J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ

岡山サッカーファミリー(ファジアーノ岡山等)、スポーツ文化等「岡山からJリーグ百年構想を」・・・情報ライブラリ的ブログ。

日本代表のこと・・・439

2019-06-13 00:19:13 | サッカー(日本代表、W杯等)

 TV生観戦レポです。
 と、その前に一昨日のフランス女子W杯の戦評について触れておきたいと思います。今回はグループリーグについては生書き込みはせず、こんな感じでマスコミ報道を紹介したいと思います。まずは第1戦のアルゼンチン戦。いろいろと報道を観ましたが、ぱっとしない内容。初戦に手こずるのは男女問わず昔からの日本のお家芸なのかもしれません。今朝の山陽新聞朝刊の記事が一番コンパクトで良かったと思います。
   
【なでしこ不発 ドロー発進】
「アルゼンチンとの初戦を0-0で引き分けた。W杯初戦で勝てなかったのは、2007年以来で3大会ぶり。FIFAランク7位の日本はボールを保持して主導権を奪ったが、同37位のアルゼンチンの分厚い守備網を最後まで破れなかった。」
「日本はボール保持率が6割を超えたが、得点につなげられなかった。後半5分の横山のミドルシュートはGKに防がれ、こぼれ球を狙った菅沢のシュートは枠外へ。同11分には長谷川も決定機で左へ外した。後半途中に岩渕、遠藤を投入して攻撃の幅は広がったが効果的にゴールへ迫れず、徹底して自陣に引いた相手の守備を崩せなかった。」
「平均年齢約24歳、前回より3歳以上若い陣容の日本は無得点で引き分け。看板の攻撃は最後までかみ合わず。高倉監督が掲げるのは、大枠を与えつつピッチでの状況判断を重視する『技術、賢さ、コンビネーションで、チーム全員がつながっているサッカー』。選手の共通意識と修正力が伴わなければ形にならないリスクと隣り合わせだが、その落とし穴にはまってしまった。相手がプレスをかけに来ないにもかかわらず、後方で人数をかけてパスを回し、守備網を広げないまま縦パスはすぐ奪われた。」
引用:山陽新聞

 という感じでした。何と第1戦でマスコミに「女子W杯崖っぷち」と言われています。正直、佐々木監督時代のいわゆる黄金時代と比べたら、申し訳ありませんが見劣りは否めません。ただ、リオ五輪出場を逃して女子サッカーが下火になっています。国民栄誉賞を受賞までしたなでしこジャパンの蘇生を果たすためには、今W杯での躍進が必要です。1次リーグ敗退では「やっぱりだめか」と益々減退感が増します。次の試合頑張って欲しいですね。そして今晩のトゥーロン国際大会です。
   
【U-22トゥーロン国際大会】
 ノックアウトステージ準決勝のメキシコ戦です。22時キックオフといい時間です。ヨーロッパなのにこの時間という事はスポンサー力でしょうか。相変わらず先発も控えも全く馴染みがありません。山口さんの川井選手、愛媛さんの神谷選手出ています。J2代表で頑張って欲しいですね。メキシコはグループ2位で準決勝に上がってきたようです。勝機あり。
 キックオフ。コパアメリカで1人南米に向かったそうです。という事は他のメンバーはコパアメリカに出れないって事でしょうか。今日の相手のメキシコというのはこの世代では優秀なのではなかったでしょうか。確か過去の五輪で優勝経験があるはず。でもグループリーグ2位って事は今のチームは強くないのかな。メキシコは小柄というイメージですが、大柄の選手もいますね。
   
 何か救急車の音が聞こえてきました。普通の街中にスタジアムがあるんですね。画面の向こうでも普通に車が走っているし、庶民感強し。この大会では過去にワールドレジェンドが多く出場しているそうです。ジダンからH・ロドリゲスまで蒼々たるメンバーです。前半26分でまだ日本のシュートゼロです。メキシコも1本だけ。お互い攻め手が無いといった印象です。
 日本は1試合ずつGKを回しています。やはり準決勝ともなるとプレーに質も上がってきますね。さすがメキシコ強いです。日本は距離感も遠く、なかなか相手ゴールに迫れません。ここで前半終了。
   
 後半スタート。交代は無し。ちなみにこの試合で負けて3決に回った場合は、次の生書き込みは遠慮させていただこうかなと。久保君が楽しみなコパアメリカに関心を移したいのでと書いていたらやられました。長いクロスから頭で合わされました。日本痛恨の失点・・・ 0-1。ここで小川選手投入。今日は4人まで交代可能とか。続いて田中選手投入。
 シュートがクロスバーに跳ね返ったところに、相馬選手が蹴り込む。日本ゴォール!!! 相馬ゴール! 1-1。このまま負けたりしてと思っていたら、追いつきました。

 引き分けの場合は延長ではなく即PK戦だそうです。ここで長沼選手投入。もう一つのカードはブラジル対アイルランド。ブラジルが本命か。日本が決勝に進出すれば史上初になるとか。メキシコはドリブルなど独特のステップですね。また、シンプルなクロスから頭で合わされました。DFの人数は揃っていたのに。日本痛恨の失点・・・ 1-2。うーむ、まずい。最近のどの日本代表戦でも見た事が無い鋭いクロスでした。ああいうのを日本も打たないと。そして、小川選手が裏に抜けて冷静に決めました。日本ゴォール!!! 小川ゴール! 2-2。日本も根性ある。試合面白いですね。ここでホイッスル。PK戦です。

 メキシコ先攻。メキシコ1人目=〇、日本1人目小川選手=〇、メキシコ2人目=〇、日本2人目相馬選手=〇、メキシコ3人目=〇、日本3人目岩崎選手=〇、メキシコ4人目=×(ポストに当たる)、日本4人目長沼選手=〇、メキシコ5人目=〇、日本5人目旗手選手=〇
日本はすべて右に決めましたね。決勝進出、史上初です。良かった、これでまた生書き込みできる。

この記事についてブログを書く
« 倉敷からVリーグを!倉敷ア... | トップ | ウォーキングサッカー体験会 »
最近の画像もっと見る