加藤です

@katouseib

新規👇
https://yuidayozu-kokoronoki.jimdo.com

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「」

2015-07-21 09:31:47 | 日記
殺したいほど忘れさりたい彼の
家から数100mほどに私の中にあったはずの1から2までの大して面白くもない毎日と不和に満ちた汗がどくどくどくと私の意味も分からないで勝手に流れるから早く止めてくれよ。忘れるための道案内や忘れるための運転を見合わせて忘れるかもしれないなんていう勘違いを剣山で刺すなんて所業はどうやらおかしくも、そういった意味で人は大変しみじみするこの生け花はなんて考えを、あたかも戦線を離脱したかのような私を「頑張っている。」だなんてそんな事は、取るにも足らないくだらない事実であるので、勝手にお前や誰かが、みんな頑張ってるから俺も頑張らなきゃならねぇと、不満の尾を私に向けるならどこまでだって逃げてやる。私は一緒に飯を食うために、この不和に満たされたくだらないのかくだらなくないのか良く分からない世の中でなんとかやってるだけなのに、なぜ、俺も、私もなんだ。私はただ飯を食うためだけに、生きているのに違いはないのにどこかにかかっているコートも帽子も煙草のまどろみに逃げて私はそんな毎日をただ食うために生きているのに、頑張らなきゃ。なんて意味の分からないことを言われるのは迷惑千万である100m歩いたって200mかけたって、誰かが早かろうが、流行りの曲を歌えなかろうが、明日から毎日毎年知らない分かんないと言いながら、食べて飲んで空気が馬鹿みたいに弾け飛ぶ私の腹の中で鳥が巣を作って歌ってくれるからいいんだよ。だから私はお前の何も知らない。歌えなかろうが運転を見合わせようがたとえそれがうたかたの恋でも、目と鼻の先に桜木町が頑張らなきゃいけないなんて言ってない夢を見なきゃいけないなんて言ってない自分を大切にしろなんて言ってない毎日健康に生きろなんて言ってない自分が一番だなんて言ってない俺が一番だなんてしらん今日の午前中に葬儀の連絡が来たそれが私の知らない毎日を送って過ごして、生きてた事実だったなんて、全く知らなかったんだよ私は。バカヤロー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« きょうなんとなく | トップ | なんだかよくわからないもの »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事