けいた と おちぇの親方日記

わんこと暮らす、のんびり日記

小説「胸の香り」

2016-02-25 18:00:00 | 書籍(宮本輝)
宮本輝さんの短編集「胸の香り」を読んだ。
宮本さんの短編集を読むのは、初めて。



表題の作品のほか、6編が収められている。
最初の数編は不倫話。残りの数編はよく思い出せない。

もともと短編集はあまり読まないのだが、
宮本さん作品ならと読んでみたが、
自分には馴染まなかった。やはり自分は長編派である。

そして、この子はお肉派である。



久しぶりのヒレカツ弁当。
近所の吉列屋(かつれつや)さんからの出前。



ここのヒレカツは美味しい。



家ではカツ丼は和幸さん。
ヒレカツは吉列屋さんがお決まりである。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まだかな? まだだよ。 | トップ | てんとう虫、み~つけ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

書籍(宮本輝)」カテゴリの最新記事