柏市自閉症協会

柏市自閉症協会の広報ブログです。

H30年度[柏市地域支えあい連絡協議会][柏市健康福祉審議会 障害者健康福祉専門分科会]のご報告

2018-08-02 12:23:29 | 地区情報
【 柏市地域支えあい連絡協議会 】 
 平成30年7月11日(水)柏市いきいきプラザにて、柏市地域支えあい連絡協議会に出席してきました。
 2回目になりますが、孤立防止に向けた取り組みとこれからの地域と地区社協(ふるさと協議会)について検討を行いました。
現在、柏市市内で支え合い活動をしている団体は51あります。活発に活動されている団体もあり、新しい発見がありました。
対象は高齢者の方や介護をしている方が多いのですが、今後は社会的弱者への取り組みとして障がいのある方への理解啓発も続けていかなければならないと思います。

【 柏市健康福祉審議会 障害者健康福祉専門分科会 】
平成30年7月19日(木)ウェルネス柏にて、柏市健康福祉審議会障害者健康福祉専門分科会に出席しました。
今年度より柏市心身障害者福祉連絡協議会(柏障連)としての参加です。柏市の行政、教育、医療に携わる方々の中で、当事者団体として福祉にかかわるものとしての意見を述べる機会をいただきました。

   分科会では、議題として以下の2点が取り上げられました。
    ①ノーマライゼーションかしわの29年度実績報告
    ②障害児事業所の指定指導権限の委譲について

 29年度の実績の中では、放課後等デイサービスや日中一時支援等の伸び率が顕著ですが、重度の方が地域に帰ることが難しい状況もありました。
事業所の数が多く、充実している反面、質の向上には課題がたくさんあります。
当事者本人が使いやすく、安心して利用できるサービスは何かを考えていければと思います。
 福祉サービスについて、柏市の福祉行政についてのご意見があればぜひお寄せください。

H30.6/15(金)柏サポ研「発達障害のある方への理解と対応〜学齢期を中心に〜」田熊 立さん

2018-05-23 21:04:11 | 地区情報
***発達障害サポーター研修会(通称:サポ研)***

日時:H30年6月15日(金)19時から20時40分
場所:柏市教育福祉会館 2階 大会議室
テーマ:「発達障害のある方への理解と対応 ~学齢期を中心に~」
基礎講座:田熊 立さん(千葉県発達障害者支援センターCAS)

  田熊 立さんは、千葉県発達障害者支援センターCAS(きゃす)の副センター
長として、CAS東葛飾(我孫子市)に勤務され、千葉県内の発達障害児者のため
に日々走り回っておられます。サポ研では、十数年前から毎年、田熊さんの基礎
講座にて学んできました。

今月は、発達障害の方たちに見られる“行動の問題”について、ご本人理解と
望ましい支援のあり方を学びます。ご本人のパニック、自傷、他害などについて、
現場では障害(診断名)のせいにしてしまったり、それらの行動をコントロール
しようとして、かえって増幅させてしまうことがあります。ご本人は(年齢や知
的レベルに関係なく)“辛い”“困っている”からそれらの行動を示している、
と言われています。

田熊さんより、ご本人の困り感に気づく視点と、明日からの「ご本人との接し
方」「周りの環境の整え方」など、大切なポイントを教えていただきます。
参加費は無料です。初めての方にお勧めです。リピーターの方は原点を振り返
り、繰り返し学ぶ場にしてください。

柏市 進路ガイダンス ご報告(H30年度)

2018-05-02 15:45:00 | 地区情報
 【 柏市 進路ガイダンス ご報告 】 4月26日(木) 10:00~12:00  ウェルネス柏にて

4月26日(木)小6、中3の保護者を対象とした特別支援学級合同進学説明会が開催され、
(1)(2)の内容について教育研究所の青木先生から、(3)について当協会の細田会長よりお話がありました。
   
(1)中学校進学に向けて
(2)高校進学に向けて ~ 中学校卒業後の進路について ~
(3)就職に向けて 社会人 第一歩  ~ はたらく大人になるために ~

 義務教育を終えた後、社会に出て、実際に様々な仕事に就く時までに知っておきたい、人との付き合い方、家庭での役割、子どもが成人になっていく時の親としての声のかけ方などをお話しさせていただきました。
 何よりも、子どもたちが学校や家庭で楽しく過ごすために、また社会の一員として自立した生活を送るために・・・。
私たち大人がやるべきこと、考えておくべきことは、まだまだたくさんありそうです。 (細田)

H30 4/20(金)柏サポ研「子育て支援としての発達障害診療」岡田剛さん

2018-04-19 15:14:37 | 地区情報
***発達障害サポーター研修会(通称:サポ研)***

日時:H30年4月20日(金)19時から20時40分
場所:柏市教育福祉会館 2階 大会議室
テーマ:「子育て支援としての発達障害診療」
基礎講座:岡田剛さん(医療法人聖峰会 岡田病院)

 岡田 剛さんは岡田病院の小児神経科医です。サポ研の世話人副代表です。日
々の診療では、「子どもたちが自信をもって、明るく楽しく生活できる」ことを
目標にされています。子どもの発達・くせ・気分の問題等については、子どもの
悩みに対し見立てをし、家族と一緒に問題解決の糸口を探っておられます。近隣
市のこども発達センターや就学指導委員会など、地域の子どもの健康にも携わっ
ておられます。

 4月サポ研は、国際連合の「世界自閉症啓発デー(4月2日)」を意識して、
発達障害についてより理解が進むよう、医療現場からの基礎講座をお願いしまし
た。地域の医師として、発達障害の子どもたちと家族の診療をされていて、乳幼
児期から学童期に至るライフサイクルにおいて、子育てや保育・教育等のの現場
に向けて大切な視点を教えていただきます。

 参加費は無料です。保育園・幼稚園、学校現場の先生方はもちろん、おやごさ
んのご参加も大歓迎です。

君津地区 勉強会 4/15(日)成人期からの行動問題への対応 千葉県発達障害支援センターCAS 田熊 立 先生

2018-03-18 08:31:17 | 地区情報
#講演会・勉強会情報
4/15(日)12:30〜15:30 君津市生涯学習交流センター
CAS田熊立先生の勉強会です。
「困った行動も 子どもを伸ばして ポジティブに解決していく」
ー成人期からの行動問題への対応ー