見出し画像

グラストラッカー(無印)いじりたおす。

サイレンサーを取り外す

先日、旧田口線廃線跡を辿り帰宅した後、マフラーを磨いてやろうと思い立ち、作業に入りました。

現状のマフラーは錆の上から艶消し黒で塗ったようで、お世辞にも綺麗とは言えません。
納車して結構すぐに、真鍮ブラシで一部を磨いたのですが、マフラーをどのようにカスタムするか決めかねていて、その後作業は進んでいませんでした。
現状のマフラー。右のエキパイだけ少し磨いてあります。



まずは、マフラーをバラします。

集合部はネジがバカになっていてスコスコです。排気漏れも…。

グラインダーにダイソーのナイロンディスクを取り付けて磨きます。



始めはマフラーまで磨いてやろうと思っていたのですが、作業開始からしばらく、かがんで作業をしていたので、魔女の一撃を喰らいました。
バラしたマフラーも出しっぱなしの工具もそのままに作業中断。

そして今日。
朝イチで接骨院へ行き、多少動けるようになりました。エンジンをかけられない状態で放置したくないので、ちょっと頑張って作業再開です。

接骨院の帰りに、2りんかんでキジマのインナーサイレンサーとグラスウール、アルミのステーを調達してきました。
腰が痛いので作業中の写真はありません。

エキパイと中間パイプをナイロンディスクと真鍮ブラシで磨きます。磨き残しも結構ありますが、そのうちやり直します。
中間パイプのエンド部はピカールでさらに磨きます。

スパトラのサイレンサーは音が好きではないので、オミットすることに。
代わりに、中間パイプの中にインナーサイレンサーを仕込みました。

サイレンサーの外径は40mm。グラスウールを巻き付けて、中に捩じ込みます。
で、サイレンサーの穴に合わせて、中間パイプにも穴を開け、アルミステーと共締め。

ステーの反対側はステップに共締め。


エキパイに液体ガスケットを厚めに塗り、集合部に捩じ込み完成。


見た目は直管風。

試走してきましたが、スパトラよりは静かになりました。

プラス(真鍮)のマフラーエンドとか着けたいなぁ…。

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「グラストラッカーカスタム」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事