J OKAYAMA ~岡山スポーツの桃源郷へ

岡山トップスポーツファミリー(ファジアーノ等)、スポーツ文化情報リスペクトブログ(共同運営)。

湯郷ベルについて59

2024-06-18 00:01:54 | 岡山湯郷ベル

 生観戦レポです。
 15日にCスタで開催された、岡山湯郷ベルのなでしこリーグ2部、ホーム大和シルフィード戦の観戦に行ってきました。年に1回のCスタ開催という事でタイミングが合い、行けました。今回は暑さでランニングを断念したという、しまくんと一緒になりました。Cスタに到着。いきなりすごい人がスタジアム前広場にいて、ちょっとビックリ。IPUさんの学生さん達が目立ったかな。
   
 この日は岡山県民応援デーの様子でブースがいくつかありました。スタグルも美味しそうでしたね。昼食を食べてこなければ良かった。ご当地グルメ目立っていました。なぎビーフ黒豆バーガーなどどれも美味しそうでした。
 当日券を購入して入場しましたが、とにかく人が多かったですね。コンコース前の入場ゲートでファジボラの松氏が忙しそうに1人でチケットもぎりをされていました。両側で2人立った方がさばけるのにと思いましたが、まぁ割り振りがあるのでしょう。他にもファジボラがいたのかな。
    
 ここまで横山選手に引っ張られて、今年もベルは強く、なでしこ2部で独走状態です。14戦負け無しで失点はわずか4点。この来場者の多さは成績の良さも大きいのかな。大和さんのサポもチャントがよく聞こえてきます。大和さんのホームスタジアムは大和なでしこスタジアムだそうで、奈良県のチームと思っていたら、神奈川県大和市でした。
 この日はIPUさんの他に、地元のノートルダム清心女子大からも学生さん60名が運営ボランティアをされていたようです。確かにAゲートに女子学生さんいました。試合観戦にも90名来られたとか。とにかくスタジアムが学生さんで溢れていました。
   
 試合前に津山のダンススタジオVERTEXさんのダンスパフォーマンス。あれ、最近新しいチア出ていなかったっけと思っていたら、ベルスターズが登場して、ダンスを披露してくれました。HOOPSTARSを輩出しているGlobeさん(津山のダンススタジオ)のチアクラスから選抜された湯郷ベルの専属チアチームだそうです。踊りもよく似ていました。客席を見渡すと、年配男性が多い印象。美作から大勢来られたのでしょう。
   
 岡山側の応援席ですが、いつも以上に声量や音量が大きいと思っていたら、IPUの集団が見えました。ベルに詳しい松氏曰く、岡山会場ではIPUも応援に加わってもらっているとか。若さというか応援席が活気づいていました。おっと、最前列でチアホーン(珍しい)を吹いてる。ベルサポの方々も大勢来ていました。
 大和サポは1人1人の声量が大きい。すると、「IPU!応援しろ!」と後から声が飛んで、急いでIPUの応援団が声を張り上げる。
   
 先発を見ると、岡山は横山選手以外に知った名前は無し。大和さんの20番小松選手は元シャルムとか。同じく濱本選手の名前もありました。前半。横山選手は点も決めるし、2列目でボールも配球している。落ち着いて谷口選手が決めて先制。飲水タイム。左右に振ってナイスなクロスからナイスなヘッド。23番栫井(かこい:うっ読めない)選手。今季INACさんから完全移籍で加入した選手です。足元の技術も群を抜いており、横山選手のチームですね。前半終了。
   
 後半、立ち上りは大和さんのペース。しかし、ベルの守備は危なげなし。横山選手の華麗なドリブル。後半はシュートを打ってきます。この日の来場者数は1,588人。2千はいると思ったのですが。横山選手は何本もシュートを打つがまだ決まらず。4時半になって、ちょっと涼しくなってきました。風も心地よいです。そういえば岡山県は面白いところだと。女子サッカーと女子バレーで2チームあって、ダービー戦が観れる。男子でも昔JFLでダービーありました。2番目のチームができやすい土壌があるのかもしれない。
   
 大和さんに1点返される。ちょっと守備の穴が出たか。その直後に横山選手が続けて2得点。横山選手の縦パスからもう1点。23番栫井選手。J2岡山の天皇杯と逆状態。ここで出ました、ヤマトチャント。日立台かと思いました(笑)。サビの部分とかよく似てます。そして横山選手の3点目。ハットトリックが観れました。最後まで良く走りますね。ここでホイッスル。
   
 試合後のセレモニー。まずは監督インタビュー。そしてMVPは2得点の23番栫井選手。MVPの賞品はシャインマスカット! ベルでのこういうインタビューは初めてだったのかな。ベルはいい補強をしましたね。横山選手に続くエースストライカーの登場です。
   
 しまくんと退場でゲートに向かうと松氏がいて、「選手のハイタッチがあるよ」と。上から除くと選手達の長い列が続いている。これは全選手だと。松氏曰く、やろうという話が前からあり、今回やっと実現したとか。迷わず、待機列に並ぶ、結構待ちましたが、ハイタッチが始まる。途中に顔も体も真っ赤になった横山選手もいました。
 うーむ、出場選手にはクールダウンして欲しいような、ハイタッチしてくれてうれしいような。なでしこ2部だから、独走状態だから、こういう事ができるのかもしれませんね。まぁくれぐれも無理をしないで下さい。ちなみに横山選手、今日やべスタに出演していましたね。なでしこ2部のチームなのにすごいや。
#がんばろう石川 #がんばろう能登

コメント    この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 勝利の白星198 | トップ | 岡山シーガルズ176 »

コメントを投稿