J OKAYAMA ~岡山スポーツの桃源郷へ

岡山プロスポーツファミリー(ファジアーノ等)、スポーツ文化等「岡山からJリーグ百年構想を」。情報ライブラリ的ブログ。

湘南ベルマーレの事例8

2008-12-29 00:49:40 | 総合型地域SC・地域振興
 大変遅くなってしまいました。この秋の東京出張ネタ、最後のスポーツ文化編の前編です。JFAハウスを訪れ、持帰った資料の中で一番光っていたのが、今回紹介する湘南ベルマーレの機関誌であるフリーペーパーです。
 ちなみに今まで「イチオシクラブ」と呼ばせてもらっていましたが、岡山と同じカテゴリになったということで、今後は「スポーツ文化先進事例クラブ」と呼ばせてもらいます。やっぱ湘南はいいなぁ。
    
 「湘南を楽しくするフリーペーパー」という副題と、「MARE」という誌名があります。mareはラテン語で海という意味です。この雑誌は両表表紙です。左めくり(ページから言うとこっちが本流)はサッカー、右めくりは他のスポーツの写真が出てます。前編ではまずは右めくりで行きます。手元に3誌持っているので、並べて紹介します。

 右めくり表紙の副題は「スポーツで、もっと幸せな国へ」と。これはご存知、Jリーグ百年構想の標語です。まさに湘南は百年構想の優等生ですね。
 表紙の写真は、「ソフトボールのベンチの写真」「ビーチバレーの写真」「ビーチバレーの五輪の写真」。表紙には、2つの特集のタイトルがあります。

 最初の特集は「relax」
 トライアスロンチームの中島ヘッドコーチの記事で、どれも一般市民が関心を持つようなテーマです。「ダイエット数字力」「水を飲んできれいに」「まずは歩くことから始めよう」というタイトルで、詳しくやさしく丁寧に健康をテーマに解説されています。最後には「健康づくり教室参加者募集!」ということで、一番底辺のビギナー層からスポーツへ誘っていきます。

 次の特集は「hope」
 NPO法人 湘南ベルマーレSCのメインの話題を取り上げています。「湘南ひらつかビーチパーク 湘南の海、僕らのビーチ」「小学校体育巡回授業 未来の大人たちへ」「ベルマーレのオリンピック」というタイトルで、詳しく記事が書かれています。
 ビーチパークは後編で詳しく。小学校体育巡回授業は、ホームタウン10市町の小学校の授業にコーチを派遣しています。初年度の'01年は64校から始まり、130以上を訪問し、ホームタウン内161校全ての小学校の訪問を目標にされているとか。ここがスゴいのが、トップアスリートはいろいろな形ですが、湘南がやっているのは正規授業。記事では「子ども達に『楽しむ』ということの本当の方法を知って欲しい」という言葉が印象的です。
 そして五輪特集は、所属選手などの特別インタビューです。代表選手として出場した白鳥選手と楠原選手(ビーチバレー)、解説者として参加した安藤監督兼選手(ソフトボール)、スタッフとして参加した中島氏(トライアスロン)。インタビューの中の印象的なコメントを拾ってみましょう。

白鳥選手
「ベルマーレに声をかけてもらえなければ今でもバイト生活で、こんなに多くの人たちに応援してもらうことはなかった。五輪の素晴らしさを若手選手や湘南の子ども達に伝えていくのが僕の使命」
楠原選手
「平塚の練習環境が大きい。サポーターに応援してもらうようになったから。移籍前は羨ましく思っていた。『ベルマーレの一員として五輪に出なければ』と思ってやってきた」
安藤監督兼選手
「ベルマーレに上野選手のメンタルを植え付けたいと強く思う。自分自身が実践してチームを強くしていきたい」
中島氏
「トライアスロンの競技力は、競技の普及とトップ選手の強化の両輪。その意味でベルマーレの活動は大きい。将来この地から五輪選手を育てて、出場させたい」


 その後のページには、各スポーツごとに情報が掲載されています。ビーチバレー、ビーチサッカー、トライアスロン、サッカー(教室)、ソフトボール等。トップチームの試合日程。イベント・大会情報など詳しく載っています。
          
 湘南の地は、スポーツ文化の先を走っておられ、まぶし過ぎます。岡山でも、おかやまYEGさんがチーム岡山という活動されていますが、ぜひこの記事を読んでいただき、参考にしてもらえたらと思います。(読者と聞いていますが・・・)
 左めくりのサッカー、フットサルの中編へ続く。

NPO法人 湘南ベルマーレSC公式HP:http://www.bellmare.or.jp/
湘南ベルマーレSC関連⑦:http://blog.goo.ne.jp/kataru-kai/d/20080927
湘南ベルマーレSC関連⑥:http://blog.goo.ne.jp/kataru-kai/d/20080802
湘南ベルマーレSC関連⑤:
http://blog.goo.ne.jp/kataru-kai/d/20080526
湘南ベルマーレSC関連④:http://blog.goo.ne.jp/kataru-kai/d/20060924
湘南ベルマーレSC関連③:http://blog.goo.ne.jp/kataru-kai/d/20060801
湘南ベルマーレSC関連②:http://blog.goo.ne.jp/kataru-kai/d/20060708
湘南ベルマーレSC関連①:http://blog.goo.ne.jp/kataru-kai/d/20060707
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« なでしこリーグについて7 | トップ | 湘南ベルマーレの事例9 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
何度もベルマーレを評価いただきありがとうございます。 (チャリ通)
2008-12-29 16:09:56
何度もベルマーレを評価いただきありがとうございます。

確かに今年はスポーツクラブがビーチバレーでオリンピックで目に見えた成果を挙げることができたのがクラブ全体として大きかったと思います。ひらつかビーチパークは平塚駅南口からまっすぐの道ですので、平塚に観戦の機会がございましたらお立ち寄りください。オフシーズンの平日はフツーに海外組の選手が練習している場合がございます(水着ではない)。ここと産能大学内人工ビーチなどで練習環境が整っているので、かの有名な女子選手を含むベルマーレ所属ではない多くのトップクラスの選手もオフは湘南で練習をしておりますよ。

スポーツクラブ全体としては好調の競技だけでなく惨憺たる競技もあって「身の丈以上に手を拡げすぎでは?」といわれることもあるらしいのですが、今のところまあ何とかやっております。フジタ時代に女子サッカークラブを潰しているからと思われますが、女子サッカークラブはありません。

岡山といえば手塚聡監督ですね。選手・コーチとして20年以上ベルマーレ(フジタ)にいたかたですので、ザスパでは残念だったのですが岡山で結果を出したので良かったと思っておりました。2002年の頃で既に今年と変わらない風貌(!)だったのですが、練習相手としてすごいクロスをあげたりする(元日本代表ですから・・・)ので、初めて観る人を「すごいオッサンだ!」と驚愕させておられました。奇しくも故郷の栃木と同時昇格で湘南・水戸・草津と同じリーグということで、湘南以外はがんばっていただきたいものです。

桃太郎スタジアムには天皇杯で行ったことがあり、レッズに大敗しました・・・。湯郷ベルが平塚で永里姉妹のベレーザと試合をしているところは1回だけ観たことがあり、コールの「ゆのさと」が「You know Sato」と聴こえるので外国っぽかったという印象があります。
Unknown (Bmount)
2008-12-29 23:05:48
>>チャリ通さん
今度の東京出張で、ひらつかビーチパークに行こうと思っています。湘南さんは真壁社長のイメージが強いですね。

手塚監督ですか・・・1年でJFLからJ2に上げた功労者の方だと個人的に思っています。
本当に湘南さんはうらやましい限りです。元々お洒落な土地柄だし・・・東京在住時に、一度だけ葉山に行ったことがあります。が、大渋滞ですぐに帰りましたが。いい所ですね。

また何かいい情報があれば、教えて下さい。
湘南さんはこれからも、出てくると思います。