けいた と おちぇの親方日記

わんこと暮らす、のんびり日記

小説「むすびや」(穂高明著)

2018-09-14 21:00:00 | 書籍(小説)
今日はおちぇりさんの話は休みで、本の話。

先日に続いて、穂高明さんの小説「むすびや
(2017年に双葉社から出版)を読んだ。



「就職活動で全敗し、
 家業のおむすび屋を手伝うことになった結。

 実家の商売に子供の頃から
 コンプレックスを抱いてきた結だが、
 おむすびに実直に向き合う両親の姿を
 目の当たりにし、
 徐々に気持ちが変わってゆく。

 亡き祖母が「結」という名前に込めた
 ある想いも、前途を温かく照らしだす――。

 一人の青年の新たな出発を描いた成長物語」
 アマゾンより

穂高さんらしい良い作品であった。

そして、うちのおちぇりさんといえば、



すぴすぴだね。



だいぶ涼しくなってきたから、
気持ちよく眠れるね。
『小説(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 嵐の山中湖⑥(眠たいね) | トップ | 連ドラ「絶対零度~未然犯罪... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

書籍(小説)」カテゴリの最新記事