見出し画像

GN125Hいじりたおす。

久しぶりの更新、カスタムいろいろ。

ご無沙汰様でございます。
しばらくブログを放置していました。

放置していた期間もちょこちょことカスタムは進んでいましたので、まとめてご報告。

まずは、マフラーの交換。


径の合うターンアウトサイレンサー(GNのエキパイの外径は38mm、サイレンサーの内径は付属のスペーサーを使うと38mm〜42mmまで対応します)を入手しました。

ヤフオクで購入。

純正のマフラーのサイレンサー部をギャーンして、エキパイにバンテージを巻いて取り付け(2F用の純正マフラーをヤフオクで安く購入しました)。
スペーサーの隙間からちょっと排気漏れするので、液ガスで塞ぎます。
ちょっと走ってみたら、うるさいし、抜けが良すぎてアクセルオフでパンパンいうので、スチールウールをつめつめ。
少し音もおとなしくなりました。

続いては、メーターの移設。


純正のメーターを外して、デイトナのスピードメーターをタンク脇に取り付けました。

こちらはアマゾンで購入。中華製よりお値段はしますが、中華製は配線の色が説明書と違うとか、メーター自体が狂っているとか、すぐに壊れるとか、散々なレビューが山ほど出てきたので、こちらにしました。
ウィンカーのインジケーターの配線が純正のメーターと少し異なっていたので、ちょっと工夫しましたが、ほぼ説明書どおりで取り付けが可能でした。タコメーターはオミットしました。

続いて、なんちゃってスプリンガー化


メーターが移動して、ハンドル周りがスッキリしたので、トップブリッジにホムセンステーをかませて、モンキーのリアショックをぶら下げました。このショックはカブをなんちゃってスプリンガー化した時にヤフオクで2本で500円くらいで落札してきたもので、しばらくガレージにほったらかしにしてあった物を引っ張り出してきました。
下側はヘッドライトからホムセンステーを伸ばして固定してあります。
パッと見、スプリンガーフォークに見えますが、完全なる飾りです。見た目だけの無駄な重り以外の何物でもありません。
ホムセンステーもストックの中にあったので、0円カスタム。

続いて、タイヤ交換とフラットフェンダー化。


ビンテージパターンのクラシックタイヤに交換して、リアストラットをグラインダーでギャーンして、汎用のフェンダーをアルミ平棒、ホムセンステーで取り付け、フラットフェンダー化。
汎用フェンダーらこちら。

アマゾンで購入。

ステーに使ったアルミ平棒とホムセンステーはこちら。


こちらもアマゾンで購入。

最後に、フェンダーの塗装。


プラサフ吹いて、つや消し黒で両面を塗装。表側だけ、ターナーのアイアンペイントでポンポン。アンティークシルバーでドライブラシを入れて、錆塗装しました。


以上、駆け足で最近のカスタムの紹介でした。

それぞれのカスタムについて、「どうやったの?」「どこで手に入れたの?」など、ご質問いただければ、お答えしますので、お気軽にメッセージをください。

では、また。
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「GN125Hカスタム記録(タンク、フェンダー、他)」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事