貸本マンガ史研究会
貸本マンガと戦後の歴史
 



新刊のご案内です。
貸本マンガ史研究会のメンバーである権藤晋(高野慎三)の写真集『東京儚夢(ぼうむ)』が発売されます。
出版元は論創社、書店への配本は今月10日頃の予定です。
内容は、都内に残る「銅板建築」を訪ね歩いて撮影した、160枚近くのカラー写真が中心です。
95年前の今日(1923年9月1日)発生した〈関東大震災〉ののち、復興の過程で銅板を貼った家屋が都内を中心に多数あらわれました。「銅板建築」と呼ばれる建造物群です。
1945年の数度の空襲で東京は壊滅状態でしたが、しぶとく残った「銅板建築」もありました。しかしそれらも、これから急速に失われていくでしょう。
本書は、貴重な〈民衆の〉歴史遺産「銅板建築」を撮影した写真集です。ぜひご覧ください。(H)



A5判・並製・144ページ(うち128ページはカラー)
ISBN978-4-8460-1750-7
定価:本体2200円+税


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 追悼 電話・睡眠・音楽 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。