モノ・語り

現代のクラフトの作り手と作品を主役とするライフストーリーを綴ります。

『現代工芸論』というタイトルの本を出版しました!

2014年04月05日 | 笹山央著『現代工芸論』


『現代工芸論』というタイトルの本を出版しました。私にとって初めての単行本です。

東京・銀座にあるギャルリ・プスさんの開廊25周年の記念としての出版であり、
その内容は著者である私に一任させていただいて、実現したものです。
蒼天社出版は、主として現代社会の経済関係の書籍を専門とする出版社からの発行です。

私が現代工芸の世界にかかわり出すのは1970年代からであり、以来今日まで、
「工芸とは何か」ということをずうっと考え続けてきて、
その答えともいうべきものをこの1冊にまとめてみました。
「現代工芸」であって「伝統工芸」ではないのですが、
日本の「現代の工芸」を構成する現代工芸・伝統工芸・民芸・クラフトを包括して
「工芸のこれから」を予兆する内容に仕立ててみました。
「3.11以降」というセクションも設けています。

本文中に画像は一切掲載していません。文章だけでの勝負です。
現代工芸についての、いわば基礎理論のようなことを書いています。
工芸家の個別的な創作はほとんど取り上げていません。
詳細は目次をご覧ください。

ものづくりにかかわる人(作り手・メディア・流通)、そして使い手・鑑賞者、
すべての人に読んでいただきたい本であると思っています。

『現代工芸論』 
2014年4月5日発行
著者―――笹山 央  
編集―――市川文江(ギャルリ・プス)
発行所――蒼天社出版
価格―――1,800円(本体)+税


弊社へお申し込みの場合は、

下記郵便振替口座に住所、氏名、電話番号を明記の上、
1,944円×冊数の金額をお振込ください。
振込票が届き次第発送いたします。送料弊社負担とさせていただきます。
かたちの会会員の方はご一報いただければ料金後納で発送させていただきます。

00160-4-582994   加入者名:KATACHI21プランニング

※インターネット、全国の書店でも注文できます。




ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「創作vs鑑賞――作品世界への... | トップ | 第11回アート鑑賞塾のお知らせ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

笹山央著『現代工芸論』」カテゴリの最新記事