尚美ミュージックカレッジ専門学校 ミュージックビジネス学科 春日組CDレビュー(チーム海)

春日組によるCDレビュー:隔月で発行している音楽フリーペーパー「レコメンダー」と連携しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『Pieces』NoisyCell

2017-07-05 20:28:59 | レビュー
タイトル:Pieces
アーティスト:NoisyCell
発売日:2017/06/21
規格品版:VPCC-81957
価格:¥1,667+税


2014年にメジャーデビューした4人組バンドの4thアルバム。前作に引き続き、サウンドプロデューサーにPABLO(Pay money To my Pain)を迎えて制作。リード曲「Pieces」は”架空のゲーム空間”をコンセプトにした1曲。イントロのキャッチーなギターフレーズが印象的だ。涼しげなメロディにヴォーカルRyosukeの高く芯のある声で伸びやかに歌い上げられた「Just for Now」や、他の楽曲とは一転、アコースティックギターの温かな音色に引き込まれる「THE JUNK and THE MOON」。”心から誇る僕で生きてみたい”と、ありのままの自分で進もうとする歌詞に勇気づけられる「Hearsome」など6曲を収録。ベースとドラムに新メンバーが加わり、新たなスタートラインに立った彼ら。今年7月からは全国6箇所を回るツアー、8月中旬には東京でのワンマンライブが決定している。進化が止まらない彼らのこれからにぜひ注目していただきたい。(おみ)
『音楽』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 「Playing The World」アニサ... | トップ | 『生まれてから初めて見た夢... »

レビュー」カテゴリの最新記事