見出し画像

GN125Hいじりたおす。

オイルとオイルフィルターの交換

現状車で購入したので、納車前にオイルが交換してあるのかどうか不明です。振動や異音は特に感じませんが、しないよりはした方が良いでしょう。せっかくなのでオイル交換しておきます。
GN125のオイル交換の手順はあちこちのブログなどでも紹介されていますが、素人カスタムのエントリよりは需要があるのではないかと、手順も含め紹介です。

まずはセンタースタンドを立てて、エンジンをかけます。5分ほどアイドリングさせながら、その間に工具などを準備します。

車体の下にオイルパックを設置して…。

用意したオイルはこちら。

オイルフィルターとドレンワッシャーも用意しておきます。オイルフィルターはアドレスV125のものが使えるようなので、2りんかんやナップスなどで手に入ると思います。ドレンワッシャーはネットで調べると12mmという情報と14mmという情報が出てきますが、自分のGN125は14mmのようで、カブのものが流用できました。
で、作業開始です。

車体の下を覗き込んで、ドレンボルトを17mmのレンチで緩めます。ボルトを引き抜くと同時にオイルがドバッと出てくるので注意です。毎回ドレンボルトをオイルの沼の中に落としてしまいます。
出てきたオイルはそんなに黒くなっていませんでした。納車前に交換してくれてあったのかな?
しばらく待ちながら、車体を揺らしたりしてオイルを排出します。

オイルがだいたい抜けたら、オイルフィルターカバーを外します。3箇所の袋ナットを外しますが、ここもカバーを外した瞬間にオイルがこぼれてきますので、オイルパックを設置し、マフラーなどはウェスでカバーしておくと良いです。

オイルフィルターとご対面。
めっちゃオイル垂れてきてるし…。

オイルで滑ってフィルターをなかなか取り出せないので、マイナスドライバーを突っ込んで引っ掛け出します。
マフラーバンテージにオイルが…。

フィルターケースの中にオイルが残ります。

ウェスで拭いておきます。

フィルターとカバーのパッキンは今回は再利用します。ホントは毎回交換した方がいいらしいですが…。
オイルフィルターのビフォー&アフター。そんなに汚れている感じもないですね。こちらも納車前に交換したもらってたのかも…。

新しいフィルターをはめて、カバーを元に戻します。
ドレンボルトに新しいワッシャーを噛ませて、ボルトを締めておきます。あまり強く締めると、ネジがバカになるらしいので、ドレンワッシャーが多少変形したかな…ぐらいまで。

オイルを入れて…。

のぞき窓からオイルの量を確認します。
今回は1Lの缶1本でちょうどいい量でした。

オイルフィラーキャップを締めて、作業完了です。
およそ30分。バイク屋さんでやってもらってもそんなに高くない作業ですが、時間があれば自分でやりたい作業のひとつかと…。

記録のために、メーターの写真も撮っておきます。

で、近所のコンビニまでテストラン。エンジンの振動や吹け上がりは変わった感じはしませんでしたが、ギヤの入りは多少良くなった気がします。

以上、オイルとオイルフィルターの交換でした。次回交換時には、パッキンも交換しよう…。

コメント一覧

katorine
@hidey13 hidey13さん
ありがとうございます。
私はどちらかといえば、乗るよりもいじる方が好きなのかもしれません。ツーリングなどはあまり出かけません。日常の足の道具を好き勝手いじりたおしている感じです。
hidey13
頑張って下さい。私はカスタムできませんが、バイクに乗るのは、気分が良いです。
katorine
@hidey13 hidey13さん、コメントありがとうございます。グラトラいいですね。GNもスクランブラー というか、トラッカーというか、そんな感じを目指してカスタムしています。
hidey13
スズキGN125は、懐かしいです。二輪免許取得して乗ってました。
今は、スズキのgrass tracker250
に乗っています。
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「GN125Hメンテ記録」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事