東京都中小企業診断士協会中央支部認定!「稼げる ! プロコン育成塾」ブログ

東京都中小企業診断士協会中央支部認定マスターコース「稼げる!プロコン育成塾」のブログ。経営・ビジネスに役立つ情報を発信

業務改善は手抜きである⇒料理も手抜きである

2019-08-21 12:00:00 | 塾長からのメッセージ

こんにちは、塾長の鴨志田栄子です。今日は、私の趣味の一つ、料理について紹介します。

私は仕事で、業務改善のセミナー講師をすることがありますが、その時、「業務改善は手抜きである」と伝えています。
ただし、「第三者が見て、手抜きと見破れられのは業務改善ではない。業務改善の手抜きは、第三者からもわからない手抜きである」として伝えています。

ところで、私の趣味の一つに料理があります。
今は、夫は定年退職して「サンデー毎日」となりましたが、現役時代は「帰るコール」を受けてから夕食を準備していました。夕食の準備時間は基本20分以内というマイルール。そのために、いろいろと工夫をしています。その一つが、冷凍保存。実は、私は、冷凍生活アドバイザーの資格を持っています。 

我が家の冷凍食品の常備食は、以下です。
1)油揚げ:油抜き不要の油揚げを購入して、半分にカットして冷凍。味噌汁や炒め物、煮物に必要な時に必要なだけ活用しています。
2)しいたけ類:椎茸、シメジ、エノキ、なめこ……など椎茸類はなんでも冷凍保存できます。水洗いすると水分がつくので、水洗いせずに、汚れだけをふき取ってジプロックの袋に入れて保存します。
3)長ネギ:1回分ごと、例えば、5cmの長さに切って冷凍し、必要なだけ都度使います。白い部分は、このようにして冷凍しますが、青い部分は、輪切りにして、冷凍します。味噌汁や麺類の薬味に重宝します。
4)ショウガやニンニク:ひとかけらづつ、ラップにくるんで冷凍します。料理の都度、水道水で解凍し、おろしようが、おろしにんにく、スイラスしょうが、スライスニンニクなどにして活用しています。
5)ピーマンやパプリカ:洗って水分をとり、1つを8等分ぐらいの大きさにカットして、冷凍します。肉野菜炒め、ラタツィユなどの料理に重宝します。
6)ゆずなどの皮の冷凍:料理の隠し味として、ゆずは貴重です。
7)葉物の冷凍:葉物は基本的に冷凍する前に消費しますが、小松菜やほうれん草は、さっとゆでて1回分ずつ小分けして冷凍します。
8)和菓子:両親の故郷の新潟の笹団子や大福など、冷凍します。自宅でのお茶菓子に重宝します。出張に出かけるときバックに一つ入れると、ほどよく解凍できて新幹線でのおやつにもなります。
9)カツサンドやハムサンド:野菜以外の具を使ったサンドイッチ(主に肉系)は、冷凍し、お弁当が必要な時に、朝、冷凍庫から取り出して弁当として持参します。昼までに自然解凍できます。さらに、持ち運びの時に、形が崩れないので、便利です。キーマカレーも余るとサンドイッチにして冷凍することがあります。
10)肉類・魚類:1回分ずつ、ラップでくるんで冷凍しています。一番重宝するのは、ブロック肉を100g単位ぐらいで冷凍。半解凍状態で好みの厚さにカットしやすくなります。

  市販の冷凍食品は、宅配サービスの肉と魚以外は、まず買いません。あとは、自分で冷凍保存しています。たとえば、生卵を冷凍できるのを知っていますか? ラップにくるんで冷凍します。それを水道水で洗うと、簡単に殻をむくことができます。その状態では、白身も固形物なので、包丁で2分割できます。それをフライパンでやくと、1つの卵で、目玉焼きが2つ作れるのです。自然解凍すると、白身はもどりますが、黄身は硬い状態のままです。卵かけごはんには不向きですが、生卵を冷凍するという発想はないのではないかと思います。

 食生活は、手作りの料理であることが基本。でも、料理に時間をかけられない。パンプキンスープやイモきんとんなどは、裏ごし器ではなく、チーズリナーを使って手抜きをします。味噌汁は、具をフリーズドライの素材を活用したりしています。食生活が充実(決して贅沢ではなく、手をかけた料理)していることは、日々の生活に潤いをもたらします。我が家は夫婦で飲むので、料理に合わせてお酒も決めます。でも、料理にかける時間はミニマム。手製の冷凍食品を上手く活用しています。それ故、停電になるのが脅威です。だから自家発電の設備が欲しいと思うこの頃です。

あと、手抜きの一押しは、レトルトカレー。レトルト品や缶詰もたまに活用します。レトルトカレーの時は、ご飯を炊くときに、さいの目切りにしたジャガイモを炊飯器にしのばせ、クミンまたはサフランで、少し黄色くなるよう色づけます。その黄色に色づいたジャガイモご飯にレトルトカレーをかけるとほくほくのジャガイモがとても美味しく感じられます。

 業務改善、料理に例えるといろいろな知恵が出てきます。あきらかに買ってきて並べるのは、第三者がみてわかる手抜きですが、冷凍食品やレトルト食品を上手く使い、それらを使っていることがわからない料理、それは、主婦の業務改善の事例といえるでしょう。自己満足の話で恐縮です。


コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 夏フェスのビジネス視点的感想 | トップ | ホセよ、君は今も待ってくれ... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (森(宏))
2019-08-21 18:27:18
目からウロコです。
ウチでは自分が料理当番のときは、ヨシケイとかOisixの食材をレシピ通りに作るだけなのですが、調理時間20分と書いてあれば、手際が悪いのでだいたい倍の40分かかります。そんなもので料理は苦痛でしかありません。でもそれが20分でつくるという制約を立てて、その範囲で栄養・美味しさを最大化するという取り組みであれば、なんだかやってみたいという気がしてきました。
ありがとうございます。
Unknown (廣瀬達也)
2019-08-21 23:23:30
19期生 廣瀬です。

「食生活が充実(決して贅沢ではなく、手をかけた料理)していることは、日々の生活に潤いをもたらします。」
これはそうですね・・。と納得しながら、日々の生活が荒れてくると、食生活も荒れてくる自分がいます。

「ジャガイモご飯!」これは、とても美味しそうです!そしてレトルトカレーと合わせられるというお手軽さも優れている感じ・・ということで、実践させていただきたいと思います。
Unknown (廣瀬達也)
2019-08-21 23:23:45
19期生 廣瀬です。

「食生活が充実(決して贅沢ではなく、手をかけた料理)していることは、日々の生活に潤いをもたらします。」
これはそうですね・・。と納得しながら、日々の生活が荒れてくると、食生活も荒れてくる自分がいます。

「ジャガイモご飯!」これは、とても美味しそうです!そしてレトルトカレーと合わせられるというお手軽さも優れている感じ・・ということで、実践させていただきたいと思います。
ありがとうございます。 (鴨志田)
2019-08-22 21:04:39
森さん、「目からウロコ」と書いていただき、嬉しいです。
森さんも料理をされるのですね。
私も、キッドで食材レシピどおりにつくるセットを購入したことかありますが、面白くありませんでした。
私は、本当に手抜きが多いです。
例えば、マーボー豆腐。全て手製でも作れますが、丸美屋のたれを使います。
でも、それ以外に、冷凍してあるひき肉、冷凍してあるネギの小口ぎり、そして、甜麺醤の調味料。これらを先に痛めた後は、丸美屋のコースにのっかっています。

ひと手間だけかけるだけで、グーンとかわる料理、結構ありますよ。料理は、私の気分転換です
じゃがいもご飯 (鴨志田)
2019-08-22 21:07:10
先日、サンデー毎日の夫に、出先から、ジャガイモご飯を炊いておいてと頼んだことがあります。最初は、「面倒くさいなぁ~」でしたが、食事をしながら、「これは、行ける、美味しい」と言ってくれました。レトルトカレーでなくても、ジャガイモご飯は、青のりをかけて食べるだけでも美味しいですよ。
水かげんは、お米を通常に炊くときと同じ。最後に、ジャガイモを加えるだけです。おススメですよ。
廣瀬さんへのお返事です。 (鴨志田)
2019-08-22 21:08:26
廣瀬さん、すみません。「コメントありがとうございます」を失念してしまいました。ドジ!
冷凍アドバイス、メモします (武井)
2019-08-24 00:24:15
「手抜き」と言ってしまいがちですが、今後は「改善」というようにします!
(家事の効率化は主婦には重要ですから)

「手抜き」というと個人的にはさぼってしまっているなど、なんとなくマイナスのイメージですが、「改善」となれば、よい方向に向かっているプラスのイメージになりますね!

ちなみに、カレーにはトマトライスもあいますよ!
すりおろすのが大変ですが、「ニンジンごはん」が使い勝手がいいです。卵でくるんでオムライス、ホワイトソースかけてドリアです。
私は作り置きと下ごしらえ、乗り切ってきます。

コメントを投稿

塾長からのメッセージ」カテゴリの最新記事