語霜久泉千波らんらん虹月の文人芸術家ブログ☆虹色の素手で神霊と対話創作☆

文人芸術家ブログ☆語霜久泉千波らんらん虹月=文人/望玄の白紙画巻清風譚をご覧ください。中国語・日本語・台湾語堪能者。

子猫が泣いていたので理由を訊くと

2020-11-28 07:19:26 | 文人日月緋望玄
子猫が泣いていたので理由を訊くと。
うちにある猫冊子の子猫が涙を流していたので理由を訊くと、小学校から大学まで台湾実家で飼っていた猫だという。
小学校は台北日本人学校に通った私は、家で飼っている愛猫を描いて賞をもらったことがある。
夏休みの宿題だったので、桃狩りに同級生家族も交えて出かけた後で桃箱があり、母の勧めで桃と描いたら?とアドバイスを受けた私は、家の洗濯干しの定位置で寝そべる猫の上に桃を描き、その下敷きに雷模様を入れた。
我ながら傑作だったので、賞をもらった時はとても喜んだ。
受賞者の名前が、何らかの原因で書き換えられた可能性があるが、愛猫が泣いて訴えるくらいだから、とても悔しい書き換えなのだろう。
コメント   この記事についてブログを書く
« 野方5年、鷺ノ宮3年、中野区... | トップ | 脳内言語盗聴で私の恋バナを... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

文人日月緋望玄」カテゴリの最新記事