バレミアン期の化石

白亜紀前期、バレミアン期の化石、

ラステルム・カリナータム

2017-04-18 13:40:29 | 日記
石堂層で多産するのカキの一種、ラステルム・カリナータムです。



カキの類は集団で生活している様ですが、このラステルムも密集して産出する所を見ると{やはり}なのかと思います。

採集については、化石本体が脆い状態が殆どなのでここかなと思ったら露頭をハンマーで直接叩くのはやめて、タガネを旨く使い「そっと」取り出すようにすると壊さないで採集する事ができます。



この様な状態なのでクリーニングは、できません。

バレミアン期で消えたので産出地は限られています。

Rastellum (A) carinatum

石堂層
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プテロトリゴニアの一種 | トップ | 瀬林層のオウムガイ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事