katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

江東区のイベント下地とサーフショップに営業

2021-10-01 07:37:24 | モザイク作家

今日は引き続き、江東区のイベントのキッズタウンであそぼう・・・のペーパー掛けとペンキ塗り。流石に3色塗り分けとなると、時間が掛かり・・・終わりはしないが、何とかメドも立ちそうだし、それじゃ久しぶりに営業でも・・・。

最初は以前廻った、サーフショップも釣具屋さんも連絡が無かったんで、そろそろ見切りを付けても良い時間は経ったなって事で、それらを持って・・・まずはいつも行くコーナンの近くにあるサーフショップへ。

かぐやの下調べでは、外国の人がオーナーさんらしく、ただここは開店する前から知ってて、恐らく奥さんだと思われる人と、自分達で作っていた事を何度か見掛けた事があって・・・それで知っていたのね。

そんな事でお邪魔したのだけれど、声を掛けたが返事が無かったものの、聞こえなかったかな?と少し声を張って・・・そうね、マスク越しだから・・・すると、オーナーさんがいらして・・・やっぱり外国の人だったんだけど・・・。

日本語で何にも違和感が無く、しかも逆に質問までされて・・・そんなこんなでOKが出て、

置かせて貰える事になったのね。と言う事で、その足で今度はアオリイカで釣具屋さんへ・・・。行徳あたりの釣具屋さんを2店舗廻るも、残念ながらそっちはダメだったのね。これでアオリイカは3連敗。ただ、1軒目のオーナーに、

これ凄いね・・・こう言うのは、芸術の場所とか、洒落た魚屋さんのが良いんじゃないの・・・と褒められた。確かに、魚屋さんって言うのは、思い浮かんだが、普通魚屋さんって、間口を広く取るから、壁が無かったりするでしょ?

市場みたいな所なら、正面の壁に大漁旗みたいなのがあったりするんだろうけれど・・・。そこでは、置いては貰えなかったが、話は出来た。次の所は秒殺で却下。まぁこれでは記憶にも残らないだろうから、営業にならずって所かな。

ただ作品としては悪く無いんだけどなぁ・・・アオリイカ3連敗は頂けないなぁ。ちょっとアプローチを変えた方が良いのかな?・・・寿司屋さんとか、魚屋さんとか・・・果てさて。

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする