骨格標本室から

フィールド→動物遺体→同定→解剖→標本作製→標本室→イベント→ブログ

猛禽になった

2018年12月28日 21時55分19秒 | 命をつなぐもの

知る人ぞ知る絶味鴨頚王

買い求めたのは、鴨頭、鴨翅、鴨鎖骨。

意外だったのは、鴨鎖骨とされる叉骨と烏口骨の部位が美味で、

恍惚となるなか、気づくと自分が猛禽になっていた!

鴨頭以外の画像がないのは、

指先が麻辣油で撮影できなかったため(笑)


 

コメント

Tapioにて販売中

2018年12月22日 12時32分27秒 | 羽標本

クリスマスですね

コメント

アカゲラだけど…

2018年12月04日 15時40分39秒 | 解剖

昨日までの解剖合宿を終えて、

自宅で標本整理をしていたら、

思いがけずアカゲラDendrocopos major が届きました。

早速、遺体を確認すると、なんと幼鳥ではないですか!

採集日を見ると7月13日、「なるほど!」

先程、宮城県仙台地方振興事務所に死亡野生鳥獣拾得届を提出してきました。

昨年の山形県産はこちら

コメント

のにっき

2018年12月03日 16時15分17秒 | 文学の中の骨

テンの骨がでてくる名作です。

もう一度、見返したら、イタチでした。

コメント

退化した中手骨

2018年12月02日 21時59分24秒 | 解剖

今年始まったY解剖会も、今日で第7回となりました。

画像の下段二本は、

学生がニホンジカの前肢から取り出した退化した中手骨です。

上段の二本は、野外で採集されたもので、

退化した中手骨の形質と同じなので、

ニホンジカの幼獣と思われます。

コメント