ブロ・グー

ブロンプトンはグーというブログです。

ビンテージ・ブロンプトンのシフト側の調整で内装変速機能が回復しました・・・

2018年04月06日 | ビンテージ・ブロンプトンT5

 1998年製ブロンプトンT5のシフトレバーは、元々この位置にでしたが・・・ 

 

 何も考えず、シフトレバーの位置を変更してしまいました・・・

  

 すると、内装変速機がトンデモナイことに・・・

 勝手にギアチェンジしたり、急に空転したり、危ない危ない。

 これはオーバーホールした内装ハブに問題があると思い込み、またオーバーホールしなければならないのか、と半分あきらめていました・・・

 

 ある日ビチテルミ二さんのブログ記事を見ていると・・・

 「巷でよく言われている「内装5段は調整がシビア」とは、実際は、シフター側の問題がほとんど・・」

 

  そうか、内装ハブの問題ではなくシフト側の問題か・・・

 

 シフトレバーを元々の位置に戻してみました・・・

 

 すると、どうしたことか・・・内装5速ハブのシフトチェンジがスムーズになりました!

 

 結果から判断すると、シフトケーブルが引っ張られた状態だっただのを解消したことになるのでしょう。

 また、一つ勉強になりました。 

 

 次にシフトケーブルを交換する時には、シフトケーブルの長さも考えて調整したいと思います。

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モバイルバッテリー約50000mA... | トップ | 週刊「ロビ2」第40号・・・腰... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ビンテージ・ブロンプトンT5」カテゴリの最新記事