東京都中小企業診断士協会中央支部認定!「稼げる ! プロコン育成塾」ブログ

東京都中小企業診断士協会中央支部認定マスターコース「稼げる!プロコン育成塾」のブログ。経営・ビジネスに役立つ情報を発信

DXで変わる社会

2019-12-05 12:00:00 | 19期生のブログリレー

みなさん、こんにちは。第19期生の佐々木辰也です。

10月にDX(Digital Transformation)について書きましたが、今回は視点を変えて社会現象としてのDXにふれたいと思います。
 
みなさんは、ご家庭でスマートスピーカーを使っていますか?
「■■、明日の天気はどう?」
「■■、タクシーを呼んで!」
「■■、次の曲かけて!」
テレビCMで見かけるのが印象的ですよね。
 
利用者が声でインプットしている情報は、どこに行っているんでしょうか。
みなさん考えたことがありますか?

2019年現在は都市伝説の域を出ませんが、
ああいった日常生活での情報がデータとして多く溜まってくると、
私たちの家庭がもうひとつ出来上がるそうです。

マンションがもうひと部屋手に入るのか、そしてもうひとり奥さんがいるのかラッキーだな
 ... そういうことではありません。(汗)

バーチャルな我が家がもうひとつあって、そこにバーチャルなもうひとりの私が生活しているという意味だそうです。

たとえば、リビングのソファーで「王様のブランチ」を観ながらうたた寝している土曜日の昼間には、
もうひとりのバーチャルな私もどこかでうたた寝しているといったイメージのようです。

バーチャルな情報は、当然のようにマーケティングに使われていきます。

 
20世紀は振り返って「石油の世紀」と呼ばれることがあります。
21世紀は「データの世紀」と呼ばれるだろうと言われています。
つまり、富を20世紀に石油によって測ることができたように、21世紀ではデータによって測ることができるということになりましょう。
それをどれだけ確保しているか・使えるか、ということ自体がパワーをもつ、といった時代が始まっているのです。

データになるというのは、すべてが数値化されることをさしています。現代ではICTの中で0か1かになって記録、流通、消費されていきます。
写真、動画、音楽、居場所、視覚、加速度、温度、心拍数、音声、行動、予定、嗜好、閲覧履歴、購買履歴などなど
そしてこれらのデータは人工知能に食べられて、どんどん学習されてさらにあらたなデータも生まれて蓄積されていきます。


ここでお気づきの方も多いと思いますが、現在ではこういった個人のデータのビッグデータを多く保有しているのはアメリカのGAFAや中国のBATです。さらに先日発表された日本のS&Lもその中にはいってくるかもしれませんね。

他国ではすでに個人のデータは信用情報として利用されはじめてきてます。

日本では、現在は分散している個人情報や個人のセンシティブな情報も集中管理して預る「情報銀行」の構想が始まっています。
総務省「平成30年版 情報通信白書」では「情報銀行」を以下のように定義しています。

「個人とのデータ活用に関する契約等に基づき、PDS等のシステムを活用して個人のデータを管理するとともに、個人の指示又は予め指定した条件に基づき個人に代わり妥当性を判断の上、データを第三者(他の事業者)に提供する事業。」

 

すでにこの事業にはメガバンクが参入を表明しているそうです。


スマートスピーカーが私の寝息がくしゃみに変わったのを聞きつけ、
いづれの日か学習されて蓄積されで出来上がったバーチャルな私の体温を測って、
風邪をひきそうだと心配してくれるでしょう。
そして、実空間の私にドローンで毛布を即配してくれるにちがいありません。

さらには、翌日にはメガバンクの私の口座から代金が引かれることも忘れてはいけません。

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« TO DOリストとTO BEリスト | トップ | 「入口戦略」よりも「出口戦略」 »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (森(宏))
2019-12-06 22:54:14
もう一つの家庭のイメージ、とても理解しやすいですね。
最後の予想図も最近の進歩のスピードからすぐに実現する気がします。

情報銀行の動きは歓迎です。やっぱり外国企業や特定の企業に個人のあらゆるデータをたとえ便利さと引き換えであっても喜んで提供するフェーズはもうそろそろ終わりにしないと、と思いますね。
森さん、コメントありがとうございます。 (佐々木辰也)
2019-12-07 16:21:49
米国は資本の論理で、先んじて巨大企業を作って市場での優位性を確保しました。中国は国家の統制により、国内市場を押さえて海外に打って出ています。
 後発である日本の動きがどうなるのかは難しいところですが、税金徴収などの行政目的もありそうな中で、市場が消極的にならなければよいなと思っています。
Unknown (廣瀬達也(19期生))
2019-12-13 16:45:15
興味深いDXネタの共有ありがとうございます。

「スマートスピーカーに登録される情報でもう一つ家庭ができる」
まさに、星新一・ショートショートの世界っぽいですね。星新一の名作の1つ「神」(本としては「ちぐはぐな部品」)というショートショートは以下の展開でした。
「エフ博士が世界中の神様にまつわる伝説・情報を収集し、どんどんコンピュータに登録する。すると登録データが増えるにつれ、コンピュータがほのかに金色に光り始める。さらにデータの登録を続けると・・・・」
小学校時代に読んだのですが妙に印象に残っていました。最近AIが話題になってから、ある意味現実を感じながらこの作品を思い出します。そのうち誰かが「神」を作り出すのではないかと…。

気になる方はコチラをどうぞ(^_-)-☆
https://www.amazon.co.jp/dp/4041303214/

コメントを投稿

19期生のブログリレー」カテゴリの最新記事