見出し画像

グラストラッカー(無印)いじりたおす。

スマホ電源の取り出しとチェーン交換

USB電源を取り出し、スマホホルダーを取り付けました。
GNに付けていたUSB電源とスマホホルダーを再利用。

GNの電源取り出しはタンク下のサービスカプラーを使いましたが、グラトラにはそんな便利な物はないので、いろいろ調べてやってみました。文章ばっかで分かりづらいかもですが、グラトラいじりの参考になれば…。

電源の取り出しはシート下のテールランプ配線から取り出す方法とホーン配線から取り出す方法があるようです。

今回はハンドル周りに電源を取り付けたいので、ホーン配線から取り出すことにします。

ホーンはプラス配線から電源が来ていて、キーオンで、

バッテリー
 ↓
ホーンプラス配線(青/黒)
 ↓
ホーン
 ↓
ホーンマイナス配線(黒)
 ↓
ホーンスイッチ
 ↓
バッテリー

と繋がっているようです。
なので、
ホーンのプラス配線からエレクトロタップで配線を分岐させて、マイナス側をボディーアースで繋いでやると、キーオンで
  バッテリー
    ↓
    ホーンプラス配線(青/黒)
エレクトロタップで分岐  ↓
  ↓赤線                      ↓
USB電源        ホーン
  ↓黒線                      ↓
ボディーアース ホーンマイナス配線(黒)
  ↓                            ↓
  ↓             ホーンスイッチ
  ↓                           ↓
      バッテリー

と繋がる回路を作ってやります。作業中の写真が無いので、言葉だけで説明してもよく分かりませんね…。

具体的には、ホーンに繋がる青/黒の線にエレクトロタップを取り付け、エレクトロタップから出ている赤の線をUSB電源のプラス(赤の線)に繋ぎます。
そして、USB電源のマイナス(黒の線)をボディーのどこかに共締めしてやればOKなはずなんですが、繋いでみてもなぜか電源が来ない…。

調べてみると、グラストラッカーはバッテリーのアースはエンジンに繋がっている様子。

と、言うことで、USBのマイナスはエンジンのボルトに共締めしてやりました。


写真では分かりづらいですが、こんな配線(きたない配線…)です。

キーオンにして、無事に電源が来ているのが確認できました。

スマホをセットして、充電されるのを確認、ナビアプリを起動して試走に出かけます。
しばらく走りましたが、ナビアプリを起動しながらでも、消費電量より充電電量の方が大きいようです。これで、ナビを使いながらでもロングツーリングが可能になりました。
連休後半、安心して出かけられますね。


続いてはチェーンの交換。
こちらも作業中の写真が無いので、言葉だけの説明です。
まず、リアをジャッキアップして、古いチェーンのリンククリップを外します。
リヤスプロケットの下で古いチェーンと新しいチェーンとリンクで仮繋ぎして、古いチェーンをゆっくり引っ張ると、新しいチェーンが引き込まれていって、フロントスプロケットに新しいチェーンがかかります。
新しいチェーンが1周したら、新しいチェーンを丁度いい長さ(チェーンがギリギリ届く長さ)でカットします。
リヤアクスルのボルトを緩めてから(ここ大事)チェーンアジャスターを緩めてやると、リヤタイヤを前にずらすことができます。リヤタイヤを出来るだけ前にずらしてやるとギリギリの長さのチェーンが届くようになるので、リンクを繋ぎアウタープレートをはめ込んで、クリップで留めます。
チェーンアジャスターを締め込んで、チェーンの張りを調整したら、リヤアクスルのボルトをしっかり締め込んで作業完了です。

チェーンがきれいになりました。

電源取り出しもチェーン交換も素人のセルフ作業でどうにかなりました。写真が少なく、言葉だけでわかりづらいですが、実際やってみると難しい作業ではありませんでした。
もし、このブログを見て、自分でやってみようと思うけど、よくわからないよって方は質問してくだされば答えます(ただし、作業は自己責任で)。

では、また。
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「グラストラッカーカスタム」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事