東京都中小企業診断士協会中央支部認定!「稼げる ! プロコン育成塾」ブログ

東京都中小企業診断士協会中央支部認定マスターコース「稼げる!プロコン育成塾」のブログ。経営・ビジネスに役立つ情報を発信

Authentic Leadership

2022-07-04 12:00:00 | 22期生のブログリレー
 事務局の佐々木(晋)です。こんにちは。猛暑が続いていますね。こう暑いと外出が億劫になります。幸い、私は渋谷の地下街が通勤路ですので、暑さを気にせず街の刺激を楽しむことができます。その通勤路にあるTOHOシネマで、先日久々に映画をみました。お目当てはもちろん”トップガン マーヴェリック”です。
 
 前作が公開されたのは1986年。36年振りの続編です。当時私は中学2年生。映画が結構好きでよく観に行っていましたが、トップガンはそれまでよく観ていたスピルバーグの作品とはちょっと違いました。試練や恋愛があり初めて大人の映画を経験したといった感じでしょうか。何よりもトムクルーズがカッコよく、私を含め同世代の多くが髪を短く刈り込み、MA-1もどきのジャケットを着てました。
 サントラのCDは文字通り擦り切れるほど聞きました。今作の冒頭でもTop Gun Anthemが流れるのですが、スティーブスティーブンスのギターが始まった瞬間、全身鳥肌です。舞台となったサンディエゴには、初めてアメリカを旅行した大学生の時に訪れました。レンタカーを借りサントラを大音量でかけながら映画の舞台を駆け抜いたことはとても良い思い出です。
 今作は私のように前作への思い入れが強くなくても楽しめます。トムクルーズは今月で60歳ですが、年齢を全く感じさせない若々しさを保っています。ストーリーは前作より展開が多く、いつの間にかのめり込んでしまいました。
 
 ところでみなさんはAuthentic Leadershipという言葉をご存知でしょうか?先日会社で受けた研修の講師の方が、今作のトムクルーズのキャラクターをAuthentic Leadershipと評していました。
 Authentic Leadershipとは端的にいうと、「本当の自分をさらけで出して誠実にチームとコミュニケーションを行い、メンバーの自律的な行動を促して組織のアウトプットを高める」というリーダーシップです。従来のリーダーシップはトップダウン色が強いタイプが主流でした。しかし変化のスピードが速く価値観が多様化していく現在では、リーダーだけが適切な方向性を把握できるとは限りません。組織メンバーが自分の強みを生かして自律的な行動を行うことにより、変化や多様化にフレキシブルに対応できます。リーダーが強みや弱みを含めた”自分らしさ(=authentic)"をさらけ出すことにより、メンバー自身の自分らしい行動を後押しします。
 製作者がこのような考え方を意図したかどうかわかりませんが、映画を見てなるほどと感じることがありました。具体的に説明するとネタバレになりますので、これからご覧になる方は是非この観点もチェックしてみてください。
 
 診断士の一次試験ではリーダーシップ論をたくさん学びますが、私が勉強していた8年前はAuthentic Leadershipという考え方はなかった(?)と思います。時代の変化に沿って新しい考え方が続々と出るので、改めて継続的なインプットで旬な知識をキャッチアップしていく必要性を感じました。
コメント (8)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 22期2人目:初投稿です | トップ | 再始動 »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (佐々木桃太郎)
2022-07-04 22:19:08
私の事務所は、そのTOHOシネマから徒歩7分位なので、是非遊びにいらして下さい笑 マークシティの上の出口から3分くらいです。
Wi-Fi、プリンター、コーヒー、日本酒などはご提供できます。
Unknown (大井 秀人)
2022-07-04 22:28:37
Authentic Leadershipは始めて聞きました。最近のマネジメント系の研修では、よくサーバントリーダーシップを聞きますが、それとわりと近い概念に見えました。リーダーが自分をさらけ出すとか、部下に寄り添うとか、そういった形のマネジメントのトレンドのようで、稼プロ!の「聴く」講義の内容にも近いですよね。トップダウン型より、むしろそのようなリーダーの姿勢が、自律的でモチベーション高い組織を形作るということかなと思います。
Unknown (山﨑 肇)
2022-07-05 14:25:19
36年ぶりだったのですね。前作を見たのは高校の頃かと思ってましたがうーんっと後だったのですね;;半年ほどまえに前作をNHKでやってて録画して懐かしく見てたので今回のも楽しみにしていました。カッコよかったですねえ!
Authentic Leadership、私も知りませんでした。直訳すると「本物のリーダーシップ」となりそうですが、自分らしいのが本物ということでしょうか。
ネットで調べるとAuthentic Leadershipに必要な五つの特性として
・自らの目的をしっかり理解している
・しっかりした価値観に基づいて行動する
・真心を込めてリードする
・しっかりした人間関係を築く
・しっかり自己を律する
と出ていました(グロービスMBAリーダーシップより)。
なるほど、マーベリックですね!
Unknown (常木一成)
2022-07-05 16:19:59
22期の常木です。素敵な投稿を有難うございました。当時大学生だった私は、有楽町マリオンの日劇でオールナイトでトップガンを5回ほど観られるイベントに参加し、3回目以降はほぼ寝ていたという覚えがあります。

さて、Authentic Leadershipという名前は知りませんでしたが、より自分を出して周りとの人間関係を築いていく方向性は薄々感じていました。AIやオンラインの世界が広がるにつれて、よりHuman的なものに回帰してきているのでしょうか。もしくは、AIがベースにあっても人間臭さがないとチームが機能しないのか。興味深いテーマだと思います。

稼プロの方向性にもバッチリ合ってるのでは、と初心者ながら思っております。人間磨きたい。。。
Unknown (佐々木晋)
2022-07-05 20:51:06
皆様、コメントありがとうございます。

桃太郎さん
なんと!私は毎日事務所のそばを歩いてるんですね!是非今度遊びに行かせてください!

大井さん
サーバントリーダーシップと似てますね。どちらも若者に刺さります。自律性を尊重するところが共通点かと。

山﨑さん
トムクルーズはいつまで経ってもかっこいいですよね!調べて頂いた5点は映画のマーベリックに当てはまりますね!

常木さん
5回連続でみるイベントなんてあったんですね!有楽町マリオンも懐かしい。仰る通り、human的なものに回帰してるかもしれません。そういえば今作では、冒頭でドローンにパイロットの役割が取られるというシーンもありました。その後のマーベリックの人間的な部分がより際立ちます。
Unknown (藤川豊(22期))
2022-07-05 21:17:10
トップガン、懐かしいです。マーヴェリックはまだみていませんが、みる楽しみ方が増えました。トムクルーズの「Authentic Leadership」ぶりもチェックしながら見てみることにします!これからよろしくお願いします。
Unknown (杵渕竜也(22期生))
2022-07-05 22:18:06
Authentic Leadershipという言葉、初めて聞きました。私事ですが、異動前の部署では弱みや本音を見せない姿勢を貫いていましたが、異動先では困っている姿や素の自分を出すようにしたところ異動前の部下も異動先の部下もよく相談をしてくれるようになりました。知らず知らずにトレンド取り入れてた自分!(笑)
トップガン、恥ずかしながら観たことありませんでした。が、アマプラでダウンロードしてさっき見終わりました。今も昔も第一線でかっこいいトム・クルーズすごいですね。最後のシーンでお前は何になりたいんだと訊かれて「〇〇です」というのが36年後に回収されるなんて誰が想像したことでしょう。(まだ新作みてないので想像ですが)
Unknown (佐々木晋)
2022-07-06 21:46:48
藤川さん
是非マーベリックのリーダーシップに着目してご覧ください!

杵淵さん
知らず知らずにトレンドを取り入れてたのはさすがです!今のリーダーシップは引っ張るよりも共感を得ることが大事のようですね。

コメントを投稿

22期生のブログリレー」カテゴリの最新記事