ありのまま

カルガモ母さんこと 川上美也子のコラム http://karugamo.org/

8月29日(月)

2011-08-29 23:22:40 | カルガモ日記
25日の午後、おぢばに発った。
横浜線で新横浜駅に着いて、エレベーターを降りた所で
電動車イスが突然故障した。
そこから駅員さんや沢山の方々のお世話になって、
電動車イスを押していただきながら、
27日の夜、帰宅した。

昨日も今日も眠くて眠くてほとんど寝ていた。
今日の夕方、車イス屋さんが来てくれたが、修理できなかった。
本体まで壊れたらしい。
7年半乗って一緒に行動してくれた相棒の立派な最期だ。

いっぱい書きたいことあるのに体力がない。
疲れて眠い。
車イスも頑張ったけど、私も頑張った。
私を助けて下さった方々ありがとうございました。
それにしても、そうなることがわかっているかのような、
先手先手、渡りに船、不思議ななりゆきに感謝です。
おやさま、ありがとうございます。
コメント

8月25日(木)

2011-08-25 10:31:21 | カルガモ日記
目覚めに浮かんだことを私は、枕元に置いた携帯に打って、
自分のパソコンに飛ばしている。
今朝は4通も飛んだ。
ほとんど五行歌か、五行歌に近いメモだ。
急に、1年半ぶりに、五行歌を詠む欲が出たのかな?
飛ばした自分のメールを並べたいと思う。

………………………………………

たった百年の人生だから
何度も何度も
・試行錯誤?を繰り返し
・行ったり来たりを繰り返して
確かな自分の生き方を
モノにしていく


何億年のたった百年
一瞬の時間

もう
自分らしい生き方をしてもいいんじゃないか
時間に合わせるより
身体に合わせる生き方
まずは私自身が許すことから始めよう


……………

たった百年の人生だから
時々につかんだ?を
書き留めて
一里塚にしていく
私自身の一里塚
時には読者の一里塚になるかもしれない


五行歌にすると読み返しやすい
人にも読んでいただける
人さまの場合
もし私の歌が役に立ったとしたら
私ではなく、その人の体験に近いものを
たまたま私も書いていたに過ぎない

……………

せっかく重度障ガイ者になったのだから
この先の私の人生を
私の身体に合わせる
それ
特権でしょう

……………

60になったら
障害を盾にして
ぬけぬけと生きてやるぞ!
つうか 赤ちゃんを見習えばいい
だけのことか (8・25)

………………………………………

今日は新幹線で出かける日なのに、まだのんびりしているのです。

さて、今日は、孫、妃代里の初めての誕生日です。
60になったら、孫たちのような赤ちゃんが先生です。
純粋で
澄んだ目をして
時おりあっちの世界と行き来して
自分を丸投げにして
他を百パーセント信頼して
コメント (2)

7/22~8/7…8月5日(金)

2011-08-24 19:15:46 | カルガモ日記

毎月5日は所属教会の月次祭。
ヘルパーさんと、電車とバスを乗り継いで世田谷へ。

暑い日だった。
汗でびしょびしょ。
17時15分に帰宅して、急いでシャワー。
17時30分、訪問リハビリマッサージ。

コメント

7/22~8/7…8月4日(木)

2011-08-24 19:14:25 | カルガモ日記

朝から団体行動。本部、朝のおつとめに参加後、一行はこどもおぢばがえりのイベント会場に。私は電動車イスだったので、一人で三殿をまわり東濃詰所へ。
13時30分解散。
14時奈良教務支庁へ。外はカンカン照りだったので、皆さんが心配してハンディキャブ車で送ってくださった。
おかげで助かった。暑さに弱い。7日の講演が済むまではダウン出来ない。
教務支庁で、鈴木先生、水本先生と合流し、7日に展示する書作品の選定をする。
昨日今日と鈴木先生と打ち合わせをするうちに、7日は電動では無理という結論になり、急いで、介助者探して、と依頼の電話を入れる。中2日で見つかるだろうか…?

近鉄で西大寺乗換え、京都へ。
京都から「のぞみ」で新横浜へ。
車内で電話して、7日の「ひかり」と「こだま」を取ってもらい、新横浜駅のみどりの窓口で購入。
へとへと…。

コメント

7/22~8/7…8月3日(水)

2011-08-24 19:10:51 | カルガモ日記

新宿…池袋…東京…京都…天理の移動。

家族(博司、美也子、孝二、二三子、一輝、百代、妃代里)揃って、ちょっとした小旅行気分で町田駅9時5分発ロマンスカーに乗って、新宿経由池袋西武百貨店7階大催事場へ。

会場では胸にリボンをつけた入賞者諸氏が晴れやかな笑顔で、ご自分の作品の前にいらっしゃった。
入選し、展示された作品は、イキイキと新鮮な力作揃いだった。

高円宮久子様、ご長女承子様とお会いさせていただいて、一緒に写真を撮っていただいた。
チャリティ協会の高木理事長、稲村雲洞先生も写真に入って下さって、うれしい、もったいない記念写真になった。
うふふ、落選して得したかな?

「手を抜いたんでしょう…。来年はしっかり、ねっ」
笑顔でおっしゃった妃殿下のお言葉がチクッと痛い。

妃殿下をお見送りしてから、会場を後にした。
昼食できる店を探し、迷ったあげく家族みんなで東京駅に行った。
結局、家族みんなで気楽に入れる飲食店などなかった。
高級専門店とか、狭くて入れない店とかだけだった。

東京駅で家族と別れて、私は新幹線「のぞみ」に乗車。
京都で近鉄選に乗り換えて、17時30分、天理駅着。
電車の中で、今日の行き先に座椅子が無いことに気がついた。
駅から東本詰所にまわり、そこに置いてある座椅子を持って東濃詰所へ。
正直、介助者なしで動けるのも限界かもしれない。きつい。
キッズネット天理のこどもおぢばがえりに18時15分より参加。
スタッフは午前8時半、参加者も9時半に集合されている。
ちなみに今年は総勢86人だったそうだ。
コメント

7/22~8/7…8月2日(火)

2011-08-24 17:45:13 | カルガモ日記

美術展審査発表の日。
10時~17時に入選者にだけ電話がくる。

トイレにいくのも気にしながら待っていたが、15時過ぎに思い切って、日本チャリティ協会に電話した。
入選者には全員、連絡が終わりました、とのこと。

ガーン・・・落選だあ!!

しばらくショックでボーっとしていたが、翌3日に家族で行くことになっていたので、娘たちにメールした。
そして高円宮妃殿下にもメールした。

「落選しちゃいました…」

コメント

7/22~8/7…8月1日(月)

2011-08-24 17:14:38 | カルガモ日記
東京都障害者総合美術展へ搬入日。
石井さんと都庁で待ち合わせ。
搬入後、都庁で昼食。

午後1時、新宿駅から渋谷経由で綱島、安士鍼灸院へ。
毎週月曜日の11時から訪問リハビリ・マッサージなのだが、私が外出するため、金曜日の夕方に変更。
すでに私の首と肩の痛みは限界を超えていて、金曜日まで待てない。毎日、息をするのも苦しい、ほんとうにきつい状態だったので、私の最後の駆け込み寺に駆け込んだ。

帰りに小田急町田駅で、3日9:05発新宿行きのロマンスカー指定席券を3枚購入した。この体力では明日は動けまいと思ってのことだった。なにしろ3日には、孫たち、娘たち、じじばば、息子、揃って池袋に行くことにしていたから。
先月27日の朝、病院の診察時間に間に合うように、娘夫婦とベビーカーの孫と車イスの私の5人で小田急線に乗ったのだが、それはもう大変な思いをしたので、孫たちだけでもゆっくり座っていけるように、特急券を奮発した。
私は、といえば、3日にもし入賞していたら、9時に池袋に着かなくてはいけないし、とりあえず孫が安全なら良し。
コメント

7/22~8/7…7月27日(水)

2011-08-24 16:56:38 | カルガモ日記
市ケ谷にある保健会館クリニックへ。
甲状腺外来・百渓尚子先生の診察。10時~14時。
デニーズでの昼食時に、私は五行歌の会本部事務所へ。

いきさつ
二女が、自分の症状がバセドウ病に似ている、と言った。テレビでやっていた症状がそっくりらしい。だから一度、病院で調べてもらおうと思っているとのこと。それなら、ぴったりの先生がいらっしゃる。
私の主治医だった先生だ。私は20代でバセドウ病になり、結婚後再発して、日本で唯一甲状腺専門医院だった伊藤病院を受診した。もう30年以上も前のこと。その時から10年以上お世話になった先生だ。
2年位前だろうか。たまたまNHKテレビで視て、現在の勤務先を知った。そこが市ケ谷駅から五行歌の会本部事務所へ行く途中にあるクリニックだった。
さっそく甲状腺外来に電話した。有名な先生だから新患は受け付けていないのと覚悟していたが大丈夫、受診日が20日に決まった。ところが、ちょうど台風と重なった為、1週間延ばしてもらった。

混んでいたので待ち時間にデニーズに行った。娘一家が食事する時間に、私は五行歌の会事務所に顔を出した。
いくつか伺いたいことがあったのだ。歌集の出版について、ふと還暦記念に作ってみたいと、思っていたのだ。
それで具体的な費用などを伺ってみた。私の予想よりずっと安く出来そう…と思った。背伸びしたら手が届くかもしれないと思った。
コメント

7/22~8/7…7月26日(火)

2011-08-24 12:00:45 | カルガモ日記

朝づとめに目が覚めたが、身体が重くて起き上がれない。
目が覚めた段階で去年までの私なら100パーセント起きて出かけ
た。しかし今年の私は去年までの私と明らかに違っている。
結局、ベッドの上でおつとめをして、また眠った。

午前9時、まだ詰所にいた。気は焦るが身体が動かない。
ようやく9時半過ぎに出た。外はかんかん照り。
なのに帽子がない。昨日、家の外に出てからすぐ気づいたが、バル
サンの霧が回っていたのであきらめたのだった。
実は昨日、霧を吸って、外でしばらく苦しくて動けなかった。吐く
寸前までいった。
電車に大幅に遅れて、予約した新幹線には到底間に合わないと覚悟
したが、不思議なことに通常20分以上かかるのに、5分足らずで
済んだ。

本部月次祭後、いつも介助してもらっている天大成人会が出演する
、こどもあぢばがえりのバラエティを観て、帰路に着いた。
それらについても不思議なことの連続で、体力も気力もなくなった
私がなんとか出来た。
コメント

7/22~8/7…7月25日(月)

2011-08-24 11:56:13 | カルガモ日記
おぢばへ


毎年6月か7月にバルサンを焚くのだが、今年は特に家族全員が2
時間以上家にいないという日がなくて、とうとうこの日になった。
三男は朝、夫と二男は午後1時に家を出た。
本当は1時半のつもりが、私が身体が重くてまごまごしていて、や
っと2時近くに、それこそバルサンの煙に追い立てられて、やっと
家を出た。

新横浜から新幹線に乗り換え、京都で近鉄線に乗り換えて天理駅へ

途中の平端駅あたりから、ものすごい雨降りになった。
今月はこどもおぢばがえりで、天大生さんたちは皆忙しいので誰に
も介助を頼んでいないし、電車の時間も伝えてないので、当然一人


これがゲリラ豪雨と言わんばかりの、ものすごい雨、屋根のあるア
ーケードを通って神殿近くに。そこから参拝した。
泊めていただく詰所まで行くには絶対びしょぬれになるので、途中
の店で長袖の着替えを買って、大きなビニール袋をもらった。
車イスで入れそうで開いている飲食店はなかった。
夕食の調達にスーパーに寄ってから詰所に行った。幸い小降りにな
っていた。

詰所の部屋に着くとさすがにくたくただった。
しばらくダウン。
夜もひとりっきりなので、怖がりの私は電気をつけて、家から持ち
込んだ仕分け作業(自分の五行歌をカードにして持っていった)を
再び眠くなるまでやった。
コメント