J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ

岡山サッカーファミリー(ファジアーノ岡山等)、スポーツ文化等「岡山からJリーグ百年構想を」・・・情報ライブラリ的ブログ。

ヴァンフォーレ甲府のように22

2017-12-08 00:01:58 | サッカー(Jリーグ(J1・J2)・国内)

 リスペクト(事例紹介)コラムです。
 先週の最終節で甲府さんも、J2降格が決まってしまいました。最後まで清水さんと競り合っており、最終戦にも勝ったのですが、清水さんも勝っていたので、順位が入れ替わる事なく、16位だった甲府さんが降格してしましまいました。これがもう1年遅い来季の話だったら、J2のプレーオフ優勝チームとの入れ替え戦で、結果次第で自力でJ1残留を決めれたのですが、残念ですね。
 思い出すのは10年ほど前の、J1・J2入れ替え戦が廃止され、上下3チームで自動昇降格になった時の事。入れ替え戦の存在があれば、どうせ入れ替え戦で頑張ればシーズン中は頑張らなくていいという価値観が出るので好ましくないという話を聞いています。この流れはいいのかなぁと時々思います。まぁ、2ステージ制も消えた事だし、入れ替え戦くらいはいいかなと思い直しています。
 今回の甲府さんの降格劇についても、調べてみても出てくるのはチームの事ばかりで、経営等それ以外の要因は見当たらないようです。やはり、J1になると経営面がおかしくなるというのは少なくなったのかなぁと。スポーツ報知でちょっと特集があったので、引用して紹介します。
   
【ヴァンフォーレの誤算(上)「致命的」下位相手の取りこぼし】
「J2降格の最大の原因は、下位相手の『取りこぼし』だった。」
「上位チームとも戦えることを証明。だが一方、17位・新潟、15位・広島、14位・清水とは今季、いずれも2戦2敗。最下位の大宮には1勝1引き分けだったが、直接対決での勝負弱さが目立ち、クラブ幹部も「致命的だった」と話した。 相手が下位の場合、甲府がボールを持つケースが増える。ゴール前まで攻め込めるが、最後の『質』が問題だった。 今季の総得点はJ1最下位の23(16位タイは新潟、大宮の28)で、得点王のFW小林悠(川崎)1人分だ。6月初めからはJ1ワーストタイとなる6試合連続無得点、同ワーストを更新する673分間無得点。」
「最大の誤算は、エース候補としてJ1仙台から加入したブラジル人FWウイルソンだった。」
「なかなか調子は上がらず。クラブは7月のリーグ戦中断期間に、ウイルソンを国内外の他クラブへ“放出”することも考えた。しかし、本人の「甲府で頑張りたい」という直訴もあり、保留。別メニューで体を絞ったが、その後の体重増などでクラブからの信頼はなくなっていった。」
「リンスの加入で得点力は増した。それでも、チーム最多得点が6点(リンス)では、コンスタントに勝利を重ねることは難しかった。」
引用:スポーツ報知
     
【ヴァンフォーレの誤算(下)ロスタイムの悲劇】
「J1残留圏の15位・広島とは、勝ち点差わずか「1」の16位でJ2降格となった甲府。それだけに、試合終盤での失点が悔やまれる。」
「今季の後半ロスタイムの失点は5(5試合)。そのうち、3試合が勝ち点に影響した。」
「若手を含め、在籍1、2年目の選手も多く出場した今季。J1残留争いの中では、“経験”が足りなかったのかもしれない。 クラブが、チームを「進化」させていくために招聘(しょうへい)した吉田達磨監督(43)。就任1年目は、守備をベースとしながらも、自分たちがボールを持ったときにどうするかといったことをブレることなく続けてきた。ブレずにやってきた中での降格。「たら」「れば」はあるが、この結果は今のチームの実力だったとも言える。」
「J1最低規模の予算の中、4年連続J1残留を果たしてきた地方クラブは、さらにその幹を太くし、トップカテゴリーに戻ってくることができるか。」
引用:スポーツ報知

 甲府さんは、交代しようとした出場選手が「もう少しプレーさせてくれ」と訴えてきたら、交代を取りやめるんだと思うシーンがありました。ホーム柏戦です。交代させようとした元柏のドゥドゥ選手からそのようにPRされると、そのまま続行。結果的にそのドゥドゥ選手に決勝点を決められて、見事勝ち星を上げました。でも、昔のネル監督だったら強権なので、そんな事はありえないシーンだなと思って観ていました。
 甲府さんとは、1回目のJ2降格時から浅からぬ関係のクラブとなっております。クリス選手とドゥドゥ選手が入れ替わったような形で所属しており、今の吉田監督は、新潟さんの前は柏の監督で、余りいい形では無い格好でクラブを去った指導者。しかもコミック「アオアシ」のモデルになるくらいの、アカデミー部分での功労者。

 甲府さんの降格については、「選手層」に尽きると思います。「監督」では、吉田監督は柏時代はACLとナビスコが8強、天皇杯4強でしたが、2015年は前期14位に終わって事実上の解任。クラブとも合わなかった面があるとも聞いています。新潟時代は、得失点差で上回りかろうじて年間15位で残留しましたが、年間勝ち点30での残留は現行の18チーム制になってからは史上最少の記録とか。監督の部分もあったのかなと。でも「チーム内のバランス」は良かった様子。
 甲府さんは当ブログで評価する市民クラブ「御三家」の一つ。今年はもう1チーム新潟さんもJ2に降格してしまいました。Jリーグを代表するプロヴィンチャとして早くJ1に復帰して欲しいですね。
J1甲府関連:27 / 26 / 25 / 24 / 23 / 22 / 21 /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« JFLを駆け上がろう20 | トップ | 日本代表のこと・・・380 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-12-11 07:59:30
甲府に関しては、今年はスタイルを変えるチャレンジをして、まともに行ったらぶっちぎり最下位まで考えられたところでよくチームを纏めたと思ってます。
思ったほど得点力が上がらなかったのが誤算。まだ成長途上ということで、来年以降に期待を持てる内容だったかなと。
目先の残留争いで言えば、ホーム神戸戦を落としたのが痛かったでしょうか。
あそこで最低でも勝ち点を取っていれば、大分違う流れになってたでしょうし。(ついでに神戸が清水にあっさり負けすぎたというのも。あれがなければ最終節のラストシーンは優勝シーンと並べても恥ずかしくない感動シーンなのですが)

むしろ残留した清水のほうが心配ですね。ちょうど3年前にギリギリで残留したときと状況が酷似しています。
この調子だと来年はあっさり降格なんじゃないでしょうか……。
Unknown (管理人)
2017-12-13 08:47:51
コメントありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

サッカー(Jリーグ(J1・J2)・国内)」カテゴリの最新記事