、生活必需品のコーナーを中心としたゾーンで、そのゾーンからは大きく外れているのね。

一番奥に生き物やゲームコーナーや、小さな子が遊ぶゾーンがある。それとは正反対の場所なのね。そして真ん中に生活必需品と来て、いわゆる本来の日曜大工みたいな、ありとあらゆる家の補修に関する材料、道具などのコーナーがあり、

更に木の寸法をカットしてくれる加工場の隣が今回のゾーンなのね。しかもこのゾーンがいかに厳しいか?って言うのは、判る事は、そもそもコーナン本体のいつも彫っている場所の担当の方とここのdiy baseの方とが別の場所でワークショップ

開いている事自体、ここの場所が子供のいるゾーンでは無い事が判る訳で・・・だからこそあえて、キーホルダーなのね。本来ならべきべきでタイルをカットしたキーホルダーをイベントでは使うが、時間が掛かる事で、避けられると、

そもそも買い物に来ている訳だし、そんなに時間は取れない・・・勿論、中には左程目的は無く、何と無くって言う人もいるにはいるだろうけど・・・。ただこのゾーンを通る人はそれ位マニアックなゾーンなのね。

何しろ建築資材のコーナー脇なんだから、一生来ない人達だっていると思われるのね。つまり言い方を変えれば、一般的では無い・・・ただ逆を返せば、DIYに興味がある人達のコーナーなんで、そのマニアにどうアピール出来るか?

ただそれとて難しいのは、リスキーなのね。良い事と悪い事は背中合わせなんで、湯婆婆や鬼滅で気を引こうとする行為は、目立つには目立つが、建築やDIYとは無縁。振り向いて貰えたとしても、キッチリ足を留めさせる威力が何処まであるか?なのね。

例えば魚屋さんのように、声を出し、今日のお勧めの魚をアピールするとか、新曲を掛けたりするCD屋さんとか、販売促進の為のテーマ曲を繰り返すスーパーとか、音って言う作戦もあるのだけれど、ここは木を切る音がずっとするのね。

これではそれは無理だし、そうなると今度は釣りの例え話。回遊魚を釣る場合、ちなみに回遊魚ってのは、泳ぎ回る魚の事で、アジやイワシにサバ、勿論マグロなんかもそう。流石にマグロはプロっぽいんで、小魚の話にすると、

要するにそんな場合、撒きエサを撒いて集める事で釣りが成立するのね。かと思えば投げ釣りみたいに、カレイやキスみたいに底にいる魚は、餌を投げてしばらく待って、少しずらして、また待っての繰り返しだったり、かと思えば、

ルアー釣りのように、疑似餌を付けて投げて、高速で動かしたり、ゆっくりしたりして、まるで魚みたいに動かす事で喰わすみたいな、釣りにも魚種にあった釣り方や餌が必要なのね。だから魚種の決め打ちしてしまうと、カレイを釣るのに

ウキ釣りをしていては、ほぼ一生釣れないのね。逆に魚種を決め打ちしなければ、何が掛かるか?判らないけど、何か釣れる・・・こんな釣り方もある。それと明るい時間帯と夜とでは全く違うのね。つまりこんな事を踏まえると、

例えば、このゾーンにいる人は?となると、当然プロの職人さん、DIY好きな人、まだ子供さんがいないカップル、そして家族連れみたいになった時、夜7時頃になれば職人さんが多くなると思うのね。逆に家族連れはいなくなる。

その頃は食事の時間になっているだろうしね。みたいな話。こんな事が、釣れたと、釣ったの違いなのね。ただ今回は5時までに片付け無いとならないので、恐らく職人さん時間では無いのね。しかも土曜日・・・まだ働いている時間帯。

そんな事を踏まえて、割と子供寄せな方向にしたんだけれど・・・。明日は日曜日・・・やっぱ同じ?それとも変える?

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする