たまごのなかみ

毎日 元気に機嫌良く♪
画面構成上、PC版でご覧頂ければ幸いです。

映像より読むべきか...?

2012年02月21日 18時14分36秒 | 観る
今日は ポイント使って 0円也

ドラゴン・タトゥーの女(2/21 劇場にて)

原題:THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO
制作国:アメリカ(2011年)
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ダニエル・クレイグ(ミカエル)、ルーニー・マーラ(リスベット)、
   クリストファー・プラマー(依頼人 ヘンリック)、スティーヴン・バーコフ(弁護士)、
   ステラン・スカルスガルド(ハリエットの兄)、
   リック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン(悪い方の後見人)、
   ベンクトゥ・カールソン(いい方の後見人)、
   ロビン・ライト(『ミレニアム』の編集長)、ゴラン・ヴィシュニック(リスベットを雇用)、
   ジェラルディン・ジェームズ(セシリア / ハリエットの従姉妹)、
   ジョエリー・リチャードソン(アニタ / セシリアの妹)他

兎にも角にも、共感できるとか 共鳴するって登場人物が居ないので、筋を追うしかないんですが...
そもそもの 真相の解明という根幹の部分で ちょいちょい付いて行けませんで... それでも、2時間半もの間 飽きさせることなく惹き付けるテクニックは お見事☆ 画面の作り方に緊張感があるんでしょうね。ダニエル・クレイグも はまり役☆

そりゃないダロ ミカエル!! って言いたくなる映画のラストは、原作が三部作だから リスベットは ゲストヒロインなのね... って思ったら 違うのネ、どうやらメインキャスト。そうなると 続編も気になるけど、なんだか あっちもこっちもヒリヒリ感満載なのョねぇ...。余談ですが、セシリア役のジェラルディン・ジェームズの雰囲気とか発声とか、なんだか メリル・ストリープに似ていませんか?

コメント (10)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 昨年 銀婚式 そして今夜... 3... | トップ | 常磐自動車道上りSAにて »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けいまま)
2012-02-21 19:04:06
これ、原作がめっちゃ気になっています。
原作を読んでからの方がより楽しめる映画なのかしら?
私、本屋さんに映画の原作本があるとついつい買って読んじゃって、それですっかり映画を見たきになっちゃうんですよね。
見る方が先か読む方が先か、どっちがいいんだろう?って思うけど、細かい背景なんかは映画で描ききれない部分があるから、原作を読んでからの方がいいのかな?って思ったり。
どっちにしても、映画見に行く機会がなかなかないんだけど。
けいままさんへ (mayumi)
2012-02-21 19:46:53
原作、スウェーデンで めちゃめちゃ話題作だったみたいだし、
まずは 原作に当たってみてもよろしいかと。

確かに、犯人を突き詰める件は 映画だとちょっと分かりづらくて、
でも それはそれでいいのかな... って思うのョね。雰囲気で...ネ (^_-)
だけど コレね、まず文字で感じてみて 尚かつ映像をと思うなら
それからでいい様な気がするョ。

読んじゃえ 読んじゃえ
本 目茶目茶面白かった! (慧)
2012-02-21 21:35:55
この作家この一作で亡くなっちゃって本当に残念です
でもって スウェーデンで映像化されたの知ってたけど どうもミカエル役が今一つイメージじゃない感じで観るのパスしてたら 
さすがアメリカちゃっかりリメイクして(やると思ってたけどネ)ダニエル・クレイグがミカエルだってんだったら行くべしと観てきました こうなるとスウェーデン版もちょっと気になってます 
本 是非読んでみて 猟奇的な部分だけじゃないリスベットの背景も興味深いものがあるから・・もっともあんまり普通じゃない話って言えばそうなんだけど・・
慧さんへ (mayumi)
2012-02-21 21:53:12
スウェーデン版の映画は、siuちゃんが観てるけど、かなり強烈みたい。
是非、【mimimirun's posterous】にお立ち寄り下さい。1/15の記事です。

> 猟奇的な部分だけじゃないリスベットの背景...
ハリウッド版では、そこが はっきり描かれていないのです。
今回の映画化は、2時間半 飽きさせないだけのパワーは持っていますが、
本の印象には 負けてるんじゃないかと思いますョ。
確かに (NAO)
2012-02-22 09:15:23
登場人物に共感できるのって、まったくいなかったですよね^^;

犯人が意外に早くわかり、その後がちょっと間延びしたような感じを受けましたが
リスベットのツンデレキャラと
ダニエルの渋い演技に好感持てました♪
映像のテンポ感がすごく好き~^^
原作が読みたくなってきました。
NAOさんへ (mayumi)
2012-02-22 09:47:57
アニタは、18歳まで島に居て、その後 夫婦で事故死... でしたネ (^_-)

私、犯人捜しの方は あまり早くには分かりませんでした (;^_^A
なので、物語自体は 退屈しなかったのですが、写真で解決していく話なので、
文章なら 色んな描写がされるところでしょうけど、映像だと 見せれば終わってしまうので、
その辺が ミカエルとリスベットの出会い以降の展開を速く感じさせてしまうのでしょうね。

ダニエル・クレイグは 夫が好きなので、これまでも 007や『ディファイアンス』など 観ています。
『ミュンヘン』も印象的ですが、今回のミカエル役は 良く似合っていると思います。

それにしても、男性というのは なんとも勝手...!!
...というのが テーマ!!?
ドラゴンタトゥー (oshibanayoshimi)
2012-02-22 20:19:39
この映画と、スピルバーグの「戦火の馬」の予告編を見ましたが、この映画の予告編の時は目をつむっていました。怖かったですよ!
oshibanayoshimiさんへ (mayumi)
2012-02-22 22:41:59
R-15指定の映画ですが、R-18指定でも良かろうと思える程
強烈な場面もあります。
予告編となると、よりショッキングな構成だったかも知れません。

私も、どちらかというと 明るく楽しい方が好きです♪
昨年の公開ですが、yoshimiさんと同じ様に 予告編で目を背けた
『ブラックスワン』は 観る気がしませんでした。
おめでとう~ (rabbitjump)
2012-02-23 09:54:38
2時間半の間mayumiさんをひきつける映画とはすごいのでしょうね~

↓30周年、おめでとうございます。
仲良しご夫妻いつまでも(^^♪
rabbitjumpさんへ (mayumi)
2012-02-24 00:01:39
痛み入ります m(_ _)m

二時間半、惹き付けるテクニックを持った映画だとは思うのですが、
好きかどうかということになると、嫌いではないけれど 人に勧める程ではない...
という感じでしょうか。
個人的には 少し緩ぅ~い感じのする作品が好みです

コメントを投稿

観る」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

デヴィッド・フィンチャー監督 「ドラゴン・タトゥーの女」 (追記、お詫びあり) (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
劇場で↓の予告を初めて観たとき… 【映画『ドラゴン・タトゥーの女』オンライン特報】 何この強烈なインパクト? いやぁ~、もう絶対観たい! そう思って、公開前には原作本も読みました。 (原作本のレビューはこちら⇒http://blog.goo.ne.jp/hi-lite2974/e/892821d...
「ドラゴン・タトゥーの女」 偏執狂な人々 (はらやんの映画徒然草)
スウェーデンの映画「ミレニアム」(こちらは未見。原作も未読)を鬼才でデヴィッド・
12年2月のベストセレクション? 「ドラゴンタトゥーの女」 (カサキケイの映画大好き!)
2月に観た作品で NO1 の位置づけにあるこの作品、 スウェーデン映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」(2009)を 早速ハリウッドでリメークした作品です。 スウェーデン版も面白かったが、正直少しわかりずらかった。 リスベットという人物の性格や境遇を説明す...