マダムようの映画日記

毎日せっせと映画を見ているので、日記形式で記録していきたいと思います。ネタバレありです。コメントは事前承認が必要です。

デス・プルーフ in グラインドハウス

2007-09-15 14:42:15 | 映画ー劇場鑑賞
ーデス・プルーフ in グラインドハウスー
2007年 アメリカ クエンティン・タランティーノ監督 カート・ラッセル 、ロザリオ・ドーソン 、ローズ・マッゴーワン 、シドニー・ターミア・ポワチエ 、ゾーイ・ベル 、マイケル・パークス 、メアリー・エリザベス・ウィンステッド 、ヴァネッサ・フェルリト 、ジョーダン・ラッド 、トレイシー・トムズ 、マーリー・シェルトン 、ニッキー・カット 、イーライ・ロス 、クエンティン・タランティーノ

【解説】
映画オタクとして知られるクエンティン・タランティーノ監督が、リスペクトする1970年代から80年代のB級ホラーにオマージュを捧げたエキセントリック・ムービー。グラインドハウスとは、低予算のB級映画ばかりを2、3本立てで上映する映画館の総称で、グラインドハウス映画特有の傷やブレ、リールのダブりもあえて再現した。カート・ラッセルふんする連続殺人鬼と、『キル・ビル』でユマ・サーマンのスタントを務めたゾーイ・ベルが繰り広げるカー・チェイスは迫力満点。

【あらすじ】
スゴ腕スタントマンのマイク(カート・ラッセル)は、愛車“デス・プルーフ”に乗り、美女をナンパしては死のドライブに誘っていた。ある日マイクは、テネシー州で豪快なスタントライドを楽しむ3人の女性たちに目をつける。いきなり車をぶつけ、しつこく追い回すマイクにキレたゾーイ(ゾーイ・ベル)たちは、決死の猛反撃に挑む。 (シネマトゥデイ)

【感想】
この映画は、まさにグラインドハウスでやっているように、フェィクの予告編も何本か作って、ロバート・ロドリゲス監督の「プラネット・テラー in グラインドハウス」と2本立てで上映する企画だったそうです。
実際にアメリカではこの形式で上映されているのですが、そのために本編をだいぶカットしたらしい。
そこで日本では、ディレクターズカット版で1本ずつ公開することになったということです。

で、この作品、やっぱりタランティーノだなあ。
期待を裏切りません。
面白い!!

わざとノイズやリールのひっかかりみたいなのを入れながら、それでもそれが気にならないくらい引き込まれていきます。

最初はバッドガールズたちの無駄話。
「パルプフィクション」や「レザボアドックス」を思い出させます。
でも、この子たちの会話実にくだらないのよね。
私、少しうとうとしてしまいました。
タランテイーノがバーのオーナーで出演しています。
「きゃ、広いおでこ!!」と思ってしまいました。




ところが、急に始まります。
デス・プルーフ仕様の車に乗った男が仕掛ける恐ろしいことが!!
それは見てのお楽しみです。
デス・プルーフって?
それも見ましょう。

後半もまた、ガーリートーク。
映画撮影のために集まったスタントウーマンのキム(トレイシー・トムズ)とメイク係のアバナシー(ロザリオ・ドーソン)、新進女優のリー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド )。
そこに、スタントマンのゾーイ(ゾーイ・ベル)が加わります。
でも、この人たちのおしゃべりは面白い。
一緒のお店に居合わせたら、耳がダンボになっちゃうでしょうね。

☆ここからはネタバレ!!
ゾーイの提案で映画「バニシングポイント」で使われた70年型ダッジ・チャレンジャーに試乗することに。
最初はゾーイとキムだけで乗るはずだったのが、アバナシーのたっての願いで、同乗させることになりました。
ゾーイはみんなには内緒で、アクロバティックなスタントを企てていたのです。

窓枠にベルトをつないで、キムが車をスタートさせると、ゾーイはベルトを持ってボンネットへ。
ありえないようなスリリングなスタントを楽しんでいます。
最初は驚いていたアバナシーも大喜びです。

そこへ、前半に出てきた悪魔のような男スタントマン・マイク(カート・ラツセル)が彼女たちの車を追いかけてきて、猛烈なアタックを仕掛けます。
執拗に続く体当たりに耐えて、なんとか無事乗り切った女性たち。
今度は、反撃のために男を捜し始めました。

この後半がめちゃめちゃ面白い!!
CGはワイヤーを消すのに使っただけで、ほとんどが生身のアクションだそうです。
ゾーイ・ベルは「キルビル」でユマ・サーマンのスタントをやった人だそうで、彼女の華麗なスタントが堪能できます。

強面のマイクがやれちゃうところは、おかしいし、爽快です。
ちょっと彼女たちの言葉が汚いですが。

タランティーノ好きにはお薦め!!
(少数派かなあ?)

これで、「プラネット・テラー~」にもがぜん期待が膨らんできました!!
楽しみ!!

ところで、試乗なのにぽんこつ同然になっちゃった70年型ダッジ・チャレンジャーはどうするの?
ディーラーの元に残してきたリーは???
気になるなあ…

コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« ショートバス | トップ | 立喰師列伝 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうそう! (miyu)
2007-10-27 21:44:32
あの車って試乗だったもんねぇ!
あたしも観終わってふと思いました。
そういや、チア姿のリーちゃんも(^-^;
miyuさんへ (よう)
2007-10-29 09:22:20
でしょ?!
心配よね。

車はとにかく、リーちゃん。
無事だろうか、ディーラーの人!(そっちか?!)
こんばんわ (YOSHIYU機)
2008-04-21 00:07:23
コメントありがとうございました。

前半のしゃべりは、つまらなかったですね。
半分寝てましたけど、ラップダンスで
目を覚ましました(笑)
それも、昔の映画に対するオマージュかも
しれませんけどね。
YOSHIYU機さんへ (マダムよう)
2008-04-21 09:28:29
オマージュとなると、勉強不足でわからないのが残念です。

YOSHIYU機さんも半分寝ていましたか?
私もです。
でも、後半の女の子たちの会話は面白かったです。

こういう表現の仕方もあるのですね。
面白い会話ばかり必要なのではないのですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画ー劇場鑑賞」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

デス・プルーフ in グラインドハウス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ドレスコードは、スリルとスピード』  コチラの「デス・プルーフ in グラインドハウス」は、愛すべき映画オタクのクエンティン・タランティーノが、親友ロバート・ロドリゲスと60~70年代のアメリカの殆どの都市にあった"グラインドハウス"を再現するべく、エクス...
『デス・プルーフinグラインドハウス』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじテキサスの田舎町。人気DJのジャングル・ジュリアは、女友達と共にお気に入りのバーにくり出した。しかし、そこに不気味なシボレーを乗り回す男スタントマン・マイクがやってくる。ジュリアたちはバーで会話をするうちに彼への警戒心を緩めていくが・・・。感想...