けいた と おちぇの親方日記

わんこと暮らす、のんびり日記

連ドラ「ごめん、愛してる」(TBS・日曜よる9時)

2017-09-03 12:00:00 | ドラマ(2017)
今、まとめ撮りしていた、17年7月期の連ドラ
ごめん、愛してる」(TBS・日曜よる9時)を観ている。

当初、端境期にまとめて観る予定であったが、
脱落する作品も多く、オンタイムで観ることにした。



元はお隣韓国のテレビドラマ。
それを「神様、もう少しだけ」(フジ・98年7月期)の
浅野妙子さんがリメイク。
なお、本作品は、トルコやタイでもリメイクされている。

生まれてすぐに養護施設に捨てられた、
長瀬智也さん演じる岡崎律(岡崎は養父母姓)は、
韓国の裏社会で生きていたが、
余命幾ばくとなり、自分を捨てた母を探しに日本へ。



日本に帰り、母親の居所を訪ねると、
そこには異父(?)兄弟でアイドルピアニストの
日向サトル(坂口健太郎さん)が。



吉岡里帆さん演じる、
サトルのスタイリストで幼なじみの三田凜華は、
サトルに思いを寄せるが、片思い。



凜華の気持ちに気づかないサトルは、
サックス奏者の古沢塔子(大西礼芳さん)に恋心を抱く。



しかし甘えんぼのサトルはいつまでも凜華に頼る。



サトルのことが好きで好きでたまらない凜華。



本作の吉岡さん、かなり可愛いらしい。
これまでの役の中で一番いい。





サトルが自分のほうを振り向くことはないと理解し、
凜華はサトルから離れることを決意。



律は亡くなってしまうのだろうが、
最終回まであとわずか、
最後はどうなるか楽しみである。
コメント