J OKAYAMA ~岡山スポーツの桃源郷へ

岡山プロスポーツファミリー(ファジアーノ等)、スポーツ文化等「岡山からJリーグ百年構想を」。情報ライブラリ的ブログ。

岡山シーガルズ110

2019-11-08 00:01:10 | 岡山シーガルズ

 リスペクトコラムです。
 少し前の事ですが、以前から一度行きたかった所にやっと行けました。山陽マルナカ山陽店に岡山シーガルズの専門ショップがあるのです。事前にネットでそういう場所があり、立派なコーナーになっている事は認識していましたが、実際に行ってみたのは初めて。倉敷市民として、反対側にある山陽町にはなかなか来れませんから。岡山県内初の岡山シーガルズ専門ショップとして2018年6月にオープンしています。
引用:シーガルズ公式HP
   
【シーガルズ専門ショップ】
 お店に到着。結構大きなお店でした。外壁にはテナントの案内プレートがありますが、その中にシーガルズのものを発見。昔、J2岡山が法人化した当時、旧ドレミの街の壁面に垂れ幕が作られましたが、それ以来じゃないのかな。
 中に入ってみると、中央に大きなエスカレーターがある。1Fを見渡してもそういうスペースは見当たらず。やはり2Fかと思って、エスカレーターに乗ってみる。するとありました。想像どおりのスペース。
   
 いやぁシーガルズは幸せだなと思えるくらいの充実度。手前に宮下選手の全身写真に大きな透明タペストリーが出迎えてくれる。「ご自由にお座りください(飲食はご遠慮ください)」とある表示。来店客が自由に立ち入れる空間の様子。座れるようにたくさん椅子が並んでいます。
 手前にある3つのショーケースにはアパレル関係のグッズが展示されており、衣料品レジで同じものが購入できるようです。しかもチケットも買えるとあります。まさにチームショップの様相です。
   
 奥に行ってみると、賞状やトロフィー、メダルがいっぱい置かれています。どれも本物だし、普通はこういうものはショーケースの中に展示してあって、外から見るものですが、触れるような感じです。たぶん、過去のものが全部ここに置かれてあるのではという感じです。それにしてもすごい数。20周年だそうですが、その間多くの受賞を受けたのだなと感心しました。何か古い写真もありましたね。
 中央には昨季モデルの選手のユニフォームがマネキンで飾られています。どうやら本物のようです。さすがにマルナカさんまでのスポンサーになると、ここまでチームが展示協力してくれるんですね。という事で、山陽町にお立ち寄りの際は、山陽マルナカ山陽店の2Fシーガルズコーナーに行ってみてください。帰り際にシーガルズTシャツを着たスタッフを思われる人とすれ違う。そういえば、練習場の山陽ふれあい公園はすぐそこだし、確か選手寮も同じ赤磐市内にあるとか。まさに地域に定着した市民クラブですね。
   
【タイ王国女子バレーボールナショナルチーム 強化合宿受入】
 岡山県、岡山市と連携し、東京五輪に向けたタイ代表チームの強化合宿を受け入れたそうです。 受入期間中には、練習拠点である赤磐市の協力の下、シーガルズとの合同練習等が行われます。受入期間が11月2日(土)から16日(土)までという事で、実は先日の倉敷大会の時に2F席でちょっと観ていたら、目の前にそのタイ代表チームが勢ぞろいして座ってきてビックリしました。公開試合が山陽ふれあい体育館で今日あったそうですが、3時から5時までとサラリーマンには参戦不可能な時間のために断念です。
引用:シーガルズ公式HP

この記事についてブログを書く
« クラブ経営について85 | トップ | スポーツ文化の素晴らしさ104 »
最近の画像もっと見る